フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 犬懸谷 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 唐絲土籠跡 »

2015/04/13

『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」  絹張山

    ●絹張山

絹張山は高五町許。往時賴朝大藏に在住の時。夏頃此山に絹を張り雪降(ふり)たるか如くにして一覽せり。故に云ふ。昔此地に尼寺あり。住持の尼松樹の枝に衣を掛晒せしか故に名くともいふ。其松枝葉繁茂して今猶山上にあり。絹張松(きぬばりまつ)と呼へり。里俗山麓犬懸谷を衣掛(きぬかけ)と呼も此故なりと云。山中に大平。西ケ谷。蛇屋藏。地藏。久保など唱ふる所あり。山麓に岩窟十所あり。其内に古墳を存す。〔何人の墳墓なるや詳ならず〕又山上に短册石(たんざくいし)と云へるありと。鎌倉志に見えたれと今はなし。

[やぶちゃん注:本記載はやはり「新編相模國風土記稿」の「卷之九十四」の頭にある解説をほぼ引き写したものである。そこでは、「絹張松」の上に割注で、『圍一丈餘』(松の根方の円周約三メートル)とある。さらに「久保など唱ふる所あり」と「山麓に岩窟十所あり」の間にある、『又本巡禮道とて坂東二番、三浦郡久野谷村岩殿寺に達す、別に今巡禮道と唱へ峯通りに便路あり』という記載が省略されている(この巡礼道は寸断されているものの、跡が現在も残っているもので、この当時消失しつつあったこれ外したのは『風俗画報』の痛恨のミスと私は勝手に思っている)。また、最後の『此山報國寺境内に屬せり』という一文も何故か省略されている。案内書としては山の位置を測り難くしてしまう、頗る不親切な省略と言える。なお、実はこの山周辺(伝北条時政邸跡を含む)は鎌倉市内で唯一、私が未踏査の地である。そこをまことに行ったように感じさせてくれるのが、個人サイト「テキトーに鎌倉散歩」の秘密場所である。必見!

・「高五町許」約五四五メートルであるが、これはおかしい。現在、絹張山の標高は百二十一メートルである。鎌倉の最高峰の大平山でさえ標高百五十九メートルである。これは思うに金沢街道から山頂までの距離と標高を「新編相模國風土記稿」が誤って記載してしまったものではなかろうか? 因みに地図上で単純徒歩実測すると、だいだいこれと同じ距離が出る。

・「鎌倉志に見えたれと今はなし」。「新編鎌倉志卷之二」には、『○犬懸谷〔附 御衣張山短尺石〕』の項(前半は前条に引用した)に、

此の上の山を衣張山(きぬはりやま)と云ふ。相ひ傳ふ、賴朝卿、大藏が谷(やつ)に御座の時、夏日、此山にきぬをはり、雪の降掛(ふりかか)るが如くにして見紛ふ故に名づくと也。或ひは云ふ、昔の此の地に比丘尼寺(てら)ありしに、彼の比丘尼、松の枝に衣(くぬ)を掛晒(かけさら)せしが、其の木、後に枝葉榮(さか)へて、今、山の上にある二本の松の大木なりと云ふ。犬駈(いぬかけ)を、俗に衣掛(きぬかけ)と云ふも此の意なり。短尺石(たんじやくいし)と云ふ石、山上にあり。其所謂(いはれ)を知らず。

とある。この時点で「短尺石」は由来も不明であり、実見検証された様子もない。「鎌倉攬勝考」にも載らぬから、江戸の終りには完全に忘れられ、消失していたものらしい。]

« 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 犬懸谷 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 唐絲土籠跡 »