フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« にぎやかな夕ぐれ(K.I に)   村山槐多 | トップページ | たそがれの美少女   村山槐多 »

2015/07/03

偏光   村山槐多

  偏光

 

わが眼美しき物に悦び

物みななべて照り輝やきにき

光は泣く事なく

物體は悦びにき

 

されどこの彫刻めきてなつかしき豪奢の時は

いつしか過ぎわが眼に美しき物は

漸(や)うやくに兇惡の相を帶び

光は泣きしきる

 

天地は睨みし

物みなすべて寫樂が眼ざしを悦び

やつれたり

わが眼の周圍に

 

ある遊歩の時われはわが眺望の頽廢を

もたらせしを見出しぬ

いと憎くいとうらかなし

こはわれの戀人なりき、

 

わが見る物は美しくみな照り輝き

光は豐にして孔雀石の色を帶びにき

すべて圓滿にして佛の如く

すべて豐年の樂しさを具へにき

 

されどこの彫刻めきてなつかしき豪奢の時は

いつしか過ぎ去り

美しき物はすべて狂氣し泣きうめきたり

すべて陰險と兇惡とを具へたり

 

天地は美しき惡漢となり

ものみな寫樂の描きたる眼を具へたり

たくましき物はやつれ進み

樂しき物は泣かんとしたり

 

この雨の落る時薄紅のくれがた遊歩の時

われは見出づこの眺跳(ちやうちやう)の頽廢をもたらせし物

ああいと憎くいとかなしけれども

そはわれの戀人なりき

 

 

[やぶちゃん注:「全集」で、まず不思議なのはここでは「頽廢」を「頽廃」とせずに、正字で示している点である。以前の詩篇では新字化しているのにも拘わらず、である。ここを「全集」の新字というコンセプトを外してまで特別に「廢」にしなければならない理由が私には見当つなないのにも拘わらず、である。

「この雨の落る時薄紅のくれがた遊歩の時」ここは「全集」では、「この雨の落る時 紅のくれがた遊歩の時」となっている。これはもう由々しき誤植(脱活字)で話にならない。しかも編者の異なる改造文庫(草野心平編)でも全く同じく一字空きとなっているのは一体どいうことか!!

「眺跳」不詳。――「この眺跳の頽廢をもたら」したのは、ああっ!……「憎く」もあり、痛く「かなし」と感ずるのだ「けれども」、何と……それを「もたら」したものは、かの「われの戀人」であったのだ!――という詩想から考えれば、この「眺跳」は「わたし」の切に惹かれ愛する「戀人」であるわけであるからして、「眺跳」はその対極としてのネガティヴな意味でなくてはならない。とすれば、例えば「佻佻」(てうてう/ちょうちょう:行くも労苦に耐へ得ざる姿・浅はか・軽薄・輕佻浮薄の意)などが私には想起はされるが。識者の御教授を乞うものである。]

« にぎやかな夕ぐれ(K.I に)   村山槐多 | トップページ | たそがれの美少女   村山槐多 »