フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」  志一稻荷社 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 毛利藏人大夫季光墓 »

2015/07/31

『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 松源寺

    ●松源寺

松源寺は日金山と號す。鐡觀音の西巖窟中の中壇にあり。本尊は地藏運慶か作。相傳(あひつた)ふ賴朝卿伊豆に配流の時。伊豆日金に祈て我世に出でば必ず地藏を勸請せんと約せし故にこゝに移すと云ふ。

[やぶちゃん注:廃寺であることが示されていないのは新編鎌倉志のほぼ完全な引き写しのため。

   *

〇松源寺 松源寺(せうげんじ)は、日金山(にちきんさん)と號す。銕觀音の西、巖窟堂(いはやだう)の山の中壇にあり。本尊は地藏、運慶が作。相傳ふ、賴朝卿、伊豆に配流の時、伊豆の日金に祈つて我(われ)世に出でば必ず地藏を勸請せんと約せし故に、こゝに移すと云ふ。

   *

鎌倉の「日金地藏堂」を引く。

   *

日金地藏堂 岩屋堂の東にて、山の半腹にあり。本尊地藏、運慶作。右大將家、豆州謫居の頃より、御誓願有て、爰に移し給ふといふ。別當日金山彌勒院松源寺といふ。眞言新義。御室御所の末なり。弘長三年四月七日、群盜十餘人、地藏堂にかくれ居るの間、夜行の輩行向ひ、其庭にて生虜とあり。玆の地藏堂の事なり。

   *

地蔵の方の呼称では「日金」は「ひがね」と読むようである。以前、現在の雪ノ下にあった松源寺の本尊であったが、廃仏毀釈令で長谷寺に移管され、後に現在の横須賀市武(たけ)の東漸寺に移されている。日金地蔵は鎌倉時代の仏師宗円の作と伝えられる木造半跏像で、頼朝が蜂起する際に伊豆日金山の地蔵菩薩に戦勝と源氏再興を祈願し、成就の後にその像を模して造ったと伝えられる。但し、オリジナルの地蔵は松源寺の火災で焼失、現在の東漸寺蔵の日金地蔵は地蔵胎内墨書銘によって寛正三(一四六二)年、仏師宗円による造立であることが分かっている。東漸寺は toshi-watanabe 氏のブログ「折々の記」の横須賀武の東漸寺を訪ねるが詳しい。

「伊豆日金」は現在の静岡県熱海市伊豆山にある走湯権現日光山東光寺のこと。応神天皇四(二七三)年、松葉仙人の開山と伝えられる古刹で、現在の本尊延命地蔵菩薩像も頼朝の建立とされる。]

« 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」  志一稻荷社 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 毛利藏人大夫季光墓 »