フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« カテゴリ「村山槐多」始動 / 「槐多の歌へる」  村山槐多 詩 「二月」  | トップページ | 靑色廢園   村山槐多 »

2015/06/26

童兒群浴   村山槐多

  童兒群浴

 

黑き玻璃の山脈、赤き血の滴

げせぬ鋭どき天のときの聲

これらみな紫の異常になげく

夏の午後の一とき

薄紫、赤、黄は透明を傳染し

天地にみなぎりたり

硫黄泉は地底をつたふ

美しき湯氣の香はする

 

この時太陽は血潮の「能」を舞ひ

この時童子等は大川に喜戯す

紫の渦卷きに

うつれる空に喜戯せり

 

黄金の童子等は赤く笑へり

一瞬にして食人びとにとらはるゝばかりの恐れ

おしかくし勇ましく大笑す

天と地とうつしし水に

 

げに金屬の童子等は

怪しく燒けしその頰に

無窮の笑を帶ばしめつ水にとび入り

爬蟲の如く戯むれつ

 

かくも眺めてわが胸は

薄靑き珠玉の汗を宿し

この現象の惰さに全神經は

焦げはてゝじつとをのゝく

 

童子の腹赤く輝やく

五、六、七、美しき河水のそばに

おう赤き童子の群よ

太陽の祖先の如き赤さもて

 

眞赤に童子は喜戯せり

黑き玻璃の山脈にほの赤き幻燈うつる

血の滴(しづく)、低き天つたひてゆけば

天のときの聲もゝのうく消えぬ

 

寶玉の如、ものみなは輝やけり

さんらんたる思ひかや我をとり

わが眼をして大川の淺き底をも

深き天遠くに舞へる太陽をも慕はしむるは、

 

 

[やぶちゃん注:最終連最終行末尾の読点はママ。「全集」では句点。

« カテゴリ「村山槐多」始動 / 「槐多の歌へる」  村山槐多 詩 「二月」  | トップページ | 靑色廢園   村山槐多 »