フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十九章 一八八二年の日本 武術の演技を見る | トップページ | 譚海 卷之一 出雲國造の事 »

2015/06/13

毛利梅園「梅園魚譜」 海鷂魚(ツバクロエイ)

〔海産。無鱗。〕

海鷂魚(ヱイ)〔一種。〕

 〔ヨマサヱイ。〕

 

  脊圖

Tubakuroei1

 

同 腹圖

Tubakuroei2

 
 乙未南呂(なんりよ)廿二日、行德の

 魚商、善、持り來たる。之を得て、

 眞寫す。

[やぶちゃん注:「梅園魚品図正」巻二より(掲げたのは国立国会図書館デジタルコレクションの「梅園魚品図正」の中の当該保護期間満了画像)。軟骨魚綱トビエイ目ツバクロエイ科ツバクロエイ Gymnura japonica 。成体では体盤全長(前後の尾先までの長さ)約一メートルに達し、盤状の体は横に長い菱形を呈する。体盤幅は全長の凡そ一・五から二倍になる。背・腹面ともに円滑で、毒棘を持った尾部は非常に短く(体盤全長の半分しかないことを特徴とする)、鞭状を成しており、尾部腹部側には五~六本の黒色帯がある。暖海性のエイで、南日本から東シナ海にかけて分布する(本邦には他に近縁種のオナガツバクロGymnura poecilura (尾部が長く、体盤の長さとほぼ同長であることで判別は容易である)の計二種が分布する。以前、別種とされていたメガネツバクロはツバクロエイと同物異名であることが判明している)。両種とも胎生で春に八尾程度の子を産む。底引網で漁獲され、本邦では練り製品の原料にする。和名は体盤が広く、燕が飛ぶように見えることに由来する(英名は“butterfly ray”。以上は複数の辞書類を参考にした)。

「無鱗」サメ・エイなどの軟骨魚類は鱗がないわけでは実はない。彼らのそれは楯鱗(じゅんりん)と呼ばれる退化した鱗で、真皮から突出した象牙質をエナメル質が覆っおり、構造的には歯とよく似ている。サメではこれが密集するために所謂、ざらざらした鮫肌を形成しているが、エイでは散在している。

「海鷂魚」「鷂」は音「エウ(ヨウ)」で、鳥綱タカ目タカ科ハイタカ属ハイタカ Accipiter nisusを指す。形状と遊泳の様からの合字であろう。鳥の鷂(はいたか)は「疾き鷹」が転じて「ハイタカ」となった。かつては「はしたか」とも呼ばれ、元来は「ハイタカ」はハイタカのを指し、体色が異なるを別に「コノリ」と呼んだ。「大言海」によれば「コノリ」の語源は「小鳥ニ乘リ懸クル意」であるという(ハイタカについてはウィキハイタカ」に拠った)。なお、エイは漢字では他に「鱏」「鱝」「鰩」などとも書く。

「ヨマサヱイ」望月賢二監修「魚の手帖」では地方名として「アミガサエイ」(和歌山)・「チョウエイ」(富山。英名と同じである)・ヨコサエイ(和歌山)などが載るが、本記載の「マ」は良く見ると、なぞった(訂正した?)感じに墨色がこの字だけ濃く、「コ」のようにも見えなくはない。孰れにせよ、これは「ヨコサヱイ」が正しい(少なくとも「ヨマサエイ」ではネット検索が掛からない)。

「乙未南呂廿二日」「南呂」は陰暦八月の異名。従ってこれは天保六年八月二十二日で、グレゴリオ暦では一八三五年十月十三日である。

「行德の魚商、善」既出。梅園御用達の魚屋。魚善(うおぜん)の若旦那の方であろう。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十九章 一八八二年の日本 武術の演技を見る | トップページ | 譚海 卷之一 出雲國造の事 »