フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子句集「命終」  昭和三十三年 祇園祭 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第四章 江ノ島巡禮(一) »

2015/06/16

橋本多佳子句集「命終」  昭和三十三年 乗鞍嶽行

 乗鞍嶽行

 

砂利採りが砂利にまぎれて木曽青し

 

鮎の底流木曽となる荒性見せ

 

[やぶちゃん注:この句、詠の対象は分かる気がするものの、どう切ってよいのか、私にはよく分からぬ。]

 

昼寝部落よ屋根にみな石重く

 

杏子熟れ落つ飛驒つ子の重瞼(おもまぶた)

 

青田豊年定紋頑(がん)と飛驒の倉

 

山のバス駿雨に合歓の紅の惨

 

緑山中下りがあつて車輪疾し

 

真つ昼の照燈霧の盲目バス

 

一燭のわが寝(い)に霧の窓をおき

 

いなびかり雪溪二重ガラスの外

 

靴に踏み固しもろしこれが雪溪

 

-瞬の日にも柔らぎ雪溪照る

 

雪溪に手袋ぬぎて何を得し

 

大雪溪太陽恋ひの顔あぐる

 

雪溪にひろふ昆虫の片翅を

 

蝶蜂の如雪溪に死なばと思ふ

 

残りて汚れて雪溪日曝し霧曝し

 

摂理の罅走る雪溪滅びのとき

 

霧の嶽上わが背に鳴るはわが翼

 

身伏せれば地ややぬくし霧押しくる

 

霧去つて魔王嶽南雪溪垂り
 

[やぶちゃん注:「魔王嶽」は乗鞍二十三峰の一つ魔王岳。標高二千七百六十メートル。]

 

死を遁れミルクは甘し炉はぬくし

 

炉にかはき額にかたまる霧の髪

 

   颱風に襲はれ山小屋に數日寵る。

 

青林檎の青さ孤絶の山小屋に

 

豪雨中雪溪真白(しんぱく)以て怺ふ

 

[やぶちゃん注:「怺ふ」は「こらふ」と読み、「堪(こら)ふ」に同じい。]

 

雪溪がごつそり瘦せて豪雨晴れ

 

登山荘煙吐き吐く我らこもり

 

   一行中七〇歳の老婆あり。

 

避難下山負はれて老いの顔高く

 

いまは花野決壊の傷天に懸け

 

[やぶちゃん注:底本年譜の昭和三三(一九五八)年七月の条に(十八日以降)、『「流域」の松山利彦に誘われて乗鞍嶽に登る。誓子、利彦ら同行。高山で一泊し、翌朝三千米級の乗鞍三兆近くまで到着。借用の登山服、登山靴で、生まれて初めて雪渓を踏み感激する。乗鞍での二日目に台風に遭う。道路決壊し、下山路は途絶。下山不能。山上の山小屋で缶づめとなる。心臓発作おこる。新聞に「病人一人出る。」と出たが、多佳子のことであった。三日後、平湯山嶽部員やリーダーの松井利彦の力により、ザイルを伝い、六里』(凡そ二十四キロメートル弱)『の道を歩いて平湯に下りる。美濃白鳥、郡上八幡を経て岐阜に出』た、とある。当時、多佳子五十九歳。かなりハードな経験である。]

« 橋本多佳子句集「命終」  昭和三十三年 祇園祭 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第四章 江ノ島巡禮(一) »