フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 毛利梅園「梅園介譜」 東海夫人(イガイ) | トップページ | 柳田國男 蝸牛考 初版(8) マイマイ領域 »

2015/05/07

『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 報國寺

  ●報國寺

報國寺は功臣山(こうしんざん)建忠報國寺と號す。杉本の南向にあり。關東の諸山なり。開山は佛乘禪師天岸慧廣。源尊氏の祖父伊豫守家時の建立なり。家時の木像あり。本尊は釋迦。文殊。普賢。迦葉。阿難。迦葉は宅間法眼か作なり。宅間の迦葉とて名高し。此邊を宅間ケ谷と云なり。宅間か舊居歟。開山塔を休耕菴といふ〔相摸風土記に云當時畫工宅間左近將監爲行と云者居住の地にして此名ありと云へり〕

足利家時墓 後山老松の樹根に方石あり。之を斥て云ふ。

[やぶちゃん注:臨済宗建長寺派。開創は幕府滅亡の建武元(一三三四)年と伝えるが、足利家時は文保元(一三一七)年(或いはそれ以前。彼の死因については切腹自害とされ得宗時宗への殉死説などはっきりしない)に没したともされ、寺所蔵の「報告寺記」に上杉重兼(宅間宅間上杉家の祖で上杉氏初代重房の頃より足利家とは姻戚関係にあった家系)を開基とする旨の記載があることから、現在では南北朝期に足利家と関係の深かった上杉重兼上が開いたと考えられている。

「諸山」五山制度に基づく寺格の一つで五山・十刹の下。元亨元(一三二一)年に元執権北条得宗家当主北条高時自らが鎌倉弁ヶ谷(べんがやつ)に建立した崇寿寺(廃寺)を五山に次ぐ寺として「諸山」の称号を与えたのが最古とされる。参照したウィキによれば、『以後、五山・十刹に加えられなかった禅林に対して与えられた。原則的には五山と同様に室町幕府の将軍御教書によって指定されることになっていたが、特に上限を設けなかったために多くの禅林に諸山の称号が与えられ、北朝上皇の院宣や果ては敵である南朝による諸山称号が追認されたものまであったと言われている』とある。

「佛乘禪師天岸慧廣」(てんがんえこう 文永一〇(一二七三)年~建武二(一三三五)年)臨済僧。武蔵国比企郡(現在の埼玉県)出身。無学祖元に師事、高峰顕日の法嗣で、元応二(一三二〇)年に物外可什(もつがいかじゅう)らと元に渡り、古林清茂(くりんせいむ)らに学んだ。元徳元(一三二九)年に明極楚俊(みんきそしゅん)・竺仙梵僊(じくせんぼんせん)・可什と帰国、報国寺を開いた。俗姓は伴、仏乗禅師は諡号。著作に「東帰集」など(講談社「日本人名大辞典」に拠る)。

「相摸風土記に……」「宅間ケ谷」の注。以下は「新編相模国風土記稿 巻之九十四」「噀里部 鎌倉郡巻之二十六」の「山之内庄」の「浄妙寺村」(現行の地名は「浄明寺」)報国寺の条の前にある「宅間谷」の冒頭記載である。]

« 毛利梅園「梅園介譜」 東海夫人(イガイ) | トップページ | 柳田國男 蝸牛考 初版(8) マイマイ領域 »