フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 陰萎人の詩句Ⅱ   村山槐多 | トップページ | 夢野久作 定本 獵奇歌 (Ⅱ) »

2015/07/19

恐らく未だ嘗て並んで掲げられたことがないであろう村山槐多の「陰萎人の詩句」二篇を並べてみた

ここで既に公開し、注も附したが、ここで並べておきたくなった(専ら村山槐多自身のために)。但し、「Ⅰ」についてはハンセン病患者に対する謂われなき差別感覚が含まれいているので、当該公開記事の私の注を必ず参考にされ、そうした部分に対しては批判的視点を持ってお読み戴くようお願いする。


 

  陰萎人の詩句

 

XSに、

ああ、あなた、美しい眼のひと

薔薇の根から見た靑空の樣に美しい眼の持主、

それはほんとですか、

あなたが、この美しいうらわかい女が

生身から引はがした孔雀の皮の樣に美しい人が、

滴る血の樣に生々したあなたの樣なお孃さんが

まつたくなのですか

ほんとですか、ほんとですか

ああ、あなたのとろめく眼ざし、死なぬ螢、

ああ、あなたの輝く唇、熱あるルビー石、

ああ、しなやかな全身につたの樣にからまつた、

あなたの若さと、やさしさと戀とたましひ、

ああまつたくほんとですか

あなたが、あなたが、あなたが、

ああ、あなたが

あの恐ろしい Rai-byo だと云ふ話は、

 

そんなことは大した事ではないが

ほんとですか、お孃さん、

うそでせう、

 

×鏡の中の自分に、

 

ほんとかね、おい、おい、おい、

この立派な靑年が

この美しい豐年のりんごが

ルネツサンスに居さうな智と健康とに輝いたこの男が、この美少年が、

この力士が、この少尉が、

ほんとかね、ほんまかね、

おい、おい、ほんとかね、

お前がたしかに、

Rai-byo で陰萎だと云ふ話は

 

うそだらう、    ――十二、二、

 

 

 

  陰萎人の詩句Ⅱ

 

  ×

草花のしぼむ樣に、

つかれてしぼむだわが□□よ、

  ×

しぼみしぼみゆく□□のうれひを

もみけす、酒、女、

オペラの音樂、

赤い松の木、

靑い空、

ああ、

  ×

ねむの木がさはつたらねむつた、

女よ、薄いガランスの絹布よ

わが□□をねむらせて、

  ×

顫へてしぼむ□□

氣體となりゆく寶石の柱、

  ×

喉をいためるとて

たばこをよす男を輕蔑す、

血をはくからとて

酒をのまぬ男をわらう、

しかし、

  ×

日が眞紅のベラを出す

女もベラを出す、

カフエの夕日、

さびし、かなし、

  ×

風はさぶし

わが顏お能の面のごとし

風に怒れ、

風を叱れ、

  ×

淸きあの女

ふさはしや

陰萎のわたしに

  ×

女は猩々の樣にあかくなつて

ソーダをすする、

魔女の休息だ

さて彼はいまだ飮みつづけて居る、

強いつよいコニヤツク

  ×

淺草の酒、

十二社のさけ

して代々木の酒、

うまい、いづれもうまし

  ×

血が出る

肺から

こはれたふいごから、

心から、
          
――一月二十二日

 

 

« 陰萎人の詩句Ⅱ   村山槐多 | トップページ | 夢野久作 定本 獵奇歌 (Ⅱ) »