フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第二章 弘法大師の書 (二) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第三章 お地藏さま (一) »

2015/08/07

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第二章 弘法大師の書 (三) /第二章 了

       三

 

 しかし、弘法大師自らも甞て御所の應天門と題した扁額に、應字の傍へ點を打つのを忘れた。天皇がその譯をお尋ねになつたとき、大師は『忘れて侍べり。されど今、點をば加へ參らせん』と答へた。最早額は掛けられて、高く門の上にあつたから、天皇は、梯子を運んで來させ玉ふた。が、大師は門前の敷石の上に立つたまゝ、單に筆を額に向つて投げつけた。すると、立派にそこへ點が出來て、筆は手へ戻つてきた。

 弘法大師はまた御所の光華門の扁額を書いた。その門の近くに紀ノ百枝といふ男が住んでゐたが、弘法の書いた文字を罵倒し、その内の一字を指して、『虛勢を張る力士に似たることよ』と云つた。が、その夜、百枝の夢に力士が現れ、臥床の側へきて、彼にとびかかり、拳骨でなぐりつけた。毆打の痛さに泣き出すと、彼の目は醒めた。見れば、力士は空に上つて、彼が罵倒した文字に變形し、門の上の扁額へ返つて行つた。

 また小野道風といふ、非常に巧妙で、名高い書家があつた。彼は弘法大師の書いた秋鶴門の額字を嘲笑つて、秋の字を指して、『秋の字さながら米の字とも見ゆ』と云つた。すると、その夜、彼の嘲笑つた文字が人となつて現れ、彼に襲ひかゝつて、彼を打ち、幾たびも顏の上へ、跳び上つたり下りたりして――丁度米搗が米をつく杵を動かすために、はね上つたり下りたりする如く――その間『いかに、我は弘法大師の使者なるぞ』と云ひつづけた。彼が目を醒まして見ると、ひどく蹂躙されたやうに、傷ついて出血してゐた。

 弘法大師の歿後、餘程の歳月が立つてから、大師の揮毫した美福門と光華門の額字が、殆ど磨消してゐることがわかつた。天皇は大納言行成に扁額の修繕を命ぜられた。が、行成は他の人々の身の上に起つたことに鑑みて、敕命を實行するのを憚つた。して、弘法大師の御怒りを恐れて、供物を捧げ、許可の現示を祈つた。その夜、夢中に大師が現れ、やさしく微笑して『帝の望みたまふまゝに取行ふべし。恐るゝことかは』と云つた。そこで、彼は寛弘四年正月、額を修復した。このことは本朝文集に錄してある。

 すべて是等の事實は、私の友人晃が私に話して呉れたものである。

 

[やぶちゃん注:先に字注しておくと、二段落目にある「毆打」は底本では「毆」の字の(つくり)が「攴」であるが、表示出来ない字であるので通用字に代えてある。

「御所の應天門」大内裏内中央北寄りの、朝堂院(八省院とも言い、北側に大極殿を配し、重要な式典を行う場であった)の正門。大内裏南表の朱雀門直近の北にあって朱雀門と会昌門(応天門の北直近の朝堂院正面)と並ぶ重要な門であった。ウィキの「応天門によれば、場所は二〇一二年まで出世稲荷神社があった付近(京都市上京区と中京区の南西の境界付近)とされるが、旧跡を示す碑などは存在しない、とある。

扁額は空海の筆によるものと言われている。「弘法にも筆の誤り」ということわざは、空海(弘法大師)が応天門の扁額を書いた際に「應」の一画目の点を書き忘れてしまった(まだれをがんだれにしてしまった)が、空海は掲げられた額を降ろさずに筆を投げつけて書き足したという伝承に由来する。ウィキの「空海」には、『嵯峨天皇からの勅命を得、大内裏應天門の額を書くことになった』『が、「應」の一番上の点を書き忘れ』(或いは「まだれ」を「がんだれ」にしてしまったとも伝える)、『空海は掲げられた額を降ろさずに筆を投げつけて書き直したといわれている。このことわざには、現在、「たとえ大人物であっても、誰にでも間違いはあるもの」という意味だけが残っているが、本来は「さすが大師、書き直し方さえも常人とは違う」というほめ言葉の意味も含まれている』とある。先に引いた「今昔物語集」巻第十一の「弘法大師渡唐傳眞言教歸來語 第九」には欠損が激しいが、以下のようにある(仕儀は前に同じ。謙遜部を略した)。

