フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ブログ開設10周年記念 夢野久作「氷の涯」 PDF縦書版 | トップページ | 甲子夜話卷之一 43 了円翁、公家の事 »

2015/07/06

譚海 卷之一 隱岐國燒火權現の事

 隱岐國燒火權現の事

○隱岐國(おきのくに)に燒火權現(たくひごんげん)とてをはしますは、甚(はなはだ)神靈有る事也。海舶(かいはく)暗夜(やみよ)に方角を忘却したる時、此神を念ずれば海上に火光(くわくわう)を現す。その光に就(つき)て舶(ふね)をやれば、人家島嶼(たうしよ)に至るとなり。此(この)神往古(わうこ)は出雲國たくしまと云(いふ)所にをはしませしが、後鳥羽院隱岐へ遷幸の時、神もともにうつりをはしまして、たくしまは御旅所のごとく荒廢數百年に及べり。寶曆元年三月燒火權現出雲の國人(こくじん)の夢に示しての玉(たま)ふやう、久しく隱岐國におはせしが、此度(このたび)更に出雲へ歸りすませ玉(たま)ふべき也。されどもその驗(しるし)なくしては人(ひと)信ずまじければ、あらたなるしるしをみせ給ふべきよし、同時に人々夢にみけり。右たくしまの舊所の社前に鰐淵山(がくえんざん)とて、武藏坊辨慶學問せし所の山有(あり)。その山に手をたてたるやうなる磐石(ばんじやく)のさし出(いで)たる有(ある)しが、一夜(いちや)半腹(はんぷく)より打折(うちおり)たるやうにかけて谷へまろび落(おち)たり。此ひゞき一國に震動して、人大(おほい)に駭(おどろ)き噪(さは)げり、是(これ)權現の還り住(すま)せ給ふしるし也。其後荒廢の地はにぎはひ、隱岐國は寂寞(じやくまく)の地に成(なり)かへりたりとぞ。

[やぶちゃん注:「燒火權現」島前の西ノ島、現在の島根県隠岐郡西ノ島町の南にある西ノ島の最高峰焼火山(たくひやま:標高四百五十一・七メートル)八合目近くに鎮座する焼火(たくひ)神社。廃仏毀釈までは焼火山雲上寺(たくひさんうんじょうじ)と号した真言宗修験道の霊場で、航海の安全を守る神として遠く三陸海岸まで信仰を集めた。ここはウィキの「焼火神社によったが、焼火神社公式サイトも非常に豊富なデータを与えてくれ、必見なのであるが、気になるのはこの「譚海」に出る伝承自体が少なくとも現在の焼火信仰のオーソドックスな伝承ではないと思われる点である。以下の、「鰐淵山」以降「たくしま」などの一連の話が、上記二箇所の情報の中に殆んど出てこない点である(後者にある「西ノ島町誌」の「史跡と伝承」パートに黒木御所国分寺論争の中に「国分寺説」の根拠にとなった史料として「送進鰐渕寺文書等目録」が挙げられている)。底本の竹内氏の注には、鰐淵山は島根県出雲市別所町の『意保美小川の谷にあり、鰐淵寺がある。鰐淵山の岩上に出雲神社(諏訪明神)があり、傍に大きい立岩もある。この辺にタクシマの地名はないが、焼島(たくしま)は大根島』(だいこんじま:島根県東部の中海(なかうみ)の中央にある島)『の旧名で、隠岐の焼火権現が一時ここにとどまられたからという伝承があった』と記しておられる。即ち、この「譚海」に語られた伝承は、北は隠岐から旧出雲地方を自由自在に渡り歩いた永い時間の中で附会拡張された伝承――「焼火山縁起」にある一条天皇の御代(十世紀末から十一世紀初頭)に『海中に生じた光が数夜にわたって輝き、その後のある晩、焼火山に飛び入ったのを村人が跡を尋ねて登ると薩埵(仏像)の形状をした岩があったので、そこに社殿を造営して崇めるようになったと』(ウィキの「焼火神社)する古伝承に始まり、後鳥羽・後醍醐配流といった歴史的事実に修験道によって語られた種々の霊験が混淆して形成されたもの――であることが透けて見えてくるように思われる。

