フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第二章 弘法大師の書 (一) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第二章 弘法大師の書 (三) /第二章 了 »

2015/08/07

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第二章 弘法大師の書 (二)

      二

 

 その頃、弘法大師は獨り河畔で冥想をするのが常であつた。ある時、かやうに冥想の際、ふと氣がついてみれば、彼の前に一人の童子が立つて、物珍らしげに大師を凝視してゐた。童子の衣服は貧乏人の着るものであつたが、顏は立派であつた。大師が怪んでゐると、童子が『貴僧は同時に五本の筆もて、字を書く五筆和尚なるか』と尋ねた。『我はその者なり』と大師が答へた。すると、童子は『貴僧もし、その人ならんには、願くは天に字を書き玉はんことを』と云つた。そこで、大師は立上つて、筆を取り、天に向つて字を書くやうな擧動をした。して、間もなく天空に極めて美しく、文字が現れた。それから、童子は『この度は我試みむ』と云つて、大師がしたやうに、天へ書いた。また童子は、『願くは我がため、河の水面に書き玉はんことを』と云つた。大師は水をほめたゝへた歌を水面に書いた。暫らくは文字が、木の葉の降つたやうに、水面に美しく留まつてゐたが、やがて流と共に動いて、浮び去つた。『この度は、我試みむ』と童子が云つて、草書で龍といふ字を書いた。その字は流水の面に留まつて動かなかつた。が、大師は字傍にあるべき一つの小さな點が無いのを見て、『何故、點を打だざりしぞ』と尋ねた。『げに忘れて侍べり。我がため點を打ち玉へかし』と答へた。そこで大師が點を打つと、不思議!龍の字が一匹の龍となつて、水中で激動し、虛空は雷雲に暗く、電光燃え上がり、渦卷く嵐の中に龍は昇天して了つた。

 で、大師は『そなたは誰そ』と小童に聞いた。小童は『我は呉臺山に祀らるゝ智惠の主、文殊菩薩なるぞ』と答へた。斯く語つてゐる内に、小童は變形して、神佛の美にかゞやぎ、四肢から柔和な光を放つて、微笑み乍ら空へ登つて、雲の外へ消えた。

 

[やぶちゃん注:これも先に示した「今昔物語集」巻第十一の「弘法大師渡唐傳眞言教歸來語 第九」の引用文に続いて現われるエピソードである。以下に示す(岩波文庫池上洵一編を底本としたが、恣意的に正字化し、一部に読点や記号を加え、送り仮名も追加して表記も読み易く書き換えてある)。

   *

 亦、日本の和尚、城(みやこ)の内を廻(めぐ)り見給ふに、一つの河の辺(ほとり)に臨むに、一人の弊(あ)しき衣を着せる童子、來れり。頭(かしら)は蓬(よもぎ)の如き也。和尚に問ひて云く、「是れ、日本の五筆和尚か」と。答へて云く、「然也(しかなり)」と。童子云く、「然らば、此の河の水の上に文字を書くべし」と。和尚、童(わらは)の云ふに隨ひて、水の上に、淸水(きよみづ)を讚(ほ)むる詩を書く。其の文(もん)、點、破れずして流れ下る。童、是れを見て、咲(ゑみ)を含みて感歎の氣色有り。亦、童の云く、「我れ、亦、書くべし。和尚、是れを見るべし」と。即ち、水の上に「龍」の字を書く。但し、右に一つの小さき點、付けず。文字、浮び漂ひて流れず。即ち、小点を付くるに、響きを發し光を放ちて、其の字、龍王と成りて空に昇りぬ。此の童は文殊に在(まし)ましけり。弊衣は瓔珞(やうらく)也けり。即ち失せぬ。

   *

「字傍にあるべき一つの小さな點」草書の「龍」の字は最後に右上に「ヽ」を打つ。

「呉臺山」五台山(ウータイシャン)。山西省北東部に実在する山。標高三千五十八メートル。台状の五峰からなる。峨眉山・天台山とともに中国仏教の三大霊場の一つで、文殊菩薩の住む清涼山とされる。元代以降はチベット仏教の聖地となった。]

 

 

Sec. 2

Now in that time Kobodaishi was wont to meditate alone by the river- side; and one day, while so meditating, he was aware of a boy standing before him, gazing at him curiously. The garments of the boy were as the garments worn by the needy; but his face was beautiful. And while Kobodaishi wondered, the boy asked him: 'Are you Kobodaishi, whom men call "Gohitsu-Osho"—the priest who writes with five brushes at once?' And Kobodaishi answered: 'I am he.' Then said the boy: 'If you be he, write, I pray you, upon the sky.' And Kobodaishi, rising, took his brush, and made with it movements toward the sky as if writing; and presently upon the face of the sky the letters appeared, most beautifully wrought. Then the boy said: 'Now I shall try;' and he wrote also upon the sky as Kobodaishi had done. And he said again to Kobodaishi: 'I pray you, write for me—write upon the surface of the river.' Then Kobodaishi wrote upon the water a poem in praise of the water; and for a moment the characters remained, all beautiful, upon the face of the stream, as if they had fallen upon it like leaves; but presently they moved with the current and floated away. 'Now I will try,' said the boy; and he wrote upon the water the Dragon-character— the character Ryu in the writing which is called Sosho, the 'Grass- character;' and the character remained upon the flowing surface and moved not. But Kobodaishi saw that the boy had not placed the ten, the little dot belonging to the character, beside it. And he asked the boy: 'Why did you not put the ten?' 'Oh, I forgot!' answered the boy; 'please put it there for me,' and Kobodaishi then made the dot. And lo! the Dragon-character became a Dragon; and the Dragon moved terribly in the waters; and the sky darkened with thunder-clouds, and blazed with lightnings; and the Dragon ascended in a whirl of tempest to heaven.

Then Kobodaishi asked the boy: 'Who are you?' And the boy made answer: 'I am he whom men worship on the mountain Gotai; I am the Lord of Wisdom,—Monju Bosatsu!' And even as he spoke the boy became changed; and his beauty became luminous like the beauty of gods; and his limbs became radiant, shedding soft light about. And, smiling, he rose to heaven and vanished beyond the clouds.

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第二章 弘法大師の書 (一) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第二章 弘法大師の書 (三) /第二章 了 »