フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 雪ふりの夜   村山槐多 | トップページ | 大和本草卷之十四 水蟲 介類 榮螺 »

2015/07/07

走る汽罐車   村山槐多

 
 
  走る汽罐車

 

鋭どくも走れる汽罐車は

幾度かわが眼に入りぬ

さながら紫の矢の如く

わが心を驚かしき

 

田端ステーシヨンを眺めんが爲め

いくたびかわれは道灌山に立ちたり

ますぐなるレールのその平行の確實さの

あまたあるうれしさを味はひにき

 

幾度か汽罐車は走せ過ぎにき

いと快活にいとはやくも

われはそを見る毎に嬉しさの心に充ち

躍り上りき

 

走れる汽罐車はそのけむりを

呼吸の如く天に投げて走りぬ

生きたるが如きその疾走は

うら若く美しかりき

 

常にそは走れり

ステーシヨンの構内なれば

たゞ一臺にてそれ走りまはれり

放たれたる鳥の如く

 

たゞ一臺自らのみをもて走れる

愛すべき汽罐車

われはそを見る毎に

われもまたその如く走らんと心に思ひき

 

小さく走りゆく汽罐車は

幾たびかわが眼に入りぬ

それ常にわが眼に入れたきかな

われは走る汽罐車を常に愛すれば

   ×

薄靑き一月の晴れたる空に

たそがれの冷めたくきたる

岩石の如き常磐樹の群は

靜かに默す

 

たゞひとり

薄紫の道路をかへれば

わが足はこごえ

わが心はさびし

 

ふとかゝる時たくましき君が肉の

熱さはわが心に再生す

わが心に思ひ出らる

 

黄なるココアの腕のけぶるが如く

わが心に君の思ひ出は

美しく立ちのぼるなり

 

 

[やぶちゃん注:想像した通りに――私藪野にとってである――展開する詩篇である。

「鋭どくも」はママ。

「走せ」は「全集」では「走(は)せ」とルビする。

「靜かに默す」この一行は問題で、「全集」では「靜に默すか」となっている。不審である。

「黄なるココアの腕のけぶるが如く」の「腕」は若い頃は「椀」の誤字ではないかと思っていたが、今の私は――これは確かに「腕(うで)」でなくてはならぬ――と独りごちている。……]

« 雪ふりの夜   村山槐多 | トップページ | 大和本草卷之十四 水蟲 介類 榮螺 »