フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第三章 お地藏さま (八) | トップページ | 長女藪野マリア満29歳 »

2015/08/24

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第三章 お地藏さま (九) / 第三章~了

 

       九

 

 晃は壁間の棚から、餘程破損せる靑表紙の本を取つて云った。『に地藏の和讃があります。讃美歌のやうなものです。これは二百年も古い「賽ノ河原口吟(くちずさみ)の傳(でん)」といふ本です。して、これが和讃です』それから、彼は歌の如く拍子を取って、私にそれを讀んで聞かせた――

 

         是は此世のことならず

         死出の山路の裾野なる

         賽ノ河原のものがたり

         聞くにつけても哀なり

         二つや三つや四つ五つ

         十にも足らねみどり兒が

         賽ノ河原に集りて

         父戀し母戀し

         戀し戀しと泣く聲は

         この世の聲とはこと變はり

         ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

         ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

[やぶちゃん注:piicats 氏の膨大な仏教サイト「仏教の勉強室」の中の地蔵和讃に、ここで不完全に途注を省略して抄録されている(ハーンの注でさえも不完全である)「西の川原(賽の河原)地蔵和讃」の全文が示されてあるので、是非お読みあれかし。因みに平井呈一氏は原典に対する誠実な忠実性を示して(但し、ご覧の通り、全文を平仮名化してある。しかし和讃としてはこれはこれで頗る正しいと私は思っている)、以下のように訳しておられる。リンク先の原典と以下の原文と是非、比較されんことを(恒文社版底本原文は全体が三字下げポイント落ちの二段組であるが、意図的に同ポイント一段で示した。歴史的仮名遣の誤りが異様に多いが、拗音も含めて表記は総てママである)。

   《引用開始》

 

  さいのかわらのじぞうそん

 

これはこのよのことならず

しでのやまじのすそのなる

さいのかわらのものがたり

きくにつけてもあわれなり

二つや三つや四つ五つ

十にもならぬみどりごが

さいのかわらにあつまりて

ちちうえこいしははこいし

こいしこいしとなくこえは

このよのこえとことかわり

かなしさほねをとおすなり

かのみどりごのしょさとして

かわらのいしをとりあつめ

これにてえこうのとうをつむ

一じゅうつんではちちのため

二じゅうつんではははのため

三じゅうつんではふるさとの

きょうだいわがみとえこうして

ひるはひとりであそべども

ひもいりあいのそのころは

じごくのおにがあらわれて

やれなんじらはなにをする

しゃばにのこりしちちははは

ついぜんざぜんのつとめなく

ただあけくれのなげきには

むごやかなしやふびんやと

おやのなげきはなんじらが

くげんをうくるたねとなる

われをうらむることなかれ

くろがねぼうをとりのべて

つみたるとうをおしくずす

そのときのうけのじぞうそん

ゆるぎいでさせたまいつつ

なんじらいのちみじかくて

めいどのたびにきたるなり

しゃばとめいどはほどとおし

われをめいどのちちははと

おもうてあけくれたのめよと

おさなきものをみころもの

もすそのうちにかきいれて

あわれみたもうぞありがたき

いまだあゆまぬみどりごを

しゃくじょうのえにとりつかせ

にんにくじひのみはだえに

いだきかかえてなでさすり

あわれみたもうぞありがたき

      なむあみだぶつ

   《引用終了》

因みに、個人的にはこの章句の内の「ついぜんざぜんのつとめなく」の「ざぜん」は「さぜん」(作善)の誤りと思うであるが如何? 実際、ネット上に散見される伝空也上人作「西院河原地蔵和讃」の別ヴァージョンではここは「追善作善(ついぜんさぜん)の勧めなく」などとなっている。空也の時代に「追善坐禪」というのはどうもしっくりこないのである(リンク先でも当該類似箇所は『追善供養のその暇に』とあって、『供養』ならば私個人としては頗るしっくり来るのである)。大方の御叱正を俟つ。]

 

 

Sec. 9

'Now there is a wasan of Jizo,' says Akira, taking from a shelf in the temple alcove some much-worn, blue-covered Japanese book. 'A wasan is what you would call a hymn or psalm. This book is two hundred years old: it is called Saino-Kawara-kuchi-zu-sami-no-den, which is, literally, "The Legend of the Humming of the Sai-no-Kawara." And this is the wasan'; and he reads me the hymn of Jizo—the legend of the murmur of the little ghosts, the legend of the humming of the Sai-no-Kawara- rhythmically, like a song: [8]

  'Not of this world is the story of sorrow.

  The story of the Sai-no-Kawara,

  At the roots of the Mountain of Shide;

  Not of this world is the tale; yet 'tis most pitiful to hear.

  For together in the Sai-no-Kawara are assembled

  Children of tender age in multitude,

  Infants but two or three years old,

  Infants of four or five, infants of less than ten:

  In the Sai-no-Kawara are they gathered together.

  And the voice of their longing for their parents,

  The voice of their crying for their mothers and their fathers—

  "Chichi koishi! haha koishi!"—

  Is never as the voice of the crying of children in this world,

  But a crying so pitiful to hear

  That the sound of it would pierce through flesh and bone.

  And sorrowful indeed the task which they perform—

  Gathering the stones of the bed of the river,

  Therewith to heap the tower of prayers.

  Saying prayers for the happiness of father, they heap the first tower;

  Saying prayers for the happiness of mother, they heap the second tower;

  Saying prayers for their brothers, their sisters, and all whom they

      loved at home, they heap the third tower.

  Such, by day, are their pitiful diversions.

  But ever as the sun begins to sink below the horizon,

  Then do the Oni, the demons of the hells, appear,

  And say to them—"What is this that you do here?

  "Lo! your parents still living in the Shaba-world

  "Take no thought of pious offering or holy work

  "They do nought but mourn for you from the morning unto the evening.

  "Oh, how pitiful! alas! how unmerciful!

  "Verily the cause of the pains that you suffer

  "Is only the mourning, the lamentation of your parents."

  And saying also, "Blame never us!"

  The demons cast down the heaped-up towers,

  They dash the stones down with their clubs of iron.

  But lo! the teacher Jizo appears.

  All gently he comes, and says to the weeping infants:—

  "Be not afraid, dears! be never fearful!

  "Poor little souls, your lives were brief indeed!

  "Too soon you were forced to make the weary journey to the Meido,

  "The long journey to the region of the dead!

  "Trust to me! I am your father and mother in the Meido,

  "Father of all children in the region of the dead."

  And he folds the skirt of his shining robe about them;

  So graciously takes he pity on the infants.

  To those who cannot walk he stretches forth his strong shakujo;

  And he pets the little ones, caresses them, takes them to his loving bosom

  So graciously he takes pity on the infants.

Namu Amida Butsu!

 

8 These first ten lines of the original will illustrate the measure of the wasan:

  Kore wa konoyo no koto narazu,

  Shide no yamaji no suso no naru,

  Sai-no-Kawara no monogatari

  Kiku ni tsuketemo aware nari

  Futatsu-ya, mitsu-ya, yotsu, itsutsu,

  To nimo taranu midorigo ga

  Sai-no-Kawara ni atsumari te,

  Chichi koishi! haha koishi!

  Koishi! koishi! to naku koe wa

  Konoyo no koe towa ko to kawari..

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第三章 お地藏さま (八) | トップページ | 長女藪野マリア満29歳 »