フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十九章 一八八二年の日本 諺対照 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十九章 一八八二年の日本 家相 »

2015/07/23

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十九章 一八八二年の日本 本の巻号について

 日本人は本の巻頭に番号をつけるのに、普通の一二、三以外に他の漢字を使用する。例えば三巻の書物があると、彼等は「上」「中」「下」を意味する漢字を使用し、二巻ならば「上」と「下」とを使用する。又、三巻の書物に「天」「地」「人」を意味する漢字を使用することもあり、二巻を「北西」「北東」を意味する漢字であらわすこともある。一般に何冊かの番号をつける時、番号に「巻物」を意味する漢字を前置する。これは古代書物が巻物の形をしていたからで、我々の Volume という語も、同じ語原を持っている。日本の十二宮は、我々と同じく動物の名で呼ばれる。磁石もまた十二宮を持つ十二の方位に分たれ、北は「鼠」、東は「兎」、南は「馬」、西は「鳥類」である。これ等の大きな方位の間に、二つの中間方位があり、北東に対して彼等は「丑虎」なる名を持つ。

[やぶちゃん注:これも分かり易いので原文を示す。

   *

In numbering the volumes of their books, besides the usual 1, 2, 3 the Japanese use other characters. For example, if there are three volumes they use the characters for "above," "middle," "below"; if there are two volumes, "above" and "below"; or for a work of three volumes they may use the characters meaning "heaven," "earth," and "man"; two volumes may be designated by characters meaning "northwest" and "northeast." It is customary in the case of a number of volumes to preface the numbering by a character which means "roll," as in ancient times the books were in form of rolls; our word "volume" has the same origin. The Japanese signs of the zodiac are called after the names of animals, as with us. The compass is also divided into twelve points with the signs of the zodiac; north, being "rat"; east, "rabbit"; south, "horse"; west, "birds." There are two intermediate points between these greater ones, and for northeast they have the name "bull-tiger."

   *

『二巻を「北西」「北東」を意味する漢字であらわす』「北東」はモースの勘違いで「南西」である。易の卦(け)で天と地を指すところの乾(ケン:戌亥(いぬい)/北西)と坤(コン:ひつじさる(未申)/北東)で、しばしば上下二巻の呼称となる。恐らくモースは対称位置で同音でもある艮(コン:うしとら(丑寅)/北東)と勘違いしたものであろう。

「我々の Volume という語も、同じ語原を持っている」英語のそれもラテン語の“volvere”(渦巻く・書巻を繙(ひもと)いて読む)に由来するらしい。]

« 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十九章 一八八二年の日本 諺対照 | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十九章 一八八二年の日本 家相 »