フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 教え子の情報から再考証!――小泉八雲が来日最初に訪れた寺は横浜市神奈川区高島台にある旧アメリカ領事館が置かれた本覚寺ではなかったか?!―― | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第一章  私の極東に於ける第一日 (八) »

2015/08/05

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第一章  私の極東に於ける第一日 (七)

       七

 

 進んで、もつと石段を上つて、同じ鬼瓦と群龍のある第二門を經て、優美な寄進の石燈籠が、記念碑の如く立つてゐる境内へ人つた。二つの大きな怪異な唐獅子――佛陀の雌雄の獅子――が左右に坐してゐる。向うの方に長い低い輕さうな建物があつて、屋根は靑瓦で、彎曲して破風がついてゐる。入口の前には三段の木造の階段がある。側面は薄い白紙で張つた簡單な木造の障子がある。ここが寺である。

 階段で私は靴を脱いだ。一人の靑年が入口の障子を開けて、慇懃に歡迎の禮をした。内へ入ると、私は寢臺の褥の如く、厚い疊の柔かな足觸りを感じた。非常に廣い方形の室が私の面前に開けた。して、芳ばしい異香――日本の薰香が滿ちてゐる。が、太陽の強い輝きの後では、ここの紙から濾過してくる光線は、朦朧たる月光のやうで、しばしば柔かな暗中に金色がぴかぴかする外、何も見えない。やがて眼が暗さに慣れてくると、内陣の三面を圍んだ襖に映つた巨大の花形が、ぼんやり白い面へ影法師を見せてゐる。近寄ってみると、紙の造花で、美しく染めた象徴的の蓮華なのである。渦卷いた葉の表は金色、裏は綠色に光ってゐる。玄關に面して、内陣の暗い奧に、高い、華麗な佛壇がある。壇の上には、靑銅製の美術品や、金色の什器が、黄金作りの一小寺院の如き厨子を擁して、左右に群がって載つてゐる。しかし、佛像は見えない。厨子と壇の後方に當つて、最奧の内陣か、凹んだ場所か、私には誠別されぬ眞暗さに對して、幾つかの金屈製の不思議な形のものが、一ト際目立って輝くばかりである。

 

 先刻の若い案内者が近寄つて來て、私の驚いたことには、立派な英譜を用ゐて、壇上に燭臺の竝んだ間にある、華麗な金塗りのものを指して云つた。

 『あれが佛さまの厨子です』

 『私は佛さまへ供物を致したい』と、私は答へた。

 『それには及びません』と、彼は丁寧な微笑を浮かべて云つた。

 が、私が云ひ張つたので、彼は私のために壇上へ僅かのものを捧げた。それから、私を彼の室へ招いた。建物の側面にある、大きな明かるい室で、家具はなく、綺麗に疊が敷いてある。して、私達は坐つて談話をした。彼はこの寺に住んでゐる一學生だと、私に語つた。彼は束京で英語を學んだ。して、奇異なアクセントで話をするが、立派に選擇した語を使つてゐる。最後に彼は私に尋ねた。

 『貴下は基督信者ですか』

 して、私は眞實に返答した。『否』

 『貴下は佛數信者ですか』

 『全くの信者といふ譯では無いのです』

 『信者でなくて、供物をなさいますのは、どうした理由ですか』

 『私は佛さまの教への美しさを尊敬し、またその教へを奉ずる人々の信仰を尊敬するのです』

 『英米に佛教信者がありますか』

 『少くとも佛教の哲理に興味を有つものは澤山居ります』

 それから、彼は床の間から一冊の小さな本を取つて、私に見せた。それは英書のオルコツト氏著「佛教問答」であつた。

 『何故この御寺には佛像がありませんか』と私は尋ねた。

 『壇上の厨子の中に、一つ小さな佛像があります』と、學生は答ヘた。『しかし、厨子は閉ぢてあるのです。それから、この寺には、數個の大きいのもあります。が、佛像は毎日開帳致しません――御緑日だけです。一年に一二同しか開帳しないものもあります』

 

 

 私の坐つてゐる處の、障子を開け放した間から、男や女が隋段を登つて、寺の入口の前で、脆いて祈るのが見える。非常に侵美で、また天眞爛漫たる歸依の趣があつて、これに比べると、西洋の敬虔家が跪くのは、無作法に跪くのだと思はれるほどである。兩手をただ合はせるのもあれば、高音を立てて、ゆつくり三囘拍くのもある。それから、頭を下げ、瞬間默禱してから、起ち上がつて去つて行く。祈りの短いのが、私には餘程珍らしく、面白い。折々人口にある大きな木造の賽錢箱に投げ込まれる貨幣の、ちりんと響き、がらがら鳴るのが聞えた。

