フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」  瑞泉寺 | トップページ | 甲子夜話卷之一 29 雁金打弓の事〔紀産〕 »

2015/01/15

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十七章 南方の旅 熊本再上陸

 第十七章 南方の旅

 

 鹿児島から島原汚へ至る航海は、実に愉快だった。海は堰水のように穏かで、いささかのうねりさえもなく、私は大きに日誌を書くことが出来た。翌朝汽船は、高橋川の河口を去ること五マイル以上の点に投錨した。その内に強風が起り、一方の舷には大きな波が打寄せた。小さな日本の艀(はしけ)が如何に安全であるかは、何度もそれに乗って曳網をした私はよく知っているのであるが、それでも汽船の横で上ったり下ったりしている小舟を見た時には、いささか不安を感じた。我々は我々の荷物を艀に移すのに大いに苦心をし、続いて我々の為に下された船梯から、艀めがけて飛び下りねばならなかった。然しながら我我は、安全に上陸し、サミセンガイを掘り出し得るであろう場所をよく確めた上、私の下僕と、我々の所謂トミとを後に残し、目に入るかぎりのサミセンガイと、すべての海藻とを採集することに全注意を向けさせることにし、私は助手と一緒に四マイル近い内陸にある熊本へ向けて出発した。

[やぶちゃん注:磯野先生の「モースその日その日 ある御雇教師と近代日本」で再度確認しておくと、前章末で鹿児島を発ったのが明治一二(一九八九)年五月二十四日早朝で、彼らのこの長崎に向う船汽船は鹿児島までの『往路と同じく』、思いがけなくも沢山のシャミセンガイに再会出来た『肥後の高橋川河口で停泊する』ことになっていたので(「第十六章 長崎と鹿児島とへ 愛する生き物との再会」を参照)、『一行はふたたび下船。内山と菊池』(「内山」は同行者で小石川植物園園丁を勤めていた内山富次郎。本文で愛称で「トミ」と呼んでいる人物と同一人。「菊池」は動物学研究室雇(雑用係職員)であった菊池松太郎)『にシャミセンガイの採集をまかせて、モースと種田』(教場助手補(現在の大学助手)種田織三。モースの右腕)『は熊本を訪れ、富岡敬明熊本県令と面会した』(富岡については次段で注する)とある。

「五マイル」約八キロメートル。

サミセンガイ「第十六章 長崎と鹿児島とへ 愛する生き物との再会」の注で詳述済。

「四マイル」六・四四キロメートル。当時の熊本県庁は熊本城内の古城(ふるしろ)という場所にあった。ここと、高橋町(やや海岸線より内陸)は実測距離で五~六キロメートルに相当する。]

« 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」  瑞泉寺 | トップページ | 甲子夜話卷之一 29 雁金打弓の事〔紀産〕 »