フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第四章 江ノ島巡禮(八) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第四章 江ノ島巡禮(一〇) »

2015/06/22

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第四章 江ノ島巡禮(九)

 
 
       九

 

 私共が進んで行くにつれて、道は高い崖の間を曲つて、狹くなり陰氣になつた。『おい待て!』と私の佛教信者なる案内人は、優しく車夫を呼んだ。して、私共の二臺の車は、巨樹の葉陰から洩れて、古い苔の蒸した阪に照る一筋の日光の中へ停まつた。『こゝに冥途の王の寺があります。閻魔堂と云ひます。寺は禪宗に屬し、禪王寺といひ、七百餘年を經てゐて、有名な像もあります』と友は云つた。

 私共は堂の立つてゐる小さな境内へと登つた。石段の頂に、右手に當つて、古碑があつた。閻魔堂といふ意味の漢字が、花崗石に一寸深く刻んであつた。

 この寺は外景内觀とも、私共が是まで訪ねた寺々に似てゐた。鎌倉の釋迦や地藏の寺と同じく敷石の床だから、入るのに靴を脱ぐに及ばない。一切のものが磨損し、くすんで、模糊たる灰色を呈し、黴びた臭が鼻を衝く。柱の彩色は夙に剝げて、生地が露はれてゐる。左右の高い壁を後ろにして、九個――一方に五個、他方に四個――の獰猛な像が並んで聳えてゐる。喇叭のやうな飾の着いた、奇怪な冠を披つて、灰色に古び、私が久保山で見た閻魔像に非常によく肖てゐるので、『これは皆閻魔か?』と私は尋ねた。『いえ、十王といいつて、閻魔の從者です』と案内者が答へた。『でも、たゞ九個ではないか?』と私が問ふた。『九個と閻魔と併せて十王となるのです。まだ閻魔を御覽になつてゐませんよ』

 閻魔は何處に?室の奧の方に、階梯のついた高座の上に壇が見えた。が、像は無くて、普通佛壇にある、金塗りの眞鍮又は漆塗りの器物だけあつた。壇の後ろには、たゞ方六尺許りの幕が見えた。甞ては暗紅色であつたのが、今は殆ど判然たる色もなく、床の間を蔽ふてゐるらしく思はれた。番人がきて、私共を導いて高座へ上らせた。その疊を敷いた處へ上るに先つて、私は靴を脱ぎ、幕の前、壇の背後へと番人について行つた。彼は身振りで私に知らせて、長い竿で幕をもたげ覗かせた。その陰氣な幕で蔽はれてゐた、不思議さうな、深い眞暗の裡から、忽然一つの姿が私を睥睨した。一見私は覺えず飛び退いた――一切の期待に超えた怪物の顏。

    註 一つの痛快な日本の諺がある。そ

    の諧譃の充分なる意義に、諺の文句に

    指した像の藝術的表現を見た人でなく

    ては、味到し難い『借るときの地藏顏、

    濟すときの閻魔顏』

 素敵に威嚇的な恐ろしい顏で、赤熱の鐡が灰色に冷めかかつたやうな鈍赤色を呈してゐた。最初の激感は疑もなく、幕を上げて急に暗黑から現れた、幾らか芝居じみた方法に多少は基いてゐるが、驚愕の消え去るにつれて、私はこの像の凄い彫刻家の意想の偉大なる力、その神祕なる根原を認め出した。この作品の不思議は、虎のやうなしかめ顏、怒つた口の猛烈さ、または頭全部の兇暴と怖しい色に存するのでなく、眼――惡夢の眼に宿つてゐるのだ。

 

[やぶちゃん注:「禪王寺」原文“Zen-Oji”。本寺は建長寺の向い、小袋坂坂上にある円応寺(えんのうじ:新居(あらい)閻魔堂・十王堂とも呼称する。臨済宗建長寺派で古くは現在の材木座、由比ヶ浜直近にあった。)の誤りであるが、「えんのうじ」の発音は「えんおうじ」ともなり易く、文字自体が普通はそう読みがちであるから、この場合、晃がかく発音し、それをローマ字に移し取った際、“En-O-ji”となり、直前で“Zen sect—”と記したのに引っ張られたものと考えると腑に落ちる。

「一寸深く」これは「ちよつとふかく」ではなく、「いつすんぶかく」であるので注意。「一寸」は三・〇三センチメートルである。但し、原文は“an inch deep”であり、一インチは二・五四センチメートルであるから、厳密には「八分(はちぶ)」或いは「九分(くぶ)」と訳すべきところではある。

