フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 柳田國男 蝸牛考 初版(4) デンデンムシの領域 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十七章 南方の旅 八尾の高安古墳を調査する »

2015/02/26

譚海 卷之一 上總國異草・鹽岩・赤蜻蜓の事

 上總國異草・鹽岩・赤蜻蜓の事

 ○上總國某郡關戸村と云處に先年異草を生じたり。花は緋桃の如く、はなのしべ五色にて層々臺(うてな)をなせり。年々生じたるが十一年にして生ぜず。金線重櫻(きんせんかさねざくら)と云もの也とぞ。又房総の堺(さかひ)長狹郡(ながさのこほり)に浜村と云處に鹽(しほいは)岩といふものを出す。巖高山と云(いふ)日蓮宗の寺の山中より出る也。蜀郡より出る石鹽(いしじほ)のたぐひなるべしとぞ。又その国海邊へ出てみれば、秋の末南のかたより、丸くかたまりたる赤きもの、潮に乘じていくらも流れくる。海邊に着(つく)とき見れば、皆赤蜻蛉のかたまりたるにて、海をはなるれば飛(とび)ちりて北をさしてさる。いづ方よりくるといふ事をしらず。されば赤とんぼは此邦より生ずる物にあらずといへり。

[やぶちゃん注:「蜻蜓」音は「セイテイ」で、ヤンマ。ここはトンボの別称で、「とんぼ」と訓じていよう。

「上總國某郡關戸村」不詳。この時代の上総国に関戸村を確認出来ない。識者の御教授を乞う。

「金線重櫻」不詳。識者の御教授を乞う。

「長狭郡」安房国にあった郡。現在の鴨川市の江見各町及び東江見・西江見・四方木に当たる。

「鹽岩」岩塩層であろう。塩には殺菌と止血効果がある。

「巖高山と云日蓮宗の寺」現在の鴨川市内浦にある岩高山日蓮寺かと思われる。鴨川観光サイトのこちらによれば、日蓮が小松原法難(文永元(一二六四)年に小松原(現在の千葉県鴨川市広場)の鏡忍寺にて以前から恨みを持っていた念仏信者の東条景信が日蓮を襲い、弟子の鏡忍房日暁と信者の工藤吉隆が殺され、日蓮も額を斬られて左手を骨折、重傷を負った事件)で刃傷を受けた際、岩高山の窟の砂を削って血止めに使用したと伝える(現在は住職管理人不在)。耳嚢 巻之二 人の不思議を語るも信ずべからざる事」にこの窟内に塩を生ずることが記されてある。

「蜀郡」中国の蜀、四川省は古代の岩塩で知られる。

「秋の末南のかたより、丸くかたまりたる赤きもの、潮に乘じていくらも流れくる」不詳。印象としては刺胞動物門鉢虫綱旗口クラゲ目オキクラゲ科ヤナギクラゲ属アカクラゲ Chrysaora pacifica が即、私の頭には浮かぶものの(放射状の褐色の縞模様は赤蜻蛉に見えないかと言われるとちょっと似ているようにも見えるからである)が、こういうアカクラゲについての伝承は聴いたことがない。そもそも刺胞毒が死後でも強いからこんな呑気風流染みたことは言っていられない(ご存じない方は私の海産生物古記録集■8 「蛸水月烏賊類図巻」に表われたるアカクラゲの記載の本文及び注を参照されたい)。識者の御教授を乞う。]

« 柳田國男 蝸牛考 初版(4) デンデンムシの領域 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十七章 南方の旅 八尾の高安古墳を調査する »