フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 鹽甞地藏/大慈寺舊跡/梶原屋敷蹟 | トップページ | 歩く屍   村山槐多 »

2015/07/13

『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 一心院舊蹟/月輪寺舊跡/牛蒡谷

    ●一心院舊蹟

一心院舊蹟は光觸寺の南の方に柏原山(かしはゝらやま)と云あり。其下にあり。其所の名を明石(あかし)といふ。故に明石の一心院と云傳ふ。寺の蹟とも又堂の庭(には)ともいふ處あり。

[やぶちゃん注:以上は新編鎌倉二」のほぼ丸写しである。最後の以下の部分をカットしている。『巖窟(いはや)の内に木像の朽ちたる有り。一心院の舊跡也と云傳ふ』。]

 

    ●月輪寺舊跡

月輪寺(げつりんじ)舊蹟は光觸寺の北霧(きり)が澤の内に好(よしみ)と云ふにあり。故に好見の月輪寺といふ。其處に房屋敷といふ處あり。月輪寺の蹟なり。鎌倉年中行事に勝長壽院心性院遍照院一心院月輪院。此五人は公方樣の護持僧(ごぢさう)なりとあり。心性(しんしやう)遍照(へんせう)の二院。其蹟分明ならす。

[やぶちゃん注:「月輪寺(げつりんじ)」私は「がつりんじ」と読むのであるが、白井永二編「鎌倉事典」(昭和五一(一九七六)年東京堂刊)は「げつりんじ」(貫達人氏執筆)、貫達人・川副武胤「鎌倉廃寺事典」(昭和五五(一九八〇)年有隣堂刊)は「がちりんじ」と読んでいる。以上も新編鎌倉二」の丸写しである。]

 

    ●牛蒡谷

牛蒡谷(ごばうがやつ)は光觸寺の北にあり。此谷に首塚といふ巖窟あり。里人は首やぐらといふ〔鎌倉俗諺に巖窟をやぐらといふなり〕相傳ふ相摸入道平高時滅亡の時。一門の首を此に埋むとなり。

[やぶちゃん注:光触寺の胡桃川と鎌倉六浦街道を越えた、十二所神社の東の谷戸の名。現在は番場ヶ谷の方が通りが良いか。私の最も愛する人気なき幽邃の鎌倉の山中である。谷戸の奥、左に折れて瑞泉寺の貝吹地蔵下に出る山路の途中に、「お塔の窪」という場所があり、数穴のやぐらと計十八基の石塔があり、中に鎌倉最古期の宝篋印塔も含まれる。これは籾塔(もみとう)で、宝篋印陀羅尼を書いた紙で仏舎利に見立てた籾粒を包んで、五穀豊穣や災厄除けなどを祈願して納めたもので、かなり昔の調査で籾が入れられていた(確か相輪部のジョイントの凹み部分)ことが判っている(現在は全く保存がなされておらず、惨憺たる有様である。なお、ここのものは石製であるが、籾塔は通常は木製である)。中央の五輪塔が伝承では北条高時の首塚とされている。これも損壊が危ぶまれる状態である。]

« 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 鹽甞地藏/大慈寺舊跡/梶原屋敷蹟 | トップページ | 歩く屍   村山槐多 »