   *

其の後、大同二年と云ふ年の十月廿二日に平安に歸朝す。[やぶちゃん注:中略。]早く皇城の南面の諸門の額を書くべし」と。然れば、外門(そともん)の額を書き畢んぬ。亦、應天門の額、打ち付けて後、是れを見るに、初めの字の點、既に落ち失せたり。驚きて筆を抛(な)げて點を付けつ。諸(もろもろ)の人、是れを見て、手を打ちて是れを感ず

   *

「大同二年」は西暦八〇七年であるが、ウィキの「空海」によれば、彼の実際の帰朝は大同元(八〇六)年十月とする。この矛盾は恐らく、彼が二十年の留学期間をたった二年で切り上げて帰国し、当時の規定ではそれが闕期(けつご/けっき:規定期間の不履行)の罪に当たるとされたことによるものであると思われる。ウィキでは『そのためかどうかは定かではないが』、『帰国後は、入京の許しを待って数年間大宰府に滞在することを余儀なくされた』とし、大同二年より二年ほどは『大宰府・観世音寺に止住している。この時期空海は、個人の法要を引き受け、その法要のために密教図像を制作するなどをしていた』と実状を記している。その後、大同四(八〇九)年に『平城天皇が退位し、嵯峨天皇が即位した。空海は、まず和泉国槇尾山寺に滞在し』、七月の『太政官符を待って入京、和気氏の私寺であった高雄山寺(後の神護寺)に入った』とあるから、この「今昔」の記載はそうした咎めが恐らくは帝位譲位の恩赦のような形による後のことであるのであろうことが窺われるのである。

 

「光華門」平井呈一氏もこう漢字で記すが、これは平安京大内裏外郭十二門の一つで南面三門(中央が朱雀門で東が美福門)の西方の門である「皇嘉門」の誤りであろう。この皇嘉門の扁額の伝説は、自称、クラッシャー尼僧とされる隆蓮房氏のブログ「隆蓮房覚書」の「書聖と五筆和尚8」によれば、どうも空海に事蹟を記した最も流布している「大師絵伝」(十巻本)なるものが出所らしい。リンク先は門の考証に詳しく、流石はクラッシャー尼僧と自称されるだけあって、実に興味深く面白い。必見!

 

「紀百枝」これは「きのももえ」と読むようである。前掲の「書聖と五筆和尚8」によれば、「大師絵伝」には紀百枝なる人物は『この門の前に住む大学助教授』であり、この力士に襲われる夢を見た『後、百枝は病を得て夭逝』し、『以後、この家に住む者は、同じ目に合った』と記されてあるとある。

 

「また小野道風といふ、……」以下の話も「大師絵伝」に載るらしいが、私は所持していないので、同話及びその次の行成の補修の話を合わせて所載する「古今著聞集」巻第七の「能書」の「二八七 弘法大師等大内十二門の額を書す事幷びに行成美福門の額修飾の事」を引いておく。底本は西尾光一・小林保治校注新潮日本古典集成版(昭和五八(一九八三)年刊を用いたが、恣意的に正字化し、一部に読みを追加した。

   *

 大内(おほうち)十二門の額、南面三門は弘法大師、西面三門は大内記(だいないき)小野美材(よしき)、北面三門は但馬(たぢま)の守(かみ)橘逸勢(たちばなのはやなり)、おのおの勅をうけたまはりて、垂露(すいろ)の點をくだしけり。東面三門は嵯峨天皇かせをはしましけるなり。實(げ)にや、道風朝臣、大師の書かせ給たる額をみて難じていひける、「美福門(びふくもん)は田廣し、朱雀門は米雀門」と略頌(りやくじゆ)につくりてあざけり侍ける程に、やがて中風(ちゆうふう)して手わななきて手跡も異樣(ことやう)になりにけり。

 かゝるためしをそれられけるにや、寛弘年中に行成卿、美福門の額の字を修飾すべきよし、宣旨をかうぶりける時は、弘法大師の尊像の御前に、香花(かうげ)の具をさゝげて、驚覺(きやうかく)して祭文(さいもん)をよまれけり。件(くだん)の文は、江以言(もちとき)ぞ書たりける。

[やぶちゃん注:以下、底本では全体が一字下げ。なおこれは原典の漢文を底本編者が書き下しものである。]

