フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 毛利梅園「梅園介譜」 海鼠(前掲分とは別図三種) | トップページ | 尾形龜之助 「若いふたりもの」 心朽窩主人・矢口七十七中文訳 »

2015/05/24

『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」  滑川

    ●滑川

滑川は上にては胡桃川といひ。淨妙寺の前より下までを滑川といふ。其下文覺屋敷の邊にては座禪川といふ。文覺此に居て座禪する故に名くといふ。其下小町にて夷堂川といふ。其下延命寺の脇大鳥居の邊にてはすみうり川といふ。其下閻魔堂の前にては閻魔川と云ふ。一川六名あり。太平記に載(の)する所を見るに靑砥左衞門藤綱が屋敷此邊にありけるか。

[やぶちゃん注:朝比奈峠旧切通しや鎌倉霊園方向の丘陵部を水源とし、総延長六キロメートルを超える旧市内では最も大きい川で、一般的な通称である「滑川」(なめりかわ)は中上流部分に於いて川床が主に凝灰砂岩であるために、川水が滑るように流れることに基づくという。

「夷堂川」は左岸の橋畔にある(復元)正覚寺の夷堂に由来する。

「すみうり川」この左岸に炭商人がいたことによるとされる。定かでないが、鎌倉時代、この一帯は市井の商人の居住区域ではあった。

「閻魔堂」九品寺横の海岸通りを西に行った河畔にはかつて新居閻魔堂(現在の円応寺の前身)が建っていた。現在の円応寺の本尊である閻魔大王像もここに祀られていたが、元禄一六(一七〇三)年の元禄大地震とその津波によって倒潰したため(この時本尊閻魔像も首を除いて流出したとされる)、宝永元(一七〇四)年に山ノ内建長寺前に移されたと伝えられている。

「靑砥左衞門藤綱が屋敷此邊にありけるか」報国寺及び浄妙寺前から金沢街道を朝比奈方向へ三百メートルほど行くと、右手に滑川に架かる青砥橋があるが、そこを渡った住宅地の道路脇(浄明寺五丁目)に鎌倉青年団の「青砥藤綱邸旧蹟」の碑は建つ。但し、彼の実在自体が実際には疑わしい。御不満の向きは、私の「耳嚢 巻之四 靑砥左衞門加増を斷りし事」の注及びそこに貼られた更なる私のリンク先をご覧あれ。……さても……近々やらかそうと考えているテクストもこれ……彼に関わるのぅ……♪ふふふ♪……]

« 毛利梅園「梅園介譜」 海鼠(前掲分とは別図三種) | トップページ | 尾形龜之助 「若いふたりもの」 心朽窩主人・矢口七十七中文訳 »