「出雲國たくしま」前の注の竹内氏の注の引用を参照。但し、竹内氏が同定されている大根島についてウィキ大根島には、『有史上は『出雲国風土記』に「たこ島」という名前で記載があり、奈良時代当時は牧場として土地利用されていたようである。その後、島の火山灰土質が高麗人蔘と牡丹の栽培に合っているので江戸時代より栽培が盛んになった』。『『出雲国風土記』には、杵築の御崎のたこを捕らえた大鷲がこの島に飛来したことにより「たこ島」と名付けられたとの言い伝えが紹介されている。たこから太根(たく)そして大根(たいこ)と変化して今に至る。一方、人参を大根とよびかえたのが島の名の由来という説もある』といった程度のことしか記されてはいない。さらに調べて見ると、確かにこの大根島にも焼火神社がある(大根島中心部最高峰の大塚山山頂)ことが確認出来たが、さたつ氏のブログ「大山周辺体感記2」の焼火(たくひ)神社島根県松江市八束町波入)」によれば(画像有り)、永正八(一五一一)年に『隠岐より勧請? 祭神は大日孁貴尊(天照大神の別名)。室町後期に火災に遭い、一旦三所神社へ。その後再建される事は無く小祠があるのみ』とあって、ここに記されるような、原焼火神社の遺構ではない。ここに記されるような原焼火神社が本当あったとは思われず、寧ろ、この永正の逆輸入が反転して出来た新しい伝承である可能性が高い。そもそもが後鳥羽院遷幸と一緒にという辺り、これ、如何にも胡散臭い。

「後鳥羽院隱岐へ遷幸の時」承久三(一二二一)年七月中旬。

「寶曆元年」西暦一七五一年。但し、この年は寛延四年十月二十七日に宝暦に改元されているので、正しくは「三月」は未だ寛延四年である。当時は第九代将軍徳川家重で、この年の六月二十日に父吉宗が逝去している。

「鰐淵山」現在の島根県出雲市で天台宗浮浪山鰐淵寺の背後にある(山名というより、この寺の名として知られているようである)。ウィキ鰐淵によれば、伝承では推古天皇二(五九四)年に『信濃の智春上人が当地の浮浪の滝に祈って推古天皇の眼疾が平癒したことから、同天皇の勅願寺として建立されたという。寺号の鰐淵寺は、智春上人が浮浪の滝のほとりで修行を行っている際に誤って滝壺に落とした仏器を、鰐がその鰓(えら)に引っ掛けて奉げたとの言い伝えから生じた。ここで言う「鰐」はワニザメを指すと言われる。なお、出雲市東林木町(ひがしはやしぎちょう)の万福寺(大寺薬師)も同様に』同一年に『智春の開山を伝えている。以上はあくまでも伝承であり、創建の正確な時期や事情は明らかでない。鰐淵寺の所在する島根県や隣の鳥取県は修験道・蔵王信仰の盛んな土地であり、当寺も浮浪の滝を中心とした修験行場として発展したものと思われる。浮浪の滝は鰐淵寺の入口から渓流を』五百メートルほど『さかのぼった地点にある。水量は少なく、滝壺の奥には蔵王堂が建つ』。『後白河法皇の『梁塵秘抄』に収録された今様に「出雲の鰐淵や日の御碕」と歌われており、平安時代末期頃には修験行場としても発展し日本全国に知られるようになったものと思われる』とあり、これは先に私が修験道の山伏らのネットワークによって本話柄が形成されたものであろうと推定したことを傍証するものと思われる。

「武藏坊辨慶學問せし」同じくウィキ鰐淵には「弁慶に関する伝承」の項があり、そこに、弁慶は仁平元(一一五一)年に松江に生まれ、十八の年より三年の間、この『鰐淵寺にて修行したとされる。その後、姫路の書写山圓教寺、比叡山と移り、更に源義経の家来となり義経に従い国内を転戦したが、壇ノ浦の戦いで平家を滅ぼした後再び鰐淵寺に身を寄せ、この際多くの伝説・遺品を残した。特に、弁慶が大山寺から一夜で釣鐘を運んだとの伝説は広く世に知られ、その際に持ち帰ったとされる』寿永二年(ユリウス暦一一八三年相当)の銘のある『銅鐘は国の重要文化財に指定されている』とある。]

« ブログ開設10周年記念 夢野久作「氷の涯」 PDF縦書版 | トップページ | 甲子夜話卷之一 43 了円翁、公家の事 »