 

 私は若い學生の方に振向いて尋ねた。

 『何故祈る前に三回兩手を拍くのです』

 彼は答へた。『天地人の三才に對する三囘です』

 『しかし、それに向つて、召使を呼ぶやうに手を拍くのですか』

 『否、さうではありません』と、彼は答へた。『手を拍くのは、たゞ長夜の夢から醒めたことを表します』

    註。私はこの説明が正鵠を得てゐとは考

    へないが、これは私がこの問題に關して

    得や最初の説明として興味がある。嚴正

    に云へば、佛教の禮拜者は手を拍つべき

    でなく、ただ輕く兩手を合はせて擦るべ

    きである。神道の信者はいつも四囘手を

    拍つ。

 『何の夜、何の夢ですか』

  少時躊躇してから彼は答へた。

 『佛は申されました。一切衆生は、この無常迅速、有爲轉變の世に在つて、空しく夢をみてゐる』

 『では、手を拍つのは祈りの折に心が、そんな夢から醒めるといふ意味ですか』

 『左樣です』

 『君は「心」といふ語、私の意味が御わかりでせうね』

 『えゝ、わかつてゐます。佛者は心は無始無終の存在と信じてゐます』

 『涅槃に入つてもですか』

 『左樣です』

 こんな談話をしてゐる處へ、非常に年老いた、この寺の大和尚が、二人の若い僧をつれて、入ってきた。私は彼等に紹介された。彼等は極低い辭儀をしたので、滑かに剃った頭

のつやつやした頂を見せで、端然と座に就いた。私は彼等が微笑を洩らさないことに氣が付いた。私が見た日本人では、これが初めての微笑しない人々で、顔は像の如くに平靜である。が、長く切れた眼は、私を熟視してゐる。學生が彼等の質問を通譯し、私は英國の 『東方聖典』に於ける梵文經典の飜譯のこと、ビール、バルヌーフ、フイーア、デヴイツ、カーン諸氏の事業のことを幾らか彼等に告げようと試みた。彼等は始絡容貌を動かさずに傾聽して、學生が譯する私の説話に對して一言も發しない。しかし、茶が運ばれて、蓮の葉の形の小さな眞鍮の荼托に載せられたる、小さな湯呑茶椀に入れて、私の前へ置かれた。また小さな菓子を薦められた。菓子に印せる形は、古代の印度の法輪の象徴たる卍だと私は悟つた。

 私が立つて去らちとすると、皆も立上つた。して、階段の處で、學生が私の名と宿所を尋ねた。

 『御宿を承つておきますのは』と、彼は附加へた。『私はその内に、この寺を出ますが、私から貴下を御訪ね申上げますから』

 『して、君の名は』と、私は問ふた。

 『晃(あきら)と申します』と、彼は答へた。

 敷居の處で、私は別れの禮をした。彼等は皆極めて低く頭を下げた――一人は靑黑の頭で、三人の光澤ある頭は、象牙の球のやうであつた。して、私が去つて行くとき、晃だけが笑顔を呈してゐた。

 

[やぶちゃん注:『オルコツト氏著「佛教問答」』欧米における最初の仏教学者として知られるアメリカ人で、ヘレナ・ブラヴァツキーらの起こした神秘思想結社神智学協会の創始者の一人で初代会長であったヘンリー・スティール・オルコット(Henry Steel Olcott 一八三二年~一九〇七年)の書いた“A Buddhist catechism”Madras 1881)。参照したウィキの「ヘンリー・スティール・オルコット」によれば、一八七九年にインドのムンバイを訪れた彼は、『当時植民地主義者が集めて有名になりつつある東洋の聖典を原典から翻訳するように努めていた。これは、アメリカで見られるような西洋的な翻訳を排除し、仏教、ヒンドゥー教とゾロアスター教の文献の持つ本来の意味を発見しようとしたからで』、特に『オルコットの関心の中心は仏教』にあった。その後、一八八〇年五月に『セイロン(現在のスリランカ)のコロンボに到着』、『オルコットとブラヴァツキー夫人はアメリカに居る時から、仏教徒と宣言していたが』、この五月二十五日にを以って『正式に仏教徒として認められ』ている。彼は『この地に滞在中、西欧人の教育のために仏教の教義を編集し、宗教としての仏教をより理解するように努めていた。この時期に、現在でも使われている』本書「仏教教義要綱」が執筆されている。因みに邦訳は「仏教問答」として原成美訳で、この前年の明治二二(一八八七)年に同年のオルコットの来日記念として刊行されている。

