フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 堀辰雄 十月  正字正仮名版 附やぶちゃん注(Ⅻ) | トップページ | 堀辰雄 十月  正字正仮名版 附やぶちゃん注(ⅩⅢ) / 了 »

2015/05/04

大和本草卷之十四 水蟲 介類 メクハジヤ

【和品】(「。」は句点ではなくて「・」の意で、「ツ。」は「ヅ」らしい)

メクハジヤ 筑後海濱ニアリ形大豆ノ如ク大サ季指ノ頭

ノ如ニシテ少長シ其殻マテノ如シ其肉足殻ノ外ニ出ル事

一寸或八分ハカリ鼠尾ノ如シマテ。アケマキナトノ足ノ出タル

カ如シマテハ二足出ツ。メクハシヤハ一足出ツ其肉甘美如

蟶其尾モ食ス有毒食之者患發斑中其毒者紅花

ヲ煎服ス殻ノ色靑クウスシ肉ハ大豆黄卷ニ似タリ或曰

三才圖繪ニ所謂江橈ハメクハシヤナルヘシ一名指甲螺

○やぶちゃんの書き下し文

【和品】

めくはじや 筑後の海濱にあり。形、大豆のごとく、大いさ、季指(こおよび)の頭のごとくにして、少し長し。其の殻、「まて」のごとし。其の肉の足、殻の外に出る事、一寸、或いは八分ばかり。鼠の尾のごとし。「まて」・「あげまき」などの足の出でたるがごとし。「まて」は二足出づ。「めくはじや」は一足出づ。其の肉、甘美にして蟶(まて)のごとし。其の尾も食す。毒、有り、之を食ふ者、發斑を患ふ。其の毒に中〔(あた)〕る者、紅花を煎服す。殻の色、靑く、うすし。肉は大豆黄卷(だいづわうけん)に似たり。或いは曰く、「三才圖繪」に所謂(いはゆる)、江橈〔(こうぜう)〕は「めくはじや」なるべし。一名、「指甲螺(しかふら)」。

[やぶちゃん注:触手動物門腕足綱無穴目シャミセンガイ科のミドリシャミセンガイ Lingula anatina 。老婆心乍ら、確認しておくと、シャミセンガイは軟体動物門 Mollusca に属する貝類ではなく、全く異なった生物群である腕足動物門 Brachiopoda に属する二枚の貝殻を持った海産生物である。益軒の言う「二足」は「入水管と出水管」であるが、シャミセンガイではそれは「足」ではなく「尾」である。因みに貝類の殻は体制上の左右であるが、シャミセンガイでは背と腹の関係にある。いろいろな意味で栗本丹洲「栗氏千蟲譜 巻九の「指甲螺」を引いておくのが良いと思われる。注も併せて引いておくが、リンク先の丹洲の絵も是非、ご覧あれかし。

   *

指甲螺〔「閩書」「三才図會」。〕《一名、「土銚」。一名、「沙屑」〔「八閩通志」〕。一名、「江橈」〔「福州府志」〕。》

    「メクハジヤ」肥後・肥前

    「オトメガイ」備前

「漳州(しようしふ)府志」に云はく、『江橈(こうぜう)は、緑殻・白尾、其の形、舩の橈(かい)のごとし。故に名づく。』と。「泉郡志」に、『以つて形、指甲のごとし。名づけて指甲螺。』と。「泉南雜志」に、『北方にて泥磚(でいせん)と謂ひ、土坯(どはい)と曰ふ。江に晋くして海にも有る介の屬たり。亦た曰ふ、土坯は緑殻・白尾にして其の旁らに毛有り。』と。「臺湾府志」に、『海豆芽。一名、塗坯。』と。

人。多く食へば、此の介のごとくの狀の赤斑を発す。魚に醉ひたるがごとし。此の時は立だちに紅花一味を煎服せしむれば、即座に解すと云ふ。

石州濱田方言

カゲロフガイ

[やぶちゃん注:「閩書」明の何喬遠(かきょうえん)撰になる福建省地方の地方誌。

「三才圖會」明の王圻(おうき)の編になる類書(百科事典)。

「八閩通志」明の黄仲昭の手になる福建省の地方誌。

「漳州府志」清乾隆帝の代に成立した現在の福建省南東部に位置する漳州市一帯の地誌。

「泉郡志」「泉州府志」のことであろう。明代に書かれた福建省泉州府の地誌。

「泉南雜志」明の陳懋仁(ちんもじん)の書いた泉州の地誌。

「臺湾府志」清の一六九六年に刊行された台湾地誌。

「泥磚」「土坯」「磚」は煉瓦、「坯」は壁の意。シャミセンガイの棲息域と殻の形状から私などには如何にもしっくり来る漢名である。

「石州濱田」「石州」は石見国、現在の島根県浜田市。

「赤斑を発す。魚に醉ひたるがごとし」まさに「大和本草」のこの記載とピッタリ一致する。ここに記載された蕁麻疹及び酩酊様の中毒症状は、渦弁毛藻類や藍藻類の植物プランクトンによるサキシトシン等の麻痺性貝毒が想定される。

「カゲロフガイ」蜉蝣貝であろう。色といい、昔の人が化生を考えたかも知れない、非常にマッチした方言名で私は好きである。

   *

「季指」小指。

「大豆黄卷」黒大豆の種子を発芽させ、一センチメートルほどのもやしになったものを日に曝して乾燥した漢方薬名。

「まて」言わずもがな乍ら、本邦の和名としてのマテガイは海産の斧足綱異歯亜綱 incertae 目マテガイ上科マテガイ科マテガイ Solen strictus である。

「あげまき」斧足綱異歯亜綱マルスダレガイ目ナタマメガイ科アゲマキガイ Sinonovacula constricta 。本邦では有明海と瀬戸内海の一部のみに分布するも、絶滅の危機に曝されている。

「蟶」は本来はマテガイ Solen strictus を指すが、貝の形状がやや似ており、棲息域も重なることから、中国ではアゲマキガイ Sinonovacula constricta も「蟶」と呼ばれている感じがネット検索では濃厚に匂って来る。

「三才圖繪」は前掲した明の王圻のそれ。

« 堀辰雄 十月  正字正仮名版 附やぶちゃん注(Ⅻ) | トップページ | 堀辰雄 十月  正字正仮名版 附やぶちゃん注(ⅩⅢ) / 了 »