フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 舊稿の中より   夢野久作 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」  長壽寺 »

2015/07/25

『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」  龜ケ谷阪

    ●龜ケ谷阪

龜(かめ)ケ谷阪(やつさか)は。鎌倉七切通の一にして。扇ケ谷と山之内との中間に在り。長壽寺より南折し行く阪路(はんろ)をいふ。即ち南を扇ケ谷。北を山之内とす。元弘三年五月新田義貞北條氏の兵と戰ひし舊蹟なり。

[やぶちゃん注:「元弘三年五月新田義貞北條氏の兵と戰ひし舊蹟なり」これは巨福呂坂の誤りと思われる。「太平記」には亀ヶ谷坂の記載はない。元弘三年五月十八日(ユリウス暦一三三三年六月三十日/グレゴリオ暦に換算すると七月八日に相当)、鎌倉攻略の初戦に於いて新田義貞は六十万七千余騎の軍勢を三手に分け、極楽寺坂・化粧坂・巨福呂坂の三方から攻撃を開始している。極楽寺坂には大館(おおたち)宗氏・江田行義を将として、巨福呂坂には堀口貞満・大島守之を将としてそれぞれ十万余騎、中央の化粧坂からは新田義貞と弟脇屋義助が攻勢をしかけていることが明記されてある。この巨福呂坂を現在の亀ヶ谷坂と考える説もあるやに聞くが、「鎌倉市史 考古編」の「鎌倉城跡」(聴き馴れないかも知れぬが九条兼実の日記「玉葉」に記されている呼称である)の「規模構造」の「ロ 切通及び支城」の「亀ケ谷切通」の項に『山ノ内に入った敵は、建長寺手前から長寿寺のわきを経て亀ケ谷坂に侵入する事が出来る。この道が尾根を切り通した亀ケ谷坂である。現在の切通は後世深く且つ広く改修したもので、当時は現在の切通の上方を狭い切通路が通っていた』から、当時のその『前方に逆茂木をならべ切通上に陣を敷いて待ちかまえたら、通ることは出来なかったろう』とあり、同じ険阻な切通しでも突き破れば一気に野戦から幕府建物への攻勢に持ち込める巨福呂坂に対し、より狭く、下っても左に迂回せねばならず、しかもその際に危険な尾根裾を行かねばならない亀ヶ谷ルートは私が大将なら選ばない。]

« 舊稿の中より   夢野久作 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」  長壽寺 »