フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十九章 一八八二年の日本 博物館 / 高嶺家での素敵なもてなし | トップページ | 譚海 卷之一 例幣使下向の事 »

2015/04/26

大和本草卷之十四 水蟲 介類 石決明

石決明 海介ノ上品也亦蚫ト云肉モ殼モ目ヲ明ニス

弘景蘓恭ハ石決明ト鰒魚ヲ一物トス蘓頌ト時珍ハ

一種二類トスホンポウニ二品アル事ヲ聞ス但雌雄アリ

雄ハメクリノフチ高ク色黑クシテコハクアラシ其形長シ

雌貝ハフチヒキク白クヤハラカナリ其形マルシ雌貝ヲ爲

良生ナルヲ靜ニタヽキテ煮熟シ柔脆ナルヲ食フヘシ生

ナルト煮テコハキハ不益人

〇やぶちゃんの書き下し文

石決明(あはび) 海介の上品なり。亦、蚫と云ふ。肉も殼も目を明にす。弘景(こうけい)・蘓恭(そきよう)は石決明と鰒魚(あはび)を一物とす。蘓頌(そしよう)と時珍は一種二類とす。ほんぽうに二品ある事を聞かず。但し、雌雄あり。雄(を)は、めくりのふち、高く、色、黑くして、こはく、あらし。其の形、長し。雌(め)貝は、ふち、ひきく、白く、やはらかなり。其の形、まるし。雌貝を良と爲(す)。生なるを靜かにたゝきて、煮熟し、柔脆(じうぜい)なるを食ふべし。生なると、煮てこはきは、人に益あらず。

[やぶちゃん注:現行の和名「アワビ」自体が腹足綱原始腹足目ミミガイ科 Haliotidae のアワビ属 Haliotis の総称であるので、国産九種でも食用種のクロアワビ Haliotis discus discus ・メガイアワビ Haliotis gigantea ・マダカアワビ Haliotis madaka ・エゾアワビ Haliotis discus hannai (クロアワビの北方亜種であるが同一種説もあり)・トコブシHaliotis diversicolor aquatilis ・ミミガイ Haliotis asinina までを挙げておけば、とりあえずは包括出来よう。

「弘景」陶弘景(四五六年~五三六年)は六朝時代の道士で本草学者。道教茅山派開祖。漢方医学の基礎を築いた人物。前漢の頃に成立した中国最古の薬学書「神農本草経」を整序して五〇〇年頃に「本草経集注」を完成させた。この中で彼は薬物の数を七百三十種類と従来の二倍にし、薬物の性質などをもとに新たな分類法をも考案しており、この分類法は現在も使用されている(以上はウィキの「陶弘景」に拠った)。

「蘓恭」唐の高宗(六四九年~六八三年)の時代に編纂された「新修本草」(散逸)の編者の一人である蘇敬か。

「蘓頌」蘇頌(一〇二〇年~一一〇一年)は宋代の科学者にして博物学者。一〇六二年に刊行された勅撰本草書「図経本草」の作者で、儀象台という時計台兼天体観察装置を作ったことでも知られる。

「時珍」李時珍(一五一八年~一五九三年)は既出の一五九六年頃に完成した「本草綱目」の作者で明代を代表する医学者にして本草学者。主として医学的利用価値に立脚した本草学を確立した。

「雄は、めくりのふち、高く、色、黑くして、こはく、あらし。其の形、長し。雌貝は、ふち、ひきく、白く、やはらかなり。其の形、まるし」誤り。雌雄の判別は外見上ではまず不可能で、剖検して生殖腺の色で見分けられる(生殖腺が緑のものが♀・白っぽいものが♂)。ここに出るのは実際には「雄」とあるのがクロアワビ Haliotis discus discus 、「雌」とあるのがメガイアワビ Haliotis gigantea 或いはクロアワビの幼体や別な種と思われる。

「雌貝を良と爲」以上のように「雌」とあるのがメガイアワビ Haliotis gigantea であるが、現行では味の点でクロアワビに比べてやや劣るとされ、圧倒的にこちらの方が安価に取引される。本叙述を見ると、現在の堅い水貝の刺身が好まれるのに対し、軟らかい煮こんだものが好まれたと思しく、納得がいく。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十九章 一八八二年の日本 博物館 / 高嶺家での素敵なもてなし | トップページ | 譚海 卷之一 例幣使下向の事 »