フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第五章 盆市にて (四) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第五章 盆市にて (六) /第五章~了 »

2015/08/26

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第五章 盆市にて (五)

 

       五

 

 奇異な狹い通りは、一筋の長い燈光の火焰であつた。看板提燈や、松明や、洋燈の燈光が、兩側の店先き前に並んだ、小さな臺や小屋掛けの珍らしい列を照らしてゐた。その眞中を群集が動いて行く。下駄の音が商人の叫びや、通行人の潮の如きざわつく聲をも消して、夜の空に響き渡る。しかし、その動作の何といふ穩かさ!押し合ひもなく、亂暴もない。誰人も、どんなにか弱い者も、一切のものを見得る機會がある。して、また見るべきものが澤山あるのだ。

 『蓮の花!――蓮の花!』こゝには墓や佛壇に捧げる蓮の花、佛さまの食物を包む蓮の葉を買る者が居る。葉は疊んだ束を小さな臺の上に積み、花は蕾も花も交ぜて、大きな束に竪に插したのを、輕い竹の架に凭せてある。

 『麻殼!麻殼!』皮を剝いだ長い枝條の白い束。これは麻の木條だ。細い方の端を引裂いて、佛さまの箸に使ひ、その餘は迎ひ火に焚く。箸は松で作るのが當り前であるが、この地方の貧乏人に取つては、あまりに稀少、且つ高價なので、麻殼を代用する。

 『かわらけ!かわらけ!』佛さまの土器、釉藥を施さない土器の赤く淺い小さな盤である。原始的の燒物で、今日ではたゞ死人のためにのみ存在してゐる――佛教より更に傳統は古い。

 『やあ、盆燈籠は要りませんか?』佛さまの歸つて來る足を照らす燈籠。皆綺麗だ。大寺院の燈籠のやうに六角形のもあり、星の形のもあれば、また大きな光つた卵のやうなのもある。蓮華の立派な繪で飾つたり、また精巧な色の紙の總(ふさ)を垂れたり、或は幅廣い紙の紐に、面白く蓮華の形を切拔いたのを附けてある。それから、月の如く圓い、眞白の燈籠もある。これは墓に用ひる。

 『お飾り!お飾り!盆祭の裝飾品一切を賣る者。『莚(こも)でも!何でも!』こゝに佛壇用の新しい、白い、藁の敷物がある。それから死人が乘るための小さな藁馬、死人のため用役をつとめる小さな藁牛もある。すべて『お安い!』また佛壇に供へる樒と、施餓鬼に水を灌ぐみそ荻の枝もある。

 『お飾りものは要りませんか?』米粒を連ねた絲の紅白の總(ふさ)、數珠玉のやうなもの。それから、種々珍らしぃ紙で作つた、佛間の裝飾品。一束二錢の安物から、一圓の高價品まで各種の線香――長い輕いチヨコレート色の長い枝條で、鉛筆の心のやうに細い。一束毎に、金色やその他の色紙の紐で卷ぃてある。一本を引拔いて、一端に火を點じ、他端を垂直に柔かな灰を盛つた容器に立てる。その薰香が空氣に漲り、全く燃え盡きるまで燻ぶつて行く。

 『螢に蟋蟀!お子供衆のお慰み!安くまけます!』何!これは一體何んだ!番小屋の形をした、全部木摺で作れる假小舍を、赤と白の碁盤縞の紙で蔽つてある。この脆弱な建物の中から、湯氣の漏れるやのやうな鋭い叫びが發する。『それはたゞ虫類です。盆祭には關係ありません』と晃は云つた。左樣、虫類だ!籠に入れてある!鋭い叫び聲は、一匹づつ小さな竹籠に入れた、綠色の大きな蟋蟀が幾十も鳴くからだ。晃は續けて、『これは茄子と瓜の皮を食べさせて、飼つてゐます。子供の弄ぶために賣るのです』といつた。また螢の充ちた美麗なる小籠もあつた。その籠には褐色の蚊帳網を張つて、簡單ではあるが、派手な色で綺麗な意匠が、筆勢よく畫いてあつた。蟋蟀一匹と、籠を合せて二錢。螢十五匹と籠共に五錢。

 こゝには町の一隅に、靑い着物をきた少年が低い木卓の後ろに坐つて、マツチ箱ほどの大いさで、赤い紙の蝶番ひを附けた木箱を賣つてゐる。卓上に此小箱の堆積と並んで、淺い皿に淸水が滿されて、非常に薄い扁平狀のもの――花鳥樹木小舟男女などの形――が浮んでゐる。箱の直段はたゞ二錢である。開いてみると、内には一端は石竹色で、圓いマツチの軸木のやうな、小さな靑白い木條の束が、薄葉に卷いたのがある。一本を水に投ずると、忽然開け蓮華の形に擴がる。今一本のは魚に變はる。第三は小舟になる。第四は梟に、第五は葉と花に蔽はれた茶樹になつた……是等のものは頗る纖細なので、一度水に浸してから手を觸れると、壞はれてしまう。海草で作つてあるのだ。

 『造花!造花は要りませんか?』造花を賣つてゐる。紙製の驚嘆すべき菊花や蓮の花など、蕾も葉も花も餘りに巧妙に出來上がつてゐるので、眼で見ただけでは、美しい手管を看破し得ない。これに對する生きた眞物より、造花の方が更に高價であるのは、尤もな次第だ。

