フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之九 稻荷奇談の事 | トップページ | 耳嚢 巻之九 疣の妙藥の事 »

2015/01/05

耳嚢 巻之九 同棲不相害事

 同棲不相害事

 

 大久保に住(すめ)る横田其の屋舖に楓樹の大木あり。大人三抱(みかかへ)に猶(なほ)あまりありて、地を去る事凡(およそ)一丈程、二股にわかれぬ。其股なる所に大きなるうろありて蛇住(すみ)て、時としては枝に蟠(わだかま)り、飜りぬる事、家内にても見て恐るれど、害をなす事なし。年々拔替(ぬけかは)る殼をとりて藥にもなすよし。しかるに、むく鳥又年々來りて、此うろに巣をなして雛を連れて飛去(とびさ)る事、又常の事なり。蛇彼(かの)むく鳥の子を害せる事なく、勿論うろの内、隔(へだて)ありて其巣を異にする趣なれど、脇目には甚だ危く思ひしが、今は常となりて不怪(あやしからざる)由かたりぬ。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:大久保の地所で軽く連関。

・「同棲不相害事」は「同棲(どうせい)相ひ害せざる事」と読む。

・「一丈」三・〇三メートル。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 蛇と椋鳥が同棲して相い互いに害することなしという事

 

 大久保に住んでおる横田殿の、その屋敷に楓樹(ふうじゅ)の大木がある。大の大人が三人で抱えるに、なお余りあるほどの大樹で御座る。

 この木は、地面から隔つること、およそ一丈辺りのところで、二股に分かれておるが、その股になっておる箇所に、大きなる洞(うろ)が空いており、そこに一匹の蛇が住みついておる。

 時には楓(かえで)の太き枝の上に蟠(わだかま)っておったり、鎌首をもたげては風に靡き翻るかのような動きを見せることもある。

 当初、家内(いえうち)の婦女なんどはこれを見、すこぶる恐れたりもしたものだが、これといって害をなすことは御座らぬ。

 毎年毎年、抜け変わるその殼を下男の者に採らせて、薬にも成して御座る。

 ところが、この洞(うろ)にはまた、椋鳥が、これまた毎年毎年来たっては、まさにこの洞(うろ)に巣を作り、雛を育ててはまた、それらをひき連れて飛び去ってゆくこと、常なることで御座る。

 蛇は、この椋鳥の子(こお)を害することは全くなく、勿論、洞(うろ)の内は広うして、蛇の巣と、年々歳々参る椋鳥が巣を作る所との間には、木目(きめ)の隔ての御座って、互いの巣は、これを異(い)にして御座る様子にてはあれど、初めて両者の同棲せるを知った折りには、脇目にも、これ、はなはだ危く思うて、椋鳥の雛の身を案じたりもしたもので御座ったが、今となっては、最早、その平穏が常なるものと知り、家内にても、もう誰(たれ)一人としてこれを怪しむものはおらずなっておる、とのこと、横田殿の語って御座った。

« 耳嚢 巻之九 稻荷奇談の事 | トップページ | 耳嚢 巻之九 疣の妙藥の事 »