フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」  滑川 | トップページ | 尾形龜之助 「ある男の日記」 心朽窩主人・矢口七十七中文訳 »

2015/05/24

尾形龜之助 「若いふたりもの」 心朽窩主人・矢口七十七中文訳

 

    若いふたりもの

 

         尾形龜之助

 

私達は

  ×

二人が

夫婦であることをたまらないほどうれしく思つてゐる

  ×

妻は私が大切で

私は妻が大切で

二人は

いつまでもいつまでも仲が良い

  ×

私はいつもへたな畫をかくが

私も妻も

近い中に良い畫がかけると思つてゐる

私達の仕事は樂しい

  ×

二人は

まだ若いからなかなか死なない

  ×

その中に

可愛いい子が生れる

  ×

私達二人は

良い父と

良い母とになる

  

(大正一一(一九二二)年四月発行『玄土』第三巻第四号)

  

[心朽窩主人注:尾形亀之助はこの前年、大正一〇(一九二一)年五月に福島県伊達郡保原町の開業医の長女森タケ(十八歳)と結婚している。この大正一一(一九二二)年一月には仙台からタケを伴って上京し、本郷白山上に転居、日本未来派美術協会会員となり(前年十月の第二回未来派美術協会展で既に会友とはなっていた)、同協会の第三回展の準備運営に当っていた。本詩以降の三篇はそうした密月の最後の名残のように思われる。しかし、この詩の発表直後の五月に早くもタケとは不和となり、家出するように旅に出ている。長女泉は大正一三(一九二四)年四月の、長男猟は大正一五(一九二六)年十二月の誕生であり、その間、龜之助には別な女性への恋慕といった女性関係も生じて、タケとは昭和三(一九二八)年三月別居、同年五月に協議離婚している。僅か七年の結婚生活であった。しかも七箇月後の同年十二月には十一歳年下の芳本優(十七歳)と同棲を始めている。]

 

 

Wakaihutarimono

 

 年轻的一对夫妻

         
作 尾形龟之助
         
译 心朽窝主人,矢口七十七

 

我们……

  ×

我们俩

因为我们是一对夫妻所以幸福极了

  ×

妻子爱我

我爱妻子

我们俩

永久地永久地要好

  ×

我画画儿画得不好

我和妻子

都相信近将来我会画得更好

我们工作做得很开心

  ×

我们俩

因为很年轻所以不会死掉

  ×

不久

会生可爱小宝宝

  ×

我们俩

会成为好爸爸

和好妈妈!

 

 

[心朽窝主人附注:前一年(一九二一年)五月,尾形龟之助跟福岛县伊达郡保原町的开业医生的长女森Take(十八岁)结婚。一九二二年一月他跟新娘从仙台到东京,搬到本乡白山上,成为日本未来派美术协会会员(前一年十月的第二届未来派美术协会展览会时已成为会友),从事该协会第三届展览会的准备工作。这篇诗以后的三篇作品可以认为这样的蜜月时期的最后果实。但是公开这篇诗之后不久的五月份,诗人跟Take闹翻,像出奔一样地去旅行。长女泉一九二四年四月出生,长男猎一九二六年十二月出生,这一段期间里诗人产生对于另一个女人的恋爱感情,一九二八年三月和Take分开居住,五月成立协议离婚。就意味着仅仅七年的结婚生活。顺便说七个月后的一九二八年十二月诗人开始和比他小一十一岁的芳本优(十七岁)的同居。

 

 



                
矢口七十七/

« 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」  滑川 | トップページ | 尾形龜之助 「ある男の日記」 心朽窩主人・矢口七十七中文訳 »