「七百餘年」円応寺の前身である旧新居閻魔堂の創建は建長二(一二五〇)年と伝えるから、この明治二三(一八九〇)年から遡ること六百四十年であるが、この手の数字はえてして事大主義の寺側からドンブリ勘定で伝えられたものであることが多いから、問題とするには及ばぬ。

「久保山で見た閻魔像」不詳。久保山墓地(既注)のどこでどのような閻魔像を見たものか? ネットで調べる限りでは縁が分からぬ。八雲が久保山で見た閻魔像――識者の御教授を、是非とも乞う。

「方六尺」約一・八二メートル四方。以下、当時の拝観時の演出が偲ばれて、すこぶる興味深いシーンである。

「借るときの地藏顏、濟すときの閻魔顏」老婆心乍ら、「借る」は「かる」で、「濟す」は「なす」と訓ずる。物を借りる折りには下手に出てにこにしているが、いざ、返済する段になると渋い顔になることの譬え。「借る時の恵比須顔」ともいう。

「鈍赤色」「にびあかいろ」と訓じていよう。灰色がかった赤の意であるが、原文の“dull red”は暗褐色のこと。]

 

Sec. 9

As we travel on, the road curves and narrows between higher elevations, and becomes more sombre. 'Oi! mat!' my Buddhist guide calls softly to the runners; and our two vehicles halt in a band of sunshine, descending, through an opening in the foliage of immense trees, over a flight of ancient mossy steps. 'Here,' says my friend, 'is the temple of the King of Death; it is called Emma-Do; and it is a temple of the Zen sect—Zen-Oji. And it is more than seven hundred years old, and there is a famous statue in it.'

We ascend to a small, narrow court in which the edifice stands. At the head of the steps, to the right, is a stone tablet, very old, with characters cut at least an inch deep into the granite of it, Chinese characters signifying, 'This is the Temple of Emma, King.'

The temple resembles outwardly and inwardly the others we have visited, and, like those of Shaka and of the colossal Jizo of Kamakura, has a paved floor, so that we are not obliged to remove our shoes on entering. Everything is worn, dim, vaguely grey; there is a pungent scent of mouldiness; the paint has long ago peeled away from the naked wood of the pillars. Throned to right and left against the high walls tower nine grim figures—five on one side, four on the other—wearing strange crowns with trumpet-shapen ornaments; figures hoary with centuries, and so like to the icon of Emma, which I saw at Kuboyama, that I ask, 'Are all these Emma?' 'Oh, no!' my guide answers; 'these are his attendants only—the Jiu-O, the Ten Kings.' 'But there are only nine?' I query. 'Nine, and Emma completes the number. You have not yet seen Emma.'

Where is he? I see at the farther end of the chamber an altar elevated upon a platform approached by wooden steps; but there is no image, only the usual altar furniture of gilded bronze and lacquer-ware. Behind the altar I see only a curtain about six feet square—a curtain once dark red, now almost without any definite hue—probably veiling some alcove. A temple guardian approaches, and invites us to ascend the platform. I remove my shoes before mounting upon the matted surface, and follow the guardian behind the altar, in front of the curtain. He makes me a sign to look, and lifts the veil with a long rod. And suddenly, out of the blackness of some mysterious profundity masked by that sombre curtain, there glowers upon me an apparition at the sight of which I involuntarily start back—a monstrosity exceeding all anticipation—a Face. [5]

A Face tremendous, menacing, frightful, dull red, as with the redness of heated iron cooling into grey. The first shock of the vision is no doubt partly due to the somewhat theatrical manner in which the work is suddenly revealed out of darkness by the lifting of the curtain. But as the surprise passes I begin to recognise the immense energy of the conception—to look for the secret of the grim artist. The wonder of the I creation is not in the tiger frown, nor in the violence of the terrific mouth, nor in the fury and ghastly colour of the head as a whole: it is in the eyes—eyes of nightmare.

 

5 There is a delicious Japanese proverb, the full humour of which is only to be appreciated by one familiar with the artistic representations of the divinities referred to: Karutoki no Jizo-gao, Nasutoki no Emma- gao.

   'Borrowing-time, the face of Jizo;

  Repaying-time, the face of Emma.'

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第四章 江ノ島巡禮(八) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第四章 江ノ島巡禮(一〇) »