フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 生物學講話 丘淺次郎 第十二章 戀愛(10) 四 歌と踊り(Ⅲ) | トップページ | 「いい天気だね。お茶を飲もうか? 首をつろうか?」 »

2015/04/11

大和本草卷之十四 水蟲 介類 つゞら貝

【和品】

ツヾラ貝 葛籠ノスチノ如クカラニスチアリ高下アル事魁

蛤ノスチノ如シ味辛シ小蛤ナリ海濱ニアリ

〇やぶちゃんの書き下し文

【和品】

つゞら貝 葛籠(つゞら)のすぢのごとく、からにすぢあり。高下〔(かうげ)〕ある事、魁蛤のすぢのごとし。味、辛し。小蛤〔(しやうがふ)〕なり。海濱にあり。

[やぶちゃん注:不詳。「魁蛤」は現代中国語で斧足綱翼形亜綱フネガイ目フネガイ上科フネガイ科アカガイ Scapharca broughtonii のことを指す。当初、「辛し」というとこらから腹足綱吸腔目アッキガイ科 Rapana 属アカニシ Rapana venosa を考えたのだが、「魁蛤」「小蛤」の「蛤」は二枚貝の総称であるから、これには同定出来ない。「葛籠の」筋というのが今一つ不分明であるが、兎も角も殻に明確な平行した筋を持っており、「高下」(「たかひく」と訓じているかも知れない)がある点が「魁蛤」(アカガイ)の筋にそっくりだという。しかもアカガイよりも有意に小さな二枚貝だというのだから困る。候補としてはアカガイの仲間で形状のよく似たフネガイ科サルボウ Scapharca kagoshimensis を考え得るが、これは既に「朗光(さるぼ)」で既出である。サルボウの幼体か、或いはフネガイ科 Arcidae の他の種か? この「葛籠貝」の呼称自体を現在、見出せない。識者の御教授を乞うものである。]

« 生物學講話 丘淺次郎 第十二章 戀愛(10) 四 歌と踊り(Ⅲ) | トップページ | 「いい天気だね。お茶を飲もうか? 首をつろうか?」 »