フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 沈みゆく都   村山槐多 | トップページ | にぎやかな夕ぐれ(K.I に)   村山槐多 »

2015/07/03

京都人の夜景色   村山槐多

  京都人の夜景色

 

ま、綺麗やおへんかどうえ

このたそがれの明るさや暗さや

どうどつしやろ紫の空のいろ

空中に女の毛がからまる

ま、見とみやすなよろしゆおすへな

西空がうつすらと薄紅い玻璃みたいに

どうどつしやろえええなあ

 

ほんまに綺麗えな、きらきらしてまぶしい

灯がとぼる、アーク燈も電氣も提灯も

ホイツスラーの薄ら明りに

あては立つて居る四條大橋

じつと北を見つめながら

 

虹の樣に五色に霞んでるえ北山が、

河原の水の仰山さ、あの仰山の水わいな

靑うて冷たいやろえなあれ先斗町の灯が

きらきらと映つとおすは

三味線が一寸もきこえんのはどうしたのやろ

藝妓はんがちらちらと見えるのに

 

ま、もう夜どすか、早いえな

あ空が紫でお星さんがきらきらと

たんとの人出やな、美しい人ばかり

まるで燈と顏との職場

あ、びつくりした電車が走る

あ、こはかつた

 

ええ風が吹く事、今夜は

綺麗やけど冷めたい晩やわ

あては四條大橋に立つて居る

花の樣に輝く仁丹の色電氣

うるしぬりの夜空に

 

なんで、ぽかんと立つて居るのやろ

あても知りまへん

 

 

[やぶちゃん注:「ま、見とみやすなよろしゆおすへな」「全集」は「ま、見とみやすなよろしゆおすえな」。

「きらきらと映つとおすは」「全集」は「きらきらと映つとおすは」。

「あても知りまへん」「全集」は「あても知りまへんに。」とする。改訂した理由や注は一切なく、根拠不明である。これも原稿或いは校正稿が残存していて、訂することが出来た――しかもそれを一切情報として提示せず――にとでもいうことなのだろうか? 向後、この皮肉な注は略すが、ともかくも彌生書房版「村山槐多全集」の本文校訂に私は現在、激しい猜疑心を持っていることを告白しておく。]

« 沈みゆく都   村山槐多 | トップページ | にぎやかな夕ぐれ(K.I に)   村山槐多 »