フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 毛利藏人大夫季光墓 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 華光院/上杉定正邸跡 »

2015/07/31

『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 窟堂

    ●窟堂

窟堂は松源寺の西山の根にあり。巖窟の濶(ひろさ)三間許。高七尺。其中巖面に不動の像〔弘法の畫く所と云〕を彫るのみ。今は堂宇なし。

[やぶちゃん注:妙にあっさりしている。「新編鎌倉志卷之四」を私の注ごと掲げる。……実はここは……私の個人的な記憶の中にある、ある苦い思い出の場所で、そこで自分が発した愚かな言葉なんどもよく覚えているのである……さればこそ……恐らくは二度と行かない……場所である。……

   *

〇巖窟不動 巖窟(いはや)不動は、松源寺の西、山の根にあり。巖窟の中に、石像の不動あり。弘法の作と云ふ。【東鑑】に、文治四年正月一日、佐野太郎基綱が窟堂(いはやだう)の下の宅燒亡。鶴が岡の近所たるに因て、二品〔賴朝。〕宮中燈に參り給ふとあり。此の處の事ならん。此前の道を巖窟小路(いはやこうぢ)と云ふ。【東鑑】に、大學の助義淸、甘繩(あまなは)より、龜谷(かめがやつ)に入。窟堂の前路を經るとあり。此路筋(みちすぢ)ならん。【東鑑】には、窟堂とあり。俗、或は岩井堂(いはゐだう)と云ふ。巖窟堂(いはやだう)、今は教圓坊と云ふ僧の持分なり。昔しは等覺院の持分なりけるにや。岩井堂日金事、可被立卵塔之由承候、先以目出候、然者、自御万歳夕、至于三會之曉、留慧燈於彼地、可覆慧雲於他界給之條、殊以令庶幾候之間、以彼所、限永代奉避渡候了、兼又同以被申方候之由承候、其段可令存知候也、恐々謹言、應永卅三年七月十七日、等覺院法印御房へ、尊運判とある〔尊運は、今河朝廣(いまかはともひろ)の子なり。〕状あり。又岩井日金事、如來院僧正、任證文、成敗不可有相違候、恐々謹言、五月九日、等學院へ、空然判とある状あり〔空然は、古河(こが)の源の政氏(まさうぢ)の子。〕

●「巖窟不動」は現在の窟不動を祀る窟堂(いわやどう)。現在の小町通りを八幡宮方向へ突っ切り、鉄(くろがね)の井の手前を扇ヶ谷へ向かう左の小道に折れて窟小路を行くと、横須賀線の踏切の手前にある。

●「教圓坊」は「鎌倉攬勝考卷之七」の「巖窟不動尊」では「散圓坊」とし、尚且つ、僧名ではなく小庵名とする。

●「等覺院」とは鶴ヶ岡八幡宮寺の十二箇院の内にある等覚院のこと。「新編鎌倉志卷之一」の「鶴岡八幡宮」を参照。

●「尊運」は当時の鶴岡八幡宮寺別当(応永二十四(一四一七)年~永享三(一四三一)年在職)。八条上杉朝広の子(本文の「古河」姓については調べ得なかったが、この朝広の実母が今川上総介泰範室であることと関係するか)、扇谷上杉家当主上杉氏定の養子となった。尊運書状は「鎌倉市史 資料編第一」所収の文書第七七号で校訂した。以下に、影印の訓点に従って書き下したものを示す(送り仮名を補訂した)。

 

岩井堂日金の事。卵塔を立てらるべきの由承り候ふ。先づ以て目出(めでた)く候ふ。然れば、御万歳夕べより、三會の曉に至りて、慧燈を彼の地に留して、慧雲を他界に給ふべきの條、殊に以て庶幾せしめ候ふの間、彼の所を以て、永代を限り避り渡し奉り候ひ了んぬ。兼て又、同じく以て申さるゝ方候ふの由承り候ふ。其の段、存知せしむべき候ふなり。恐々謹言。

   應永卅三年七月十七日

    等覺院法印御房へ

             尊運判

 

以下、空然書状を影印の訓点に従って書き下したものを示す(送り仮名を補訂した)。

 

岩井日金の事。如來院の僧正、證文に任じて、成敗相違有るべからず候。恐々謹言。

   五月九日

    學院へ

             空然判

 

●「源政氏」は足利成氏の子で、第二代古河公方。その子である「空然」(「こうねん」と読む)は足利義明(?~天文七(一五三八)年)のこと。若くして法体となり、鶴岡八幡宮若宮別当(文亀三(一五〇三)年~永正七(一五一〇)年在職)にあった。永正の乱で父政氏と兄高基(後の第三代古河公方)の抗争が勃発すると還俗、父兄双方と対立して自ら「小弓公方」を称した。北条氏綱との国府台合戦で戦死。]

   *

「三間」五・四五メートル。

「七尺」二・一二メートル。]

« 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 毛利藏人大夫季光墓 | トップページ | 『風俗畫報』臨時増刊「鎌倉江の島名所圖會」 華光院/上杉定正邸跡 »