フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 譚海 卷之一 例幣使下向の事 | トップページ | 高濱虛子 斑鳩物語 (正字正仮名初版形) »

2015/04/27

甲子夜話卷之一 33 人事を曉らざる者の事

33 人事を曉らざる者の事

人の事を曉らざるの甚しきに至るものあり。先年御成還御のとき、尾張町のあたりにて、御道筋を人止しければ、貴賤諸人皆止られて剋を移す間、溜り居たり。予もそのとき止られし中なりしが、やがて通御濟たり迚、かためを拂たれば、止られし人人わやわやと散り行く。其中に町人と覺しきもの、獨語に云よう、さても御威勢迚、誰叶べき者はなけれど、さすが還御には御かなひなされぬと見えて、かためを拂たりと云き。世には是ほど事を曉らぬものあるものと、珍らしきばかりに覺へき。

■やぶちゃんの呟き

「曉らざる」「さとらざる」。「通暁」という熟語があるように、「暁」には悟る・分かる・知るの意がある。

「先年御成還御」第十一代将軍徳川家斉のそれ。

「尾張町」現在の東京都中央区銀座五丁目と六丁目付近の旧地名。尾張藩がこの地を埋め立てたことに由来する。

「人止」「ひとどめ」。以下も「止(とめ)る」で訓じていよう。

「剋」「とき」。

「さても御威勢迚、誰叶べき者はなけれど、さすが還御には御かなひなされぬと見えて、かためを拂たり」――さても! よう! 天下の将軍さまのご威勢なればよ、誰(たれ)独りとして敵うはずの者(もん)はいねえはずだけんど、よ! さすがに! 還御さまにはお敵いなさらぬと見えて、ほぅれ! 警固を解いたぜぇ!――……しかし果たして、この男、本当に静山の言うような、救い難い馬鹿、落語に出て来る、足りない熊さん八さん、なんだろうか?……いや寧ろ、私は佯狂を装った粋な洒落のように思えてならないのだが? そうしてこの短い話柄を見ると、二百字ちょっとたった五文から構成されているこの文章の内、エピソードを挟む二文で「人の事を曉らざるの甚しきに至るものあり。」「世には是ほど事を曉らぬものあるものと、珍らしきばかりに覺へき。」と如何にも無駄な重語を成しているところや、「予もそのとき止られし中なりし」に静山自身が通行不能に迷惑している気持ちが仄かに窺われること、「止られし人人わやわやと散り行く」というオノマトペイアにやはり『やれやれ』という如何にもな人々の仕方ないというダルな気持ちが表現されている点など、寧ろ、権力を笠に着る者への諦めが窺えるように私には思えるのである(天下の将軍さまのお膝下の江戸っ子が、スローなあの頃に、そんなかぶいた言葉を吐く輩がいようはずもないと指弾する御仁は、これ、もう私のブログ自体をお読み戴かなくてよいと存ずる)……少なくとも、この時のこの街角には長い間(「剋」で最低二時間は通行止めを喰らったはずである)待たされた市井の人々の、嘲笑でない、すこぶる明るい哄笑が湧き起ったものと私は思うのである。……

« 譚海 卷之一 例幣使下向の事 | トップページ | 高濱虛子 斑鳩物語 (正字正仮名初版形) »