フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子句集「命終」  昭和三十一年 信濃の旅(Ⅱ) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十七章 南方の旅 モースが発掘したのは「当尾貝塚」ではなく「大野貝塚」であった! »

2015/01/24

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十七章 南方の旅 熊本城の謎の洞窟 / ムツゴロウ実見 / ミドリシャミセンガイを試食す / 高橋の大凧

 

 翌朝私は熊本の知事を訪問し、世話になったことを感謝すると共に、我々が発見した物や、大野村にある奇妙な洞窟のことに就て話した。彼はそこで、城の岩石にいくつかの洞窟があるといった。私が即座にそれ等を見たいといった性急さに、彼は微笑したが、気持よく立上って、私を洞窟へ導いた。時間に制限があったので、ごくざっとそれ等を調べることしか出来なかった。入口は崖の面にあり、それ等の多くは、木の枝葉が上からかぶさって、かくしており、中には容易に到達出来ぬものもあった。私は洞窟の二、三に入って見た。形は四角である。一つの洞窟にはそれを横切る仕切が、また他の口はそのつき当りに、床から四フィートばかりの高さの凹所があり、それが棚をなしているのは、恐らく食物を供えた場所なのであろう。日本に於る洞窟を研究したら、興味が深いだろうと思われる。それ等は国中いたる所に散在し、私の知る範囲内では、埋葬用洞窟である。

[やぶちゃん注:よく分からないが、この熊本城の洞窟というは城郭構造の一部の様にも見受けられるが、それとも、熊本城の基底部には、そこにもともとあった古墳遺跡の一部が、当時、まだ保存されてあったものか? 但し、ネット上ではそのような記載は見当たらない。郷土史研究家の方の御教授を乞うものである。

「四フィート」約一・二メートル。]

 

 午後高橋へ戻って見ると、残して行った者達は驚く程立派な採集をしていた。私は、大きな緑色のサミセンガイの入った樽をいくつか見て目をたのしませ、土地の人のするように、それをいくつか食って見た。食うのは脚部だけであるが、私はあまり美味だと思わなかった。

[やぶちゃん注:以前にも述べたが、私は永らく食べたいと思いながらも、未だにミドリシャミセンガイを食したことはない。ネット上を管見すると、煮付けが一般的な調理法で、好印象記事では、アサリとシジミを混ぜたような味でなかなか美味しいとあり、一方では、触手は硬い管状組織で覆われているため、歯で扱(しご)くようにして身を取り出して食べるが、可食部分は楊枝のような僅かな身のみで、コリコリとした触感は悪くないものの、食べ方が面倒で嫌になるともある。実食の折りには、私の印象を必ず追記する。]

 

 高橋川の川口にある小さな漁村に着いて見ると、暴風雨が来そうなので、汽船は翌日まで出帆をのばしたとのことである。これにはいやになったが、私はその日を、サミセンガイを研究して送った。泥濘(ぬかろみ)の干潟をピョンピョン飛び廻っている生物がいた。最初私はそれを小さな蟾蜍(ひきがえる)か蛙だろうと思ったが、やっとのことで一匹つかまえて見ると、胸鰭が著しく発達した小魚である。これ等の小動物は、まるで仲間同志遊びたわむれているかの如く、跳ね廻っていた。ラマークが、如何にして、努力の結果が身体の各部分を変化させる云々という考を思いついたか、容易に判る。