今、明詔(めいせう)を蒙(かうぶ)りて墨を下さんと欲すれば、則ち疑ふ、聖跡を黷(けが)すの冥譴(めいけん)有らんことを。更に聖跡を憚(はばか)りて將に筆を閣(お)かんとすれば、また恐る、明詔を辭するの朝章(てうしやう)に拘(かかは)らんことを。晉退(しんたい)心に慚ぢ、胡尾(こび)歩を失ふ。伏(ふ)して乞ふ、尊像、許否を以て示したまへ。もし請ふ所を許すべくは、痕跡を尋ねて粉墨を添へん。もし請ふ所を許さずは、形勢に隨ひて思慮を廻らさん。王事(わうじ)盬(もろ)きこと靡(な)し。なんぞここに鑑みざる。ねがはくは饗(う)けよ。

とぞ書かれて侍ける。この門ども或は燒失(せうしつ)し、或は顚倒して、今はわづかに安嘉(あんか)・待賢門のみぞ侍るめる。實(げ)にや、この安嘉門の額は、むかし人をとりける、おそろしかりける事かな。

   *

以下、底本の頭注などを参考に簡単に注しておく。

・「略頌」は短い詩の形態の謡いもの。

・「大内記」中務省の文官で詔勅の起草などを司った。

・「小野美材」(?~延喜(九〇二)年)参議小野篁の孫で儒者。道風の従兄弟とされる。能書家で醍醐天皇の大嘗会に際し、屏風歌を書いている。

・「橘逸勢」(延暦元(七八二)年?~承和九(八四二)年)は能書家として知られるが、空海・最澄らとともに延暦二三(八〇四) 年遣唐使に従って入唐、唐人から「橘秀才」と称賛された才人であった帰国後に従五位下に叙せられて承和七(八四〇)年に但馬権守となった。空海・嵯峨天皇とともに「三筆」と称される(「ブリタニカ国際大百科事典」に拠る)。

・「小野道風」(とうふう/みちかぜ 寛平六(八九四年)~康保三(九六七)年)。能書家。小野篁の孫。ウィキの「小野道風」によれば、『中務省に属する少内記という役職にあり、宮中で用いる屏風に文字を書いたり、公文書の清書をしたりするのがその職務であった』(従兄弟の美材の大内記は紀伝道(文章道)の国家試験合格者に限ってなれた)。『能書としての道風の名声は生存当時から高く、当時の宮廷や貴族の間では「王羲之の再生」ともてはやされた。『源氏物語』では、道風の書を評して「今風で美しく目にまばゆく見える」』と絶賛されており、『没後、その評価はますます高まり、『書道の神』として祀られるに至っ』たが、一方では、この空海の書へのあからさまな指弾に見るように、『気性が激し』かったらしい。また、『晩年はたいへん健康を壊し、随分苦しんだという』ともある。

・「寛弘年中」頭注に『勅を受けたのは寛弘三年(一〇〇六)十二月。一条天皇の時代』とある。なお、底本注によって、本文でハーンが述べるようにこの祭文は「本朝文粋」に出ることが判った(私は抄本しか持たず、そこにはこれは載らないので当該原文は示し得ない)。

・「驚覺」とは驚くことではなく、迷いと煩悩に染まった衆生を正しき仏道へと目覚めさせることを本義とする。頭注には『真言を唱え、諸仏を禅定から醒(さ)まし降臨を乞うこと』と記す。

・「江以言」官吏で漢詩人として知られた大江以言(天暦九(九五五)年~寛弘七(一〇一〇)年)。文章(もんじょう)博士・式部権大輔を経て従四位下に進んだ。詩文に卓絶し、作品は「本朝文粋」「本朝麗藻」などに収められている(講談社「日本人名大辞典」に拠る)。

・「晉退」進退窮まること。

・「胡尾」頭注によれば「詩経」の一句に基づく語で、前の語と同じく『進退の困難なさまをいう』とある。語源は raccoon21jp氏のブログ「2158.詩経(137)豳風《九罭》《狼跋》」に詳しいので参照されたい。

・「王事盬きこと靡し」頭注に『勅命にかかわることは厳しい。ここは、美福門の額の字を修飾せよと勅命は絶対である、ということ』とあり、これも実は「詩経」小雅にある「王事靡盬」に基づくとある。

・「この安嘉門の額は、むかし人をとりける、おそろしかりける事かな」頭注に『昔、安嘉門の前を通り者が、その額の字の霊により時々踏み仆(たお)されたので、密かに額の字の中央をすり消した。また、空海が書いた皇嘉門の額も霊があって人を害したという』「江談抄」第一に載る伝承を指す旨の注記がある。これは二十六条と二十七条で、短いので以下に電子化しておく(ただ底本の注を引くだけだと癪だからでもある)。底本は新日本古典文学大系三十二巻を用い、恣意的に正字化した。

 §

 

