フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 譚海 卷之一 出雲國造の事 | トップページ | 橋本多佳子句集「命終」  昭和三十三年 白鳥行 »

2015/06/13

甲子夜話卷之一 42 秋元氏鎗の事

42 秋元氏鎗の事

是も秋元氏の宅にて、彼玄關の上に、世に鞍箱と謂ふ、鎗の鞘に金字にて大きく無の字を蒔出したる鎗の掛て有るを見る。予問ふ、かの鎗は何の由ありや。永朝答ふ、吾祖泰朝〔但馬守〕、大阪御和睦のとき總堀を埋る奉行たりしが、堀は埋まじきと、神祖の上意ありしを、泰朝聞ずして、人夫を促し、矢庭に埋終りしと云。此時十八歳なりしとぞ。無雙の若者なり迚、此御鎗を賜りけりと語る。又今彼家士の説には、駿府に於て賜はりし所と云。

■やぶちゃんの呟き

「秋元氏」第41話に出た秋元永朝(つねとも)。そちらの注を参照されたい。

「泰朝」館林藩秋元家第二代秋元泰朝(天正八(一五八〇)年~寛永一九(一六四二)年)。秋元長朝の子で徳川家康の近習出頭人(きんじゅうしゅっとうにん:江戸幕府初期の職名。将軍・大御所の側近で、幕政の中枢に参与した者。)。ここに出るように、慶長一九(一六一四)年の大坂冬の陣の直後、瞬く間(約一ヶ月)に行われた、大坂城の堀埋立に功績があった。ウィキ秋元泰朝によれば、『豊臣氏滅亡後の残党狩りも行っている』。寛永五(一六二八)年、『父・長朝の死により家督を相続』、寛永十年、『甲斐国東部の郡内地方を治める谷村藩の城代として』一万八千石に封ぜられ、寛永十三年には、『日光東照宮の造営で総奉行を務め』ている。永朝から五代前に当たる。因みに本話中の「此時十八歳なりしとぞ」「無雙の若者」というのはおかしい。埋め立ての奉行となった当時、彼は満三十四歳である。

「大阪御和睦のとき總堀を埋る奉行たりし」これは家康と秀頼の第一次攻防戦であった冬の陣の際に行った巧妙な機略で、徳川方は、条件として出して豊富方が吞んだ大阪城の「外堀」を埋めるという要件を、「総堀」に読み替えて次期攻略の礎としたのであった。この辺りから夏の陣への経緯は、近世史に疎い私でもすこぶる面白く読める「歴史年代ゴロ合わせ暗記」の大阪夏の陣がよい。

「堀は埋まじき」「うむまじき」と読み、ここは不可能の推量である。和議の条件を逸脱して、内堀を含む総堀を埋めることは、途中で豊臣方からの抗議も入るであろうから、多大な労力と短時間の作業が要求され、とても「総堀を埋めることは出来まい」、次期攻略のために可能な限りの堀を埋めればよかろうといったニュアンスで家康は言ったのであろう。

« 譚海 卷之一 出雲國造の事 | トップページ | 橋本多佳子句集「命終」  昭和三十三年 白鳥行 »