「東方聖典」東方聖典叢書(Sacred Books of the East)。マックス・ミュラーによって編集され、オックスフォード大学出版局によって一八七九年から一九一〇年にかけて刊行されたアジアの諸宗教の聖典の英語翻訳を集成した全五十巻の叢書。ヒンドゥー教・仏教・道教・儒教・ゾロアスター教・ジャイナ教・イスラム教の主要な聖典を収録(以上はウィキの「東方聖典叢書」に拠る)。

「ビール」サミュエル・ビール(Samuel Beal(一八二五年~一八八九年)。イギリスの中国仏教学者。ケンブリッジ大学を卒業後、一八五二年に海軍布教師となって中国に渡り、中国文化、特に宗教を研究。 一八七七年、ロンドン大学教授(「ブリタニカ国際大百科事典」に拠る)。

「バルヌーフ」ウジェーヌ・ビュルヌフ(Eugène Burnouf 一八〇一年~一八五二年)フランスの言語学者・東洋学者。 一八二九年にエコール・ノルマル・シュペリュール(高等師範学校)の言語学教授を、一八三二年以後はコレージュ・ド・フランスのサンスクリット語教授を勤めた。「フランス=アジア協会」の創設者(「ブリタニカ国際大百科事典」に拠る)。

「フイーア」恐らくはフランスの東洋言語に精通した言語学者ヘンリ・レオン=フィール(Henri-Léon Feer 一八三〇~一九〇二年)。中国や仏教研究の著作が多い。ここは英語版ウィキを参照した。

「デヴイツ」女性の旅行家で東洋学者であったアレクサンドラ・ダヴィッド=ネール(Alexandra David-Néel 一八六八年~一九六九年)のことかと思われる。多くの仏教研究書をものし、かの河口慧界海とも知己であった。アレクサンドラ・ダヴィッド=ネールの生涯に詳しい。

「ケルン」オランダのインド学者・仏教学者ヨハン・ヘンドリック・カスパー・ケルン(Johan Hendrik Caspar Kern 一八三三年~一九一七年)。一八六五年から一九〇三年までライデン大学のサンスクリット教授を務めた。インド学では名作「シャクンタラー」の翻訳(一八六二年)、天文学書の原典の出版(一八六五年)を始めとして、古代ジャワ語文献に関する諸労作がある。仏教学ではオランダ語で書かれた「インド仏教史」二巻(一八八二年~一八八四年)や英文の「インド仏教綱要」(一八九六年)ほか、諸経の英訳など多くの業績を残した。ライデン大学のインド学研究所「ケルン研究所」は彼の名に由来する(ここは小学館の「日本大百科全書」に拠った)。

「晃」既に先行して作成した「第四章 江ノ島巡禮(一)」で注したが、ここが最初の登場なので再掲する。真鍋晃。「第一章 私の極東に於ける第一日」に登場する、横浜で初めて訪れた寺で出逢った若い修学僧で学生。これ以降、彼はハーンの奇特な通訳兼案内役として鎌倉・江ノ島を巡ることとなった。ウィキの「日本の面影」によれば、山田太一脚本の「日本の面影」のドラマでは、『「西欧文化を学びたい」という理由でハーンの通約兼世話係となり、松江まで付き添うが、日本の伝統文化に関心を寄せるハーンと意識がすれ違い、半年で横浜に帰った。のちに海軍中尉となり、帝大講師となっていたハーンと東京で偶然再会』したという設定になっている(但し、これが事実かどうかは私は検証していない)。

 

Sec. 7

I pass on and climb more steps to a second gate with similar gargoyles and swarming of dragons, and enter a court where graceful votive lanterns of stone stand like monuments. On my right and left two great grotesque stone lions are sitting—the lions of Buddha, male and female. Beyond is a long low light building, with curved and gabled roof of blue tiles, and three wooden steps before its entrance. Its sides are simple wooden screens covered with thin white paper. This is the temple.

On the steps I take off my shoes; a young man slides aside the screens closing the entrance, and bows me a gracious welcome. And I go in, feeling under my feet a softness of matting thick as bedding. An immense square apartment is before me, full of an unfamiliar sweet smell—the scent of Japanese incense; but after the full blaze of the sun, the paper-filtered light here is dim as moonshine; for a minute or two I can see nothing but gleams of gilding in a soft gloom. Then, my eyes becoming accustomed to the obscurity, I perceive against the paper-paned screens surrounding the sanctuary on three sides shapes of enormous flowers cutting like silhouettes against the vague white light. I approach and find them to be paper flowers—symbolic lotus-blossoms beautifully coloured, with curling leaves gilded on the upper surface and bright green beneath, At the dark end of the apartment, facing the entrance, is the altar of Buddha, a rich and lofty altar, covered with bronzes and gilded utensils clustered to right and left of a shrine like a tiny gold temple. But I see no statue; only a mystery of unfamiliar shapes of burnished metal, relieved against darkness, a darkness behind the shrine and altar—whether recess or inner sanctuary I cannot distinguish.

