フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 夢野久作 定本 獵奇歌 (Ⅲ) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十九章 一八八二年の日本 大日本水産会での講演 »

2015/07/21

日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十九章 一八八二年の日本 蛆の集団移動と対捕食者防衛術

M626

図―626

M627

図―627

 

 ある朝私の召使いが、明らかに或る種の蠅の蛆と思われる虫の、奇妙な行列に、私の注意をうながした。彼等は三分の一インチほどの透明な、換言すれば無色な幼虫で、非常に湿っているのでお互にくっつき合い、長いかたまった群をなして、私の部屋の前の平な通路を這って行った。彼等は仲間同志の上をすべり、この方法によってのみ乾燥した表面を這うことが出来るのであり、またこの方法によってのみ、彼等は行列の両側をウロウロする、数匹の小さな黄色い蟻から、彼等自身を保護することが出来るのである。時に一匹の虫が行列から離れると、蟻は即座にそれを取りおさえ、引きずって行って了う。行列の先端が邪魔されると、全体が同時に停止する。私は行列の先方に長い溝を掘ったが、首導者連が肩形にひろがって、横断す可き場所をさぐり求める有様は、誠に興味が深かった。図626は長さ二フィートの行列の一部分で、図627は展開した行列の先頭である。行列は徐々に家の一方側へ行き、そこで割目へかくれて了った。この旅行方法が、保護の目的を達していることは明白である。蟻は、この一群から個々の虫を引き離すことが出来ないのだから。

[やぶちゃん注:「或る種の蠅の蛆と思われる虫」昆虫にお詳しい方は、この叙述で双翅(ハエ)目短角(ハエ)亜目ハエ下目 Muscomorpha の、例えばどのグループのハエかぐらいは同定出来てしまうのであろうか? 御教授を是非、乞いたく思う。

「三分の一インチ」一インチは八・五四センチメートルだから、凡そ八ミリメートル。

「小さな黄色い蟻」体色からハチ目ハチ亜目有剣下目スズメバチ上科アリ科フタフシアリ亜科ヒメアリ属ヒメアリ Monomorium intrudens か(当初は私の家にもしばしば入り込んできては嚙みつく、家屋害虫として知られるイエヒメアリ Monomorium pharaonis かと思ったが、調べて見るとこれは少なくとも本州の諸都市に進入したのは昭和になってかららしい)。

「二フィート」六〇・九六センチメートル。]

« 夢野久作 定本 獵奇歌 (Ⅲ) | トップページ | 日本その日その日 E.S.モース(石川欣一訳) 第十九章 一八八二年の日本 大日本水産会での講演 »