フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 譚海 卷之一 肥前國水上山安德帝開山たる事 | トップページ | 夢野久作 定本 獵奇歌 (Ⅶ) »

2015/07/24

甲子夜話卷之一 44 新太郎どの旅行に十三經を持せらるゝ事

44 新太郎どの旅行に十三經を持せらるゝ事

新太郎少將、旅行の時は、前行の諸武具は、世の作法通りにして、駕の先へ十三經の筥をわくに納(イ)れ、着料の具足櫃と同く持せしとぞ。

[やぶちゃん注:「新太郎」備前岡山藩初代藩主の外様大名池田光政(慶長一四(一六〇九)年~天和二(一六八二)年)の通称。元和九(一六二三)年、第三代将軍徳川家光の偏諱を受けて光政と称する。姫路から鳥取を経て岡山に入城、三十一万五千余石を領した。幼時より学を好み、中江藤樹に師事、藤樹没後は熊沢蕃山を国政顧問として重用した。諸制を改革、文武を奨励して藩政改革に尽力、外様乍ら、幕府も一目置いていた名君として知られる。

「前行」「ぜんかう(ぜんこう)」貴人の外出の際に行列の先に立つ役方。

「十三經」「經」は「けい」とも「ぎやう(ぎょう)」とも読む(私は仏典と区別するために「けい」と読むことにしている)。宋代に定められた儒家の基本的経典とされる十三種。「周易」(易経)・「尚書」(書経)・「毛詩」(詩経)・「周礼(しゆらい)」・「儀礼(ぎらい)」・「礼記(らいき)」・「春秋左氏伝」・「春秋公羊(くよう)伝」・「春秋穀梁(こくりよう)伝」・「論語」・「孝経」・「爾雅(じが)」・「孟子」。

「筥」「はこ」。

「わく」不詳。完全密封式の葛籠ではなく、枠張りの箱外から中身の見えるもののことか。

「着料」「きれう/ちやくれう(きりょう/ちゃくりょう)」。衣服。

「具足櫃」「ぐそくびつ」。甲冑を入れておくための蓋付きの箱。]

« 譚海 卷之一 肥前國水上山安德帝開山たる事 | トップページ | 夢野久作 定本 獵奇歌 (Ⅶ) »