フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」  最明寺の舊跡 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」  上杉憲方墓 »

2015/07/26

『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」  明月院

    ●明月院

明月院は。管領屋敷(くわんれいやしき)の北に在り。安房守上杉憲方の創立する所開山は密室守嚴(みつしつしゆげん)和尚なり。始は禪興寺の塔頭にして庵號を唱へしといふ。本尊は觀世音。腹内(ふくない)に小佛像數千を籠(こむ)るぞいふ、開山守嚴の像及ひ開基憲方の木像を安置す。瓶の井は院後に在り。鎌倉十井の一なり。其の後山を六國見と稱す。安房上總下總武藏相摸伊豆の六國を望見するを得るに因る

[やぶちゃん注:今や、知らぬ者とてない明月院であるが、あの盛況は戦後に紫陽花を植えてからのことで、「あじさい寺」という呼称も一九六〇年代後半頃からのものであろう。例えば、「鎌倉攬勝考卷之五」を見よう(私の注ごと引く)。

   *

明月院 禪興寺の東北にあり。古えは塔頭なれ、今は却つて禪興寺の方丈なりと唱ふ。建長寺領の内、三拾壹貫文の領を附せり。明月院領の事を、永祿二年、【小用原所領役帳】に、卅一貫九百七拾文、相州東部岩瀨の内今泉とあり。開山は密室守嚴和尚、大覺禪師の法孫なり。開基は上杉安房守憲方也。法名を明月院大樹道合と號す。應永元年十月廿四日卒、歳六十。本尊觀音腹中に、小佛像數千を納む。虛空藏と愛染の像といふ。其傳えを失ふ。開山の像を安ず。此寺地は、最明寺時賴が大廈の幽亭を構へし舊跡なり。北條氏滅亡し、此亭も荒廢せし跡へ、上杉憲方が當寺を造立せしものなりといふ。明月院の舊地は、憲方が塔窟の前なる畠地なり。

「永祿二年」西暦一五五九年。

「密室守嚴」(みっしつしゅごん ?~元中七/明徳元・康応二(一三九〇)年)は蘭渓道隆の五代目の法孫。

「應永元年」西暦一三九四年。

「大廈の幽亭」大きな構えの屋敷の隠居所。

   *

 

Meigetuinnzennkoujizennzu

 

序でに上に掲げたのは同所に添えられた「明月院並禪興寺旧跡」である。図の右奥の高台に「明月院方丈」、その直ぐ左手に「客殿」、そこから下った位置に先に出た「禪興寺佛殿」と平の時頼塔」が、その左手奥のやぐらのところに次に出る「上杉憲方之塔」と記されていあるようである。右下の横向きの文字は、「山ノ内往還」か? また、左下の岩窟の前(雲上)には、「岩窟二三あり/其いにしへの/矢倉なるにや/古墳なるか/しれず」とある(二行目は自信がない)。このやぐらは私はよく知らない。配置から見ると現在は個人の邸宅敷地内にありそうな感じである。……それにしても今や、紫陽花の頃にはこの人気なき侘しい田園風景の場所に、絵図の右手前(ちょうど現在の横須賀線が小川に平行すると考えればよい)から、整理券を持ってゾロゾロと人が並んでいるという訳である。……

「瓶の井」「つるべ」とも「かめ」とも呼ぶ。『岩を掘り貫いて作ったとみられる。特に伝説はないものの、現在も明月院の庭水などに使用されているため、十井の中でも貴重な存在といえる』(昭和五一(一九七六)年東京堂出版刊「鎌倉事典」の記載)ものである。]

« 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」  最明寺の舊跡 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」  上杉憲方墓 »