[やぶちゃん注:勿論、これはかのスズキ目ハゼ亜目ハゼ科オキスデルシス亜科ムツゴロウ属 Boleophthalmus pectinirostris である。以下、ウィキの「ムツゴロウ」より引く。有明海・八代海(本邦ではこの二箇所に限定棲息)を含む東アジアに分布し、有明海沿岸ではムツ・ホンムツなどと呼ばれている。英語では同じ様に干潮時の干潟で活動するトビハゼ属トビハゼ Periophthalmus modestus などのハゼの仲間や同じく干潟表面の珪藻類を摂餌するタビラクチ属タビラクチ Apocryptodon punctatus などの同亜科(オキスデルシス亜科)に属する魚類を総称して「Mudskipper」(マッドスキッパー)と呼ぶ。成魚は全長十五センチメートルで、最大二十センチメートルまで達する。『同様に干潟上で見られるトビハゼの倍くらいの大きさになる。体色は褐色から暗緑色で、全身に白か青の斑点がある。両目は頭の一番高いところに突き出ていて、周囲を広く見渡せる。また、威嚇や求愛のときには二つの背鰭を大きく広げ、よく目立つ』。軟泥干潟に一メートルほどの巣穴を掘って生活し、『満潮時・夜間・敵に追われたときなどは巣穴に隠れるが、昼間の干潮時には巣穴から這い出て活動する。干潟では胸びれで這ったり、全身で飛び跳ねて移動する。干潟の上で生活できるのは、皮膚と口の中に溜めた水で呼吸するためといわれる。陸上生活ができるとはいえ皮膚が乾くと生きることができず、ときにゴロリと転がって体を濡らす行動がみられる』。『植物食性で、干潟の泥の表面に付着している珪藻などの底生藻類を食べる。口は大きく、上顎にはとがった歯が生えているが、下顎の歯はシャベル状で前方を向いている。口を地面に押し付け、頭を左右に振りながら下顎の歯で泥の表面に繁殖した藻類を泥と一緒に薄く削り取って食べる』。直径二メートルほどの『縄張りを持ち、同種だけでなく同じ餌を食べるヤマトオサガニなども激しく攻撃して追い払う。反対に、肉食性のトビハゼとは餌が競合しないので攻撃しない』。。一年のうちで『最も活発に活動するのは初夏で、ムツゴロウ漁もこの時期に行われる。この時期にはオスがピョンピョンと跳ねて求愛したり、なわばり内に侵入した他のオスと背びれを立てて威嚇しあったり、猛獣のように激しく戦ったりする姿が見られる。メスは巣穴の横穴部分の天井に産卵し、オスが孵化するまで卵を守る。孵化した稚魚は巣穴から泳ぎだし、しばらく水中で遊泳生活を送るが』、全長二センチメートルほどになると、海岸に定着して干潟生活を開始する。『日本・朝鮮半島・中国・台湾に分布するが、日本での分布域は有明海と八代海に限られる。氷河期の対馬海峡が陸続きだったころに東シナ海沿岸に大きな干潟ができ、その際にムツゴロウが大陸から移ってきたと考えられている(大陸系遺存種)。有明海・八代海の干潟は多良山系・阿蘇山などの火山灰に由来する細かい泥質干潟で、干潟の泥粒が粗いと体が傷つき弱ってしまう』とある。『旬は晩春から初夏で、漁は引き潮の間に行われる。逃げるときはカエルのように素早く連続ジャンプするので、捕えるのは意外と難しい。巣穴に竹筒などで作った罠を仕掛けて巣穴から出てきたところを捕獲する「タカッポ」や、巧みにムツゴロウをひっかける「むつかけ」などの伝統漁法で漁獲される』。『肉は柔らかくて脂肪が多い。新鮮なうちに蒲焼にするのが一般的で、死ぬと味も落ちる。ムツゴロウの蒲焼は佐賀県の郷土料理の一つである』私は蒲焼きと煮付けを食したが、個人的には圧倒的に前者の方が美味しかった。

「ラマークが、如何にして、努力の結果が身体の各部分を変化させる云々という考を思いついたか」「ラマーク」はフランスの博物学者シュヴァリエ・ド・ラマルク(Jean-Baptiste Pierre Antoine de Monet, Chevalier de Lamarck 一七四四年~一八二九年)。「biology」(生物学)という語を現代の意味で初めて使った人物の一人とされるが、ここは彼が提唱した、ダーウィンの進化論に先行する知られた進化学説の一つである「用不用説」(Lamarckism ラマルキズム)を指している。これは獲得形質(個体が後天的に身につけた形質)が子孫に遺伝し、進化の推進力になるするもので、後の遺伝子の研究発展により、後天的獲得形質の遺伝という部分の非科学性から退けられた。但し、生物の個体や種に主体的な生物進化の意識を胚胎させる考え方は、ある意味で分かり易く、人気があり、その後もそれを再主張するようなネオ・ラマルキズム或いはそれに近い学説を唱える生物学者はいる。]

 

 高橋の紙鳶(たこ)は、恐しく大きなものであった。八フィートあるいは十フィートの四角で、糸には太い繩を使用する。紙鳶の一つには、前にも述べた、ピカピカ輝く眼がついていた。

[やぶちゃん注:「八フィートあるいは十フィート」二・四四~三・〇四メートル。但し、熊本の凧揚げの風俗は継承されているものの、現在の熊本県熊本市西区高橋町にはこうした伝承凧は残っていないようである。郷土史研究家の御教授を乞う。

「ピカピカ輝く眼」「第十五章 日本の一と冬 凧上げ」を参照。]

« 橋本多佳子句集「命終」  昭和三十一年 信濃の旅(Ⅱ) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十七章 南方の旅 モースが発掘したのは「当尾貝塚」ではなく「大野貝塚」であった! »