フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 橋本多佳子句集「命終」  昭和三十三年 岩山 | トップページ | 橋本多佳子句集「命終」  昭和三十三年 乗鞍嶽行 »

2015/06/16

橋本多佳子句集「命終」  昭和三十三年 祇園祭

  祇園祭

 

白炎天鉾の切尖深く許し

 

太鼓の音とびだす祇園囃子より

 

鉾の稚児袖あげ舞ひて衣裳勝ち

 

炎天の眼に漲りて鉾の紅

 

眼前の鉾の絢爛過ぎゆくもの

 

鉾の後姿コブラン皇妃灼け放題

 

地車止り祇園囃子のとどこほる

 

鉾曲る前輪ぎぎと挺子を嚙み

 

鉾過ぎし炎天架線工夫吊り

 

帰り山車(やま)走せて徒足(かちあし)脛揃ひ

 

[やぶちゃん注:底本年譜の昭和三三(一九五八)年七月の条に、『十三日、京都祇園の八坂神社の祭礼である祇園会に行き、宵山を見る。翌十七日に山鉾の巡行を見る』とある。私は祇園祭を見たことがないが、とあるテレビ番組で如何にも古いゴブラン織りのタペストリーが山鉾の装飾にあるのを見たことがあった。今回、調べて見ると、く~にゃん氏のブログ「く~にゃん雑記帳」の<祇園祭㊤> 豪華な懸装品 400年前のベルギー製タペストリーも!の記事によって、ベルギーのフランドル地方で凡そ四百年も前に製作されたものらしいことが分かった。しかもそれは伊達政宗が派遣した慶長遣欧使節団の支倉常長が、一六一五(慶長二〇)年一月に謁見したローマ教皇パウロ五世から下賜された五枚の内の三枚が裁断されて使用されているのではないかといわれているとあった。リンク先では写真も見られる。]

« 橋本多佳子句集「命終」  昭和三十三年 岩山 | トップページ | 橋本多佳子句集「命終」  昭和三十三年 乗鞍嶽行 »