[やぶちゃん注:第九段落目に出る水中花様の細工を私は残念なことにまともに見たことがない。偏愛する伊東静雄の以下の詩が大好きなのにも拘わらず、である。

   *

 

 水中花

 

水中花と言つて夏の夜店に子供達のために賣る品がある。木のうすいうすい削片を細く壓搾してつくつたものだ。そのまゝでは何の變哲もないのだが、一度水中に投ずればそれは赤靑紫、色うつくしいさまざまの花の姿にひらいて、哀れに華やいでコツプの水のなかなどに凝としづまつてゐる。都會そだちの人のなかには瓦斯燈に照しだされたあの人工の花の印象をわすれずにゐるひともあるだらう。

 

今歳水無月のなどかくは美しき。

軒端を見れば息吹のごとく

萌えいでにける釣しのぶ。

忍ぶべき昔はなくて

何をか吾の嘆きてあらむ。

六月の夜と晝のあはひに

萬象のこれは自ら光る明るさの時刻。

遂ひ逢はざりし人の面影

一莖の葵の花の前に立て。

堪へがたければわれ空に投げうつ水中花。

金魚の影もそこに閃きつ。

すべてのものは吾にむかひて

死ねといふ、

わが水無月のなどかくはうつくしき。

 

   *

私は何時か、この少年が不思議な小箱に入れて売っているのに出逢いたいのだ。何時か、必ず……

「海草」原文は“seaweed”であるから、絶対的に誤訳とは言えないが、この原材料が何であるか分からない以上、「海藻」とする方が無難である(平井呈一氏は『海藻』と訳されておられる。何に拘るのかといえば、生物学的和名としての総称では「海藻」はあくまで有意に多量に棲息する海産性藻類の総称であり、「海草」は非常に少ないが海産(淡水産も存在する)の種子植物で顕花性の植物類――代表種はアマモ(単子葉植物綱オモダカ亜綱イバラモ目アマモ科アマモ Zostera marin 別名リュウグウノオトヒメノモトユイノキリハズシ(龍宮の乙姫の元結の切り外し)など)――を限定的に指す語だからである。]

 

 

Sec. 5

The curious narrow street is one long blaze of lights—lights of lantern signs, lights of torches and lamps illuminating unfamiliar rows of little stands and booths set out in the thoroughfare before all the shop-fronts on each side; making two far-converging lines of multi- coloured fire. Between these moves a dense throng, filling the night with a clatter of geta that drowns even the tide-like murmuring of voices and the cries of the merchant. But how gentle the movement!- there is no jostling, no rudeness; everybody, even the weakest and smallest, has a chance to see everything; and there are many things to see.

'Hasu-no-hana!—hasu-no-hana!' Here are the venders of lotus-flowers for the tombs and the altars, of lotus leaves in which to wrap the food of the beloved ghosts. The leaves, folded into bundles, are heaped upon tiny tables; the lotus-flowers, buds and blossoms intermingled, are fixed upright in immense bunches, supported by light frames of bamboo.

'Ogara!—ogara-ya! White sheaves of long peeled rods. These are hemp- sticks. The thinner ends can be broken up into hashi for the use of the ghosts; the rest must be consumed in the mukaebi. Rightly all these sticks should be made of pine; but pine is too scarce and dear for the poor folk of this district, so the ogara are substituted.

'Kawarake!—kawarake-ya!' The dishes of the ghosts: small red shallow platters of unglazed earthenware; primeval pottery suku-makemasu!' Eh! what is all this? A little booth shaped like a sentry-box, all made of laths, covered with a red-and-white chess pattern of paper; and out of this frail structure issues a shrilling keen as the sound of leaking steam. 'Oh, that is only insects,' says Akira, laughing; 'nothing to do with the Bonku.' Insects, yes!—in cages! The shrilling is made by scores of huge green crickets, each prisoned in a tiny bamboo cage by itself. 'They are fed with eggplant and melon rind,' continues Akira, 'and sold to children to play with.' And there are also beautiful little cages full of fireflies—cages covered with brown mosquito-netting, upon each of which some simple but very pretty design in bright colours has been dashed by a Japanese brush. One cricket and cage, two cents. Fifteen fireflies and cage, five cents.

Here on a street corner squats a blue-robed boy behind a low wooden table, selling wooden boxes about as big as match-boxes, with red paper hinges. Beside the piles of these little boxes on the table are shallow dishes filled with clear water, in which extraordinary thin flat shapes are floating—shapes of flowers, trees, birds, boats, men, and women. Open a box; it costs only two cents. Inside, wrapped in tissue paper, are bundles of little pale sticks, like round match-sticks, with pink ends. Drop one into the water, it instantly unrolls and expands into the likeness of a lotus-flower. Another transforms itself into a fish. A third becomes a boat. A fourth changes to an owl. A fifth becomes a tea- plant, covered with leaves and blossoms. . . . So delicate are these things that, once immersed, you cannot handle them without breaking them. They are made of seaweed.

'Tsukuri hana!—tsukuri-hana-wa-irimasenka?' The sellers of artificial flowers, marvellous chrysanthemums and lotus-plants of paper, imitations of bud and leaf and flower so cunningly wrought that the eye alone cannot detect the beautiful trickery. It is only right that these should cost much more than their living counterparts.

 

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第五章 盆市にて (四) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第五章 盆市にて (六) /第五章~了 »