フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎 日本の詩人――現質的ロマンチスト | トップページ | 譚海 卷之一 連歌法式の事 »

2015/05/26

譚海 卷之一 寺をかへ宗旨を改る等の事

 寺をかへ宗旨を改る等の事

○寺をかへ宗旨をかふるなどいふとき、寺へ言入るに、親類のものをもちて云入(いひいる)れば相濟(あひすむ)也。たとひ他人なりとも親類のよしをいふべし。親類ならでは承引せざる事寺の法也。

[やぶちゃん注:当時は幕府の宗門改や寺請制度といった檀家制度によって家単位での宗旨替えは原則上は認められていなかった(即ち、江戸時代は宗教団体による布教自体は表立っては認められていなかったことを意味する)。但し、個人が一代限りで別の宗派を信仰することはかなり自由に認められていたし、そもそもが国替えが行われた場合、新藩主の中には自身が許容し得ない宗派寺院を特定地域内にあることを認めなかったり、寺院の宗派や名称が変更になったりするケースがままあったし、特に日蓮宗(同宗派には幕府が特に禁教としたファンダメンタルな不受不布施派が知られる)は江戸中期以降にも活発な折伏や弘教を展開していたから、こうした宗旨替えを家単位で望むことも実際には結構あったものと私は考える。

「言入る」は「こといるる」と読むか。「言」は「ことはり」と読んだ方が分かりはよいが、そこまでは無理か。]

« 萩原朔太郎 日本の詩人――現質的ロマンチスト | トップページ | 譚海 卷之一 連歌法式の事 »