フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 深夜の猿   村山槐多 | トップページ | 唇   村山槐多 »

2015/07/15

樹下   村山槐多

 

  樹下

 

美しい葉つぱが垂れかさなり

私のこはい顏を紫の陰影で深める

秋だな

と私はうなづいて寒さに顫へた

樹々は私を圍んで居た

秋さ

と彼等はこたへた

金色の葉つぱをざわざわさせて

 

それはお前たちばかりが知つた事かと

私は樹月の下をくぐり拔けて

明るい空の眞下まで行つた

 

菲翠の樣な空がまた

秋さと言つた

 

 

[やぶちゃん注:第一連の「と私はうなづいて寒さに顫へた」と「樹々は私を圍んで居た」は、「全集」では分離されて「樹々は私を圍んで居た」以下の四行が第二連となっている。しかし、底本ではここは三三一頁から三三二頁のめくりの改頁で、版組は完全に前者が最終行まで、後者が冒頭行から組まれている。即ち、これは連続した二行であることは言を俟たない。しかもここに行空けがなければおかしい(「あってもよい」ではない)とは私はさらさら思わない。

「菲翠」はママ。「全集」は「翡翠」と訂する。誤字或いは誤植であることは分かるが、誤植であることを証明出来ない以上、ママ注記で出すべきである。何故なら、これは注なしで容易に翡翠の誤りであろうと誰もが認知でき、読みを停滞させないからである。因みに言っておくが、現行では中国ではこれは誤字ではなく、翡翠のことである。「菲翠」で検索を掛けてみられるがよい。そこら中に翡翠の画像とちゃんとしたその説明文や標題中に夥しく「菲翠」と出るのを発見されるであろう。]

« 深夜の猿   村山槐多 | トップページ | 唇   村山槐多 »