 

The young attendant who ushered me into the temple now approaches, and, to my great surprise, exclaims in excellent English, pointing to a richly decorated gilded object between groups of candelabra on the altar:

    'That is the shrine of Buddha.'

    'And I would like to make an offering to Buddha,' I respond.

    'It is not necessary,' he says, with a polite smile.

But I insist; and he places the little offering for me upon the altar. Then he invites me to his own room, in a wing of the building—a large luminous room, without furniture, beautifully matted. And we sit down upon the floor and chat. He tells me he is a student in the temple. He learned English in Tokyo and speaks it with a curious accent, but with fine choice of words. Finally he asks me:

    'Are you a Christian?'

    And I answer truthfully:

    'No.'

    'Are you a Buddhist?'

    'Not exactly.'

    'Why do you make offerings if you do not believe in Buddha?'

    'I revere the beauty of his teaching, and the faith of those who

          follow it.'

    'Are there Buddhists in England and America?'

    'There are, at least, a great many interested in Buddhist

         philosophy.'

And he takes from an alcove a little book, and gives it to me to examine. It is an English copy of Olcott's Buddhist Catechism.

'Why is there no image of Buddha in your temple?' I ask. 'There is a small one in the shrine upon the altar,' the student answers; 'but the shrine is closed. And we have several large ones. But the image of Buddha is not exposed here every day—only upon festal days. And some images are exposed only once or twice a year.

 

From my place, I can see, between the open paper screens, men and women ascending the steps, to kneel and pray before the entrance of the temple. They kneel with such naive reverence, so gracefully and so naturally, that the kneeling of our Occidental devotees seems a clumsy stumbling by comparison. Some only join their hands; others clap them three times loudly and slowly; then they bow their heads, pray silently for a moment, and rise and depart. The shortness of the prayers impresses me as something novel and interesting. From time to time I hear the clink and rattle of brazen coin cast into the great wooden money-box at the entrance.

 

I turn to the young student, and ask him:

'Why do they clap their hands three times before they pray?'

He answers:

'Three times for the Sansai, the Three Powers: Heaven, Earth, Man.'

'But do they clap their hands to call the Gods, as Japanese clap their hands to summon their attendants?'

'Oh, no!' he replied. 'The clapping of hands represents only the awakening from the Dream of the Long Night.' [1]

'What night? what dream?'

He hesitates some moments before making answer: 'The Buddha said: All beings are only dreaming in this fleeting world of unhappiness.'

'Then the clapping of hands signifies that in prayer the soul awakens from such dreaming?'

'Yes.'

 

'You understand what I mean by the word "soul"?'

'Oh, yes! Buddhists believe the soul always was—always will be.'

'Even in Nirvana?'

'Yes.'

While we are thus chatting the Chief Priest of the temple enters—a very aged man-accompanied by two young priests, and I am presented to them; and the three bow very low, showing me the glossy crowns of their smoothly-shaven heads, before seating themselves in the fashion of gods upon the floor. I observe they do not smile; these are the first Japanese I have seen who do not smile: their faces are impassive as the faces of images. But their long eyes observe me very closely, while the student interprets their questions, and while I attempt to tell them something about the translations of the Sutras in our Sacred Books of the East, and about the labours of Beal and Burnouf and Feer and Davids and Kern, and others. They listen without change of countenance, and utter no word in response to the young student's translation of my remarks. Tea, however, is brought in and set before me in a tiny cup, placed in a little brazen saucer, shaped like a lotus-leaf; and I am invited to partake of some little sugar-cakes (kwashi), stamped with a figure which I recognise as the Swastika, the ancient Indian symbol of the Wheel of the Law.

As I rise to go, all rise with me; and at the steps the student asks for my name and address. 'For,' he adds, 'you will not see me here again, as I am going to leave the temple. But I will visit you.'

'And your name?' I ask.

'Call me Akira,' he answers.

At the threshold I bow my good-bye; and they all bow very, very low, one blue-black head, three glossy heads like balls of ivory. And as I go, only Akira smiles.

 

1 I do not think this explanation is correct; but it is interesting, as the first which I obtained upon the subject. Properly speaking, Buddhist worshippers should not clap their hands, but only rub them softly together. Shinto worshippers always clap their hands four times.

« 教え子の情報から再考証!――小泉八雲が来日最初に訪れた寺は横浜市神奈川区高島台にある旧アメリカ領事館が置かれた本覚寺ではなかったか?!―― | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第一章  私の極東に於ける第一日 (八) »