フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之十 頓智の事 | トップページ | 尾形龜之助 「月が落ちてゆく」 心朽窩主人・矢口七十七中文訳 »

2015/03/23

耳嚢 巻之十 犬に性心有事

 犬に性心有事

 

 牛込榎町(えのきちやう)栃木五郎左衞門組御先手與力矢野市左衞門祖父、隱居にて三無と稱し、文化十酉年、行年(かうねん)八拾九才にて健成(すこやかなる)老人の由。常に食事なす時に、飼犬(かひいぬ)と申(まうす)にも無之(これなく)候得共、暫(しばらく)右三無が屋敷へ來ける故、朝夕右犬にも食事を與へけるが、卯月の比(ころ)、三無いたわる事ありて二三日打(うち)ふしけれど、食事の節犬來ればわけあたへけるが、或日三無彼(かの)犬に向ひ、なんぢたへず食事の節は來る故、則(すなはち)食を與へぬれど、我等無程(ほどなく)煩(わずらは)しきが極老(きよくらう)なれば死(しな)ん事も計(はかり)がたし、我(われ)死なば汝に食事を是迄の通り與ふる事も覺束なし、此上は外に憐む心ある家へ便り候へかしと申諭(まうしさと)しけるが、不思議なるかな、其明けの日よりいづちへ行(ゆき)けん、右犬たへて來らざりしとなり。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:なし。動物綺譚。

・「性心」人の心に比すべき、高度な心情といったニュアンスの謂いであろう。いや!これ、趙州狗子か!?(リンク先は私の「無門關 全 淵藪野狐禪師訳注版」の当該章ブログ版。猛毒注意!)

・「牛込榎町」現在、東京都新宿区榎町(えのきちょう)として名が残る。地下鉄牛込天神町の西直近。

・「栃木五郎左衞門」岩波のカリフォルニア大学バークレー校版では『朽木(くつき)五郎左衞門』とあり、長谷川氏は『徳綱(のりつな)。寛政七年(一七九五)御小性組頭、文化三年(一八〇六)御先手鉄炮頭』と注されておられる。これは底本の書写の誤りであろう。訳は「朽木」で採った。

・「文化十酉年、行年八拾九才」西暦一八一三年であるから、生年は享保一〇(一七二五)年である。因みに「卷之十」の記載の推定下限は翌文化十一年六月で、根岸は元文二(一七三七)年生まれである。「行年」の「行」は「経(ふ)る」「経歴」で、これまで生きてきた年数を言う。現行では亡くなった年齢を指すが、原義からはこうした用い方も誤りではない。

・「卯月」文化十年四月。同年同月はグレゴリオ暦で五月一日から五月二十九日まで。

・「便り」底本には「便」の右に『(賴)』と訂正注する。

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 犬にも相応の仏性のあるという事

 

 牛込榎町(えのきちょう)朽木(くつき)五郎左衛門殿の組の御先手与力を勤めた矢野市左衛門殿の祖父は、隠居されて「三無」と称し、文化十年酉年、八十九歳にていまだ矍鑠(かくしゃく)となさっておらるる老人の由。

 いつも食事をせんとする折りから、これ、飼い犬と申すわけでもない、まあ、所謂、野良犬が、その三無殿の御屋敷へと、ふらりと参るを、これ、常と致いて御座ったによって、朝夕、この犬にも三無殿、手ずから、食事を分け与えておられた申す。

 ところが、今年の卯月の頃おい、三無殿、これ少しばかり、病いを患(わずろ)うことのあって、二、三日の間、うち臥しておられたと申す。

 その間もこれ、食事の折りになると、やはり、かの犬が参るによって、いつものように餌を与えて御座ったが、三日目の暮れ方のこと、三無殿、この犬に餌を与えながら、

「……汝は、これ、食事の折り折りにきっと来たるによって、拙者も則ち、糧食を与えて参ったが……我ら、見ての通り……ほどのぅこれ……お迎えも参りそうな……病い勝ちなるところの……年も取るに取ったる老いぼれなればの……いつ何時、これ、死なんとも限らぬ。……我らの死なば、汝に食事をこれまでのように与うると申すことは、これ、出来ぬ相談じゃての。……この上は……そうさ、どこぞ外に……汝を憐んで呉るる心ある家を捜し……これに頼って参るといったような方途をも……これ、捜さねばなるまいて。……」

と、とくと冗談交じりに語り諭したと申す。

……すると……不思議なるかな……その明けの日より……この犬、何処(いずこ)へ参ったものか……絶えて来ずなった……と申す。……

« 耳嚢 巻之十 頓智の事 | トップページ | 尾形龜之助 「月が落ちてゆく」 心朽窩主人・矢口七十七中文訳 »