フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子句集「命終」  昭和三十二年 高野行(Ⅰ) | トップページ | 志賀理斎「耳嚢副言」附やぶちゃん訳注 「追加」(Ⅰ) »

2015/04/13

橋本多佳子句集「命終」  昭和三十二年 高野行(Ⅱ)

  切子燈籠

 

[やぶちゃん注:この高野行の年譜記載は先に続けて、『また、多佳子は、普賢院の切子燈籠(盂蘭盆に寺院の入口に吊る)の下に跼みこみ、句作に専念』とある。「跼みこみ」は「かがみこみ」と訓じているようである。「跼」は古くは「せくぐまる」で、体を前へ屈めて背を丸くすることで、かがむ・かがまる・こごむ・くぐまるなどと訓ずる。グーグル画像検索「高野山 切子燈籠をリンクさせておく。但し、生憎、灯の点った夜の画像は見当たらないようだ。]

 

切子(きりこ)点く寂光濾せる紙の質

 

真の闇切子が山蛾欲りつ獲つ

 

火蛾生死(しやうじ)切子内界さしのぞく

 

切子火蛾よぶ殺生戒の身におもしろ

 

火蛾よべる切子より吾貪欲に

 

山蛾食ひ切子ふたたび明(めい)もどす

 

切子貪欲一山(いつさん)蛾族翔け参じ

 

切子長尾ただにしつまり燈が暗し

 

切子燈籠うしろが明しまわりて見る

 

火蛾捨身瀆れ瀆れて大切子

 

[やぶちゃん注:私の多佳子の句中、最も偏愛する一句。「瀆れ」は私はずっと「よごれ」と訓じてきた。]

« 橋本多佳子句集「命終」  昭和三十二年 高野行(Ⅰ) | トップページ | 志賀理斎「耳嚢副言」附やぶちゃん訳注 「追加」(Ⅰ) »