フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之十 全身の骸骨掘出せし事 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」  文覺屋敷蹟 »

2015/03/27

橋本多佳子句集「命終」  昭和三十二年 足摺岬・新居浜 他

   *

 

生きてまた絮あたたかき冬芒

 

[やぶちゃん注:「絮」「わた」と訓じていよう。]

 

木枯の絶間薪割る音起る

 

ひとたび来し翡翠(かはせみ)ゆゑに待ちつづく

 

吸入器噴く何も彼も遠きかな

 

胡桃割る音団欒のおしだまり

 

 足摺岬

 

枯れ崖(きりぎし)長し行途につきしばかり

 

また同じ枯れ切通しこの道ゆく

 

紅実垂る大樹長途も半ば過ぐ

 

[やぶちゃん注:「紅実」「くみ」と訓じているか。]

 

郵便脚夫に鴉は故旧枯山中

 

[やぶちゃん注:「郵便脚夫」「ゆうびんきやくふ(ゆうびんきゃくふ)」は郵便集配人の旧称。「故旧」は昔馴染み・旧知の意。]

 

りんりんと海坂張つて春の岬

 

[やぶちゃん注:「海坂」「うなさか」と訓じていよう。]

 

断崖にすがるよしなし海苔採舟

 

海の鴉椿林の内部知る

 

椿林天透きてそこ風疾し

 

一人の遍路容れて遍路の群増えず

 

冬の旅日当ればそこに立ちどまる

 

   新居浜

 

かりかりと春の塩田塩凝らす

 

一丈のかげろふ塩田に働きて

 

黒々とかげろふ塩田万一里

 

出来塩の熱きを老の掌(て)より賜(た)ぶ

 

[やぶちゃん注:これら(前年末と推定される冒頭五句を除く)は年譜の昭和三二(一九五七)年二月の条に、『NHK放送のため、誓子と新居浜、足摺岬へ旅行。遍路に会う』とある折りの吟詠であろう。NHK放送は以前より多佳子の出演していたラジオ番組「番茶クラブ」か。「新居浜」は「にいはま」と読み、愛媛県東予地方に位置する市。多佳子が訪れたのは多喜浜塩田(たきはまえんでん)であろう。正徳六・享保元(一七一六)年に開田され、享保年間に備後国から招かれた塩業家天野喜四郎によって幾度もの拡張工事がなされて総面積二百三十八ヘクタールに及ぶ日本有数の大塩田に発展、代々天野喜四郎の子孫によって受け継がれ、長年に亙ってこの地方の重要な産業基盤となったが、この多佳子来訪の僅か二年後の昭和三四(一九五九)年、国策によって廃田となった(現在は埋め立てられて新居浜市を代表する工業団地となっている。以上はウィキ多喜浜塩田に拠った)。この四句、結果して、まさにこの塩田の落日を描いていて、いや万感胸に迫る思いがするではないか。]

« 耳嚢 巻之十 全身の骸骨掘出せし事 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」  文覺屋敷蹟 »