   安嘉門(あんか)の額(がく)の靈(りやう)踏み伏する事

 「入道の帥(そち)談りて曰はく、「安嘉門の額は髮逆に生へたる童の靴沓(くつ)を着(は)きたる體(すがた)なり。昔件(くだん)の門の前を渡り行く者、時々踏み伏せらるるに依りて、窃(ひそ)かに人登り行き中央を摺り(す)損(おと)す」と」。

 

   大内(おほうち)の門などの額(がく)など書ける人々の事

 余(われ)問ひて云はく、「件(くだん)の額など誰人(たれ)の手跡(しゆせき)なりや」と。答へて云はく、「南面は弘法大師(こうぼふだいし)、東面は嵯峨帝(さがのみかど)、北面は橘逸勢(たちばなのはやなり)なりと云々。就中(なかんづく)に皇嘉門(くわうかもん)の額は殊(こと)に靈(りやう)有りて、人を害(そこな)ふ由、祕説に見ゆと云々。また、大極殿(だいごくでん)の額は敏行(としゆき)中將の手跡なり。ただし火災以前は誰人の書なりや」と。

 

 §

以上の文中、「入道の帥」は藤原資仲(治安元(一〇二一)年~寛治元(一〇八七)年)のこと。詩歌に優れ、有職故実にも詳しかったとされる。「余問ひて云はく」の「余」は「江談抄」の筆録者である進士蔵人藤原実兼(藤原信西の父)答えている相手は「江談抄」の話者であるところの帥(そつの)中納言大江匡房(まさふさ 長久二(一〇四一)年~天永二(一一一一)年)である。「敏行中將」は能書家で三十六歌仙の一人として知られる藤原敏行(?~延喜七(九〇七)或いは延喜元(九〇一)年)。官位は従四位上・右兵衛督。小野道風が古今最高の能書家として空海とともに名を挙げている人物である。]

 

 

Sec. 3

But Kobodaishi himself once forgot to put the ten beside the character O on the tablet which he painted with the name of the Gate O-Te-mon of the Emperor's palace. And the Emperor at Kyoto having asked him why he had not put the ten beside the character, Kobodaishi answered: 'I forgot; but I will put it on now.' Then the Emperor bade ladders be brought; for the tablet was already in place, high above the gate. But Kobodaishi, standing on the pavement before the gate, simply threw his brush at the tablet; and the brush, so thrown, made the ten there most admirably, and fell back into his hand.

Kobodaishi also painted the tablet of the gate called Ko-kamon of the Emperor's palace at Kyoto. Now there was a man, dwelling near that gate, whose name was Kino Momoye; and he ridiculed the characters which Kobodaishi had made, and pointed to one of them, saying: 'Why, it looks like a swaggering wrestler!' But the same night Momoye dreamed that a wrestler had come to his bedside and leaped upon him, and was beating him with his fists. And, crying out with the pain of the blows, he awoke, and saw the wrestler rise in air, and change into the written character he had laughed at, and go back to the tablet over the gate.

And there was another writer, famed greatly for his skill, named Onomo Toku, who laughed at some characters on the tablet of the Gate Shukaku- mon, written by Kobodaishi; and he said, pointing to the character Shu: 'Verily shu looks like the character "rice".' And that night he dreamed that the character he had mocked at became a man; and that the man fell upon him and beat him, and jumped up and down upon his face many times— even as a kometsuki, a rice-cleaner, leaps up and down to move the hammers that beat the rice—saying the while: 'Lo! I am the messenger of Kobodaishi!' And, waking, he found himself bruised and bleeding as one that had been grievously trampled.

And long after Kobodaishi's death it was found that the names written by him on the two gates of the Emperor's palace Bi-fuku-mon, the Gate of Beautiful Fortune; and Ko-ka-mon, the Gate of Excellent Greatness—were well-nigh effaced by time. And the Emperor ordered a Dainagon [1], whose name was Yukinari, to restore the tablets. But Yukinari was afraid to perform the command of the Emperor, by reason of what had befallen other men; and, fearing the divine anger of Kobodaishi, he made offerings, and prayed for some token of permission. And the same night, in a dream, Kobodaishi appeared to him, smiling gently, and said: 'Do the work even as the Emperor desires, and have no fear.' So he restored the tablets in the first month of the fourth year of Kwanko, as is recorded in the book, Hon-cho-bun-sui.

And all these things have been related to me by my friend Akira.
 
 

1 Dainagon, the title of a high officer in the ancient Imperial Court.

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第二章 弘法大師の書 (二) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第三章 お地藏さま (一) »