フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« アリス物語 ルウヰス・カロル作 菊池寛・芥川龍之介共譯 (五) 芋蟲の忠告 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第四章 江ノ島巡禮(一七) »

2015/06/24

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第四章 江ノ島巡禮(一六)

        一六

 

 この珍らしい町の終端に、また鳥居がある。木の鳥居で、そこへは一層の急阪がある。阪の下に奉納の石燈籠、小さな井と石の手水鉢がある。參詣者は、手水鉢で手を洗ひ、口を漱ぐ。大きな白い漢字を書いた靑手拭が、傍に吊つてある。私は晃に文字の意味を尋ねた――

 『奉獻と漢字では、音讀しますが、日本語ではそれを獻じ奉ると讀むのです。この手拭を恭しく辨天に捧げ奉るといふ意味なので、皆これは寄進と申して、色々の種類があります。手拭を寄進する者もあれば、繪畫を寄進するのもある。瓶や、提燈や、唐金の燈籠や、石燈籠もある。普通、神樣に祈願をかける時には、そんな寄進の誓ひを立てます。よく鳥居の寄進を誓約しますが、その大いさは献げる人の富の度合によります。非常な富豪は、あの、こゝの下にある、江ノ島の門のやうな、唐金の鳥居を献上するのもあります』

 

 『いつ馬も日本人は、神樣への誓約を守りますか?』

 

 晃は可愛い微笑を洩して、私に答へた――

 『もし祈願が叶つたら、立派な金屬製の鳥居を建てることを誓つた人がありました。して、その人は思ひ通りに願が叶つたのです。すると、三本の極く小さな針で鳥居を建てたさうです』

 

[やぶちゃん注:「唐金」老婆心乍ら、「からかね」と読み、青銅のこと。中国から製法が伝わったことによる。]

 

Sec. 16

This curious street ends at another torii, a wooden torii, with a steeper flight of stone steps ascending to it. At the foot of the steps are votive stone lamps and a little well, and a stone tank at which all pilgrims wash their hands and rinse their mouths before approaching the temples of the gods. And hanging beside the tank are bright blue towels, with large white Chinese characters upon them. I ask Akira what these characters signify:

'Ho-Keng is the sound of the characters in the Chinese; but in Japanese the same characters are pronounced Kenjitatetmatsuru, and signify that those towels are mostly humbly offered to Benten. They are what you call votive offerings. And there are many kinds of votive offerings made to famous shrines. Some people give towels, some give pictures, some give vases; some offer lanterns of paper, or bronze, or stone. It is common to promise such offerings when making petitions to the gods; and it is usual to promise a torii. The torii may be small or great according to the wealth of him who gives it; the very rich pilgrim may offer to the gods a torii of metal, such as that below, which is the Gate of Enoshima.'

'Akira, do the Japanese always keep their vows to the gods?'

Akira smiles a sweet smile, and answers: 'There was a man who promised to build a torii of good metal if his prayers were granted. And he obtained all that he desired. And then he built a torii with three exceedingly small needles.'

« アリス物語 ルウヰス・カロル作 菊池寛・芥川龍之介共譯 (五) 芋蟲の忠告 | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第四章 江ノ島巡禮(一七) »