フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 尾形龜之助 「春」 心朽窩主人・矢口七十七中文訳 | トップページ | 耳嚢 巻之九 妖談の事 »

2015/01/16

今朝見た夢

――私は誰かの詩集を読んでいます――
――そのページに鮮やかな淡い桃色の桜の花弁がはらはらと降りかかってくるのです――
――私はその詩集を閉じるとその詩集をくるくると丸めます――
――詩集は羽二重餅のように柔らかな素材で出来ていて――
――仕儀の通りに綺麗な巻物のようになるのです――
――私は小さなナイフを執り出して――
――そのロールの詩集を截る――
――そうして……
――それを……
――口に……
――含む……
……すると……
――芳醇なあの桜の薫りを含んだ――「詩」の匂い――が――私の鼻を撲ったのでした…………


[やぶちゃん注:――この「詩」は昨夜、僕に届いた教え子の、奈良の思い出を綴った消息文の変化(へんげ)したものに違いない――と実は――覚醒する少し前――夢の終りに――既にして感じていた。]

« 尾形龜之助 「春」 心朽窩主人・矢口七十七中文訳 | トップページ | 耳嚢 巻之九 妖談の事 »