フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之一 35 松平左近將監【老中】、黑田豐州へ申達間違のときの上意 | トップページ | 大和本草卷之十四 水蟲 介類 ヨメノサラ(ヨメガカサ) »

2015/05/07

大和本草卷之十四 水蟲 介類 海膽

【外】

海膽 閩書曰殻※如盂外密結刺肉在内有膏香

[やぶちゃん字注:「囗」(くにがまえ)の中央に竪に一画。]

色土人以爲醬今按海島處々有之殻マロク刺アリ

テ栗ノイカノ如ク色黑シ筑紫ノ海人其カラヲガセト云其口

ハ殻ノ正中ニアリ殻ノ内ノ肉黄色ナリ肉ヲトリ鹽ヲ和シ

ナシモノトシテ味美ナリナシモノヽ第一上品トスヘシ梅雨ノ後

ヲサメヤウアシケレハ味變シテアシクナル脾胃ヲ補ヒ泄痢ヲ

止メ益于人泄痢ノ初發ニハ不可用

○やぶちゃんの書き下し文

【外】

海膽(うに) 閩書〔(びんしよ)〕に曰く、『殻、※〔(ゑん)〕にして盂〔(はち)〕のごとく、外、密に刺(はり)を結べり。肉、内の在り。膏〔(あぶら)〕有りて、香色〔(かういろ)〕。土人、以つて醬〔(ししびしほ)〕と爲す。』と[やぶちゃん字注:「囗」(くにがまえ)の中央に竪に一画。]。今、按ずるに、海島處々に、之れ有り。殻、まろく、刺ありて栗のいがのごとく、色、黑し。筑紫の海人〔(あま)〕、其のからを「がせ」と云ふ。其の口は殻の正中(まん〔なか〕)にあり。殻の内の肉、黄色なり。肉をとり、鹽を和し、「なしもの」として味、美なり。「なしもの」の第一の上品とすべし。梅雨の後、をさめやう、あしければ、味、變じて、あしくなる。脾胃〔(ひゐ)〕を補ひ、泄痢を止め、人に益あり。泄痢の初發には用ふべからず。

[やぶちゃん注:棘皮動物門 Echinodermata ウニ綱 Echinoidea に属するウニ類。

「閩書」明の何喬遠撰になる福建省の地誌「閩書南産志」。

「※」円の異体字か。

「盂」鉢。

「膏」肉の脂、脂肪。他に旨味の意もある。

「香色」黄褐色。丁子などの香料の煮汁で染めた色又はそれに似せた色のことを指す。

「醬」塩辛。

「がせ」「かせ」「がぜ」とも言う。奈良時代には使われていたウニの古名。

「なしもの」成物(なしもの)。塩辛・魚醤(うおびしお)・肉醤(ししびしお)の意。

「をさめやう」収め様。保存状態。

「脾胃」漢方では広く胃腸、消化器系を指す語である。

「初發」症状の初期。]

« 甲子夜話卷之一 35 松平左近將監【老中】、黑田豐州へ申達間違のときの上意 | トップページ | 大和本草卷之十四 水蟲 介類 ヨメノサラ(ヨメガカサ) »