フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 雨ふり   村山槐多 | トップページ | 樹下   村山槐多 »

2015/07/15

深夜の猿   村山槐多

 

  深夜の猿

 

私がめざめた

しつこく女と遊ぶ夢から

そしてがつくりとした

 

窓の外で

冷めたい霧が星をくもらせる

地に霜がしがみつく

かつちりと

 

で、まつくらだ

まつくらな眞の夜中だ

 

ふと、ぎよつとして私が起きた

 

はるか怪しい響がつたはる

霧と霧のはざまから

森の底の

遠い禽獸園から

はるかにきこえる

 

猿が一聲泣いたのだ

鋭どうさびしう

 

がたがたと私は身を顫はせた

深夜のこの一聲が

私の心の聲ときこえて

 

しばしば耳を澄ました

がそれつきりで

夜は深々とふけわたつた。

 

    ×

眞赤な花の咲いた

薔薇の木のとげにさされて

猿が一聲泣いた

その泣聲がとある日きこえた

美しい君の頰から

不思議で耐らぬ

 

    ×

うつくしき眼われを見守る

いつも、いづこにも

動かざる星の如く

消えざる幻の如く

過ぎざる時の如く

 

ああわれその眼のために動けり

をどれりはたらけり

その眼あればこそ

 

うつくしき眼よそなたの眼よ

 

いつも、いづこにも

うつくしき眼わが行なひを見守りて

時に晴れ時にくもる

 

うつくしき眼よ

 

 

[やぶちゃん注:「うつくしき眼よそなたの眼よ」この一行、「全集」では前の連の末尾に続いている。しかし底本を見ると、この前の「その眼あればこそ」の部分三三〇頁が終わって、見開き改頁で左頁の初めに本一行が示されているのであるが、版組を見ると明らかに「その眼あればこそ」の後には有意な行空きがあるとしか読めない。失礼乍ら、彌生書房版「村山槐多全集」はこうした細部の校訂がはっきり言って致命的に杜撰である。]

« 雨ふり   村山槐多 | トップページ | 樹下   村山槐多 »