フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十六章 長崎と鹿児島とへ 夜の瀬戸内海を航く外輪船 | トップページ | 北條九代記 卷第六 鎌倉騷動付武州計略靜謐 / 巻第六 了 »

2014/12/02

尾形龜之助の死んだ日に ―― 尾形龜之助「九月の詩」 心朽窩主人・矢口七十七中文訳

 

 九月の詩

晝寢

 

かうばしい本のにほひ

 

おばけが鏡をのぞいてゐた

 

 

Kugatunosi

 

 九月的

 

午睡

 

一股芬芳的旧香味

 

发现妖怪在窥视镜子里 ——

 

           矢口七十七/

 

*   *

 

心朽窩主人 記――

 

尾形龜之助は

七十二年前の今日、昭和一七(一九四二)年十二月二日、既に暗くなった夕刻午後六時十分――

誰にも看取られることなく、仙台市木町末無(すえなし)十一番地(住所不明)の、空き家となっていた尾形家の持ち家で息をひきとった――

 

あるひは(つまづく石でもあれば私はそこでころびたい)《「障子のある家」巻頭言》

 

何らの自己の、地上の權利を持たぬ私は第一に全くの住所不定へ。 それからその次へ。《「障子のある家」自序・冒頭》

 

かく嘯いていた詩人の死を私は容易に追悼出来ぬ――

さればここは、その重荷を正津勉氏の「小説 尾形亀之助」(二〇〇七年河出書房新社刊)の最期の描写に丸投げし――そうして私も――住所不定のその次へと……立ち去ることとする…………

   *

……十二月一月の夕べのことだ。路傍にうずくまっている亀之助を通行人がみつけ、たまたま通り合わせた市役所の同僚に抱えられて、下宿屋に運ばれた。知らせをうけて、泉と茜彦と湲が駆け付ける。だがしかし三人の子供はというと、いつものように深酒したか喘息の発作だろうと、そのまま帰ってしまった。かくして病人は放置された。

 翌二日、午後おそく、優と三人の子供が下宿を訪れた。病人の容態をみて、優は判断した。どうしてか医者は呼ばれなかった。病人は布団ごと台車に載せられた。そして、どうして大学病院のほうではない、なんで、空家になっていた持ち家のひとつに寝かされたのか。どれほどもなく外はすっかり暗くなっている。優と子供らは夕食の時間で帰っていた。

「家のふた」はとざされた。

 ひとりになり間もなく、そのときの刻がきていた。亀之助死去。死因は本人の診立てどおり、全身衰弱による窮死。むろん臨終に立ち会った者はいない。享年四十二。

 理不尽である。だがこれでいい。不条理である。いやよしとせよ。亀之助である。

 いましも亀之助はから壜の曲面に浮かぶその顔を認めている。…………


« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十六章 長崎と鹿児島とへ 夜の瀬戸内海を航く外輪船 | トップページ | 北條九代記 卷第六 鎌倉騷動付武州計略靜謐 / 巻第六 了 »