フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第一章  私の極東に於ける第一日 (三) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第一章  私の極東に於ける第一日 (五) »

2015/08/02

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第一章  私の極東に於ける第一日 (四)

       四

 

 旅行者が突然社會的變化の或る時期に遭逢すると――特に封建的過去から民本的現在ヘの變――美しい物の滅亡と新しい物の醜惡を殘念がる場合がある。私はこれから日本で美醜兩者のどんなものを發見するかを知らないが、今日この異國的な町町では、舊と新が非常によく混じて、相互に引立て合つてゐるやうである。和漢混淆の文字で印刷した新聞紙へ、世界各國の報道を齎らす小さな白い電信柱の列、謎の如き東洋の文句が、象牙のボタンに並んで貼られた茶亭の電鈴、佛師の店に隣つた米國製裁縫機械、草履屋と並んだ寫眞館、總べて是等のものが目障りになるほどの矛盾を呈しない。といふのは、西洋で發明した一一の見本が、如何なる繪にも適用の出來るかと思はれる東洋の額緣に嵌つてゐるからである。しかし少くとも最初の日には、異邦の旅客に取つては、舊いもののみが新しいのであつて、全然彼の注意を吸收する。して、日本風のものは一切纖細巧緻、歎賞に値することがわかる――表に小さな繪をかいた紙袋に人つてゐる、一對の普通の木箸や、三通りの色で文字を書いた包紙に卷いてある、一包の櫻の木の妻楊枝や、雀が飛んでゐる模樣が附いて、車夫が顏を拭くに用ゐる、小さな靑手拭さへもさうである。紙幣や極普通の銅貨も美的の品である。客の最後の買物をくくるため、商人り僥用する組んだ色絲の切片さへ、綺麗な珍品たることを失はない。雅品珍什の夥多なること、人を驚かせる。右にも左にも何處へ眼を轉じても、まだ譯のわからぬ不思議なものの限が無い。

 が、それを眺めるのは危い。思ひ切つて眺めようとする度毎に、何となく買はねばならぬやうになる――往往ある通り、微笑を含んだ商人が、一個一個は頗る望ましく、また全部は堪まらなく欲しいやうな、ある一品の非常に澤山な種類を見せて呉れるので、購賣心の衝動に對して我乍ら怖わくなつて、逃げだすこともあるが、それは例外である。店主は買ふやう請求しない。が、商品に魅力があつて、一たび買ひ始めると、破滅である。抵抗し難い藝術的安價品が無盡藏だから、安價は破産を招く誘惑となるばかりである。太平洋航路の最大の汽船にも、買ひたいものが積み盡せないだらう。それは旅客自身では、判然さう思つてゐないかも知れないが、眞に買ひたいのは一艘の舟に積み込む内容ではなく、商店も、商人も、反物や住民を含めて商店の町も、それから都會全體、それを繞る灣や山山、その上の晴空に懸つてゐる富士山の白皚皚たる美景、實を云へば、不思議な樹木と輝ける空氣、さまざまの都市社寺と、世界で最も愛らしい四千萬の人民を有する日本全部が欲しいからである。

 

 日本の大火事とを聞いや實際的な一米人が、『日本人は火事があつても介ひませんよ。費用のかからぬ建築ですから」と云つたのを聞いたことが、今私の頭に浮んでくる。成程、普通人民の脆い木造の家屋は、低廉に且つ急に代りが建てられるが、家屋の内を飾る品の代りは、またと出來ない。だから火事は、その都度藝術上の一悲劇である。といふ

のは、この國は手工品の無限な國であつて、(凡俗な市場に適するため劣等な趣味を外國から注文に及んで、それに應ずる場合は別として)まだ機械が安價な製品に千篇一律の同形と、實用一天張りの醜惡を注入し得ないので、美術家又は職人の作品は一個毎にまた他人の作晶とは異なつて居り、自分の別個の作品とも異つてもゐるからである。して、火事で或る立派なものが滅びる毎に、ある一個人獨特な觀念を現したものが、無くなつた譯である。

 幸にもこの火事の多い國にで、藝術的衝動そのものが生命を有してゐて、代代の藝術家が死んだ後に生き殘つて、彼等の勞作を變じて灰にしたり溶かして形を無くしたりする火災に打克つてゐる。象徴の滅んだ觀念も多分一世紀も立つと、他の創作品の中にまた再現することとなる。尤も、修飾は加へてあるが、それでも明かに過去の思想と親類筋なのである。だから有らゆる藝術家は幽靈のやうな制作家である。多年暗中に模索したり、刻苦の犧牲を拂つて、最高の表現を發見するのではない。犧牲となつた過去が、作家の腦裡に潛んでゐる。彼の藝術は遺傳を承けたものである。彼の指は祖先に導かれて、飛ぶ鳥、山の霞、朝夕の色彩、枝の形狀、春の花の咲いた光景などを描くのである。代代の熟練した作家が彼にその巧妙を與へ、彼の傑作の中に復活するのである。初めは意識的努力であつたものが、後世に及んでは無意識的となり、現存作家の身に取つては、殆ど自働的となり、本能的藝術となる。だから、もとは一錢よりも安く賣られた北齋や廣重の一枚の浮世繪のうちに、日本の或る町内全部の價値よりも市價の高い幾多の西洋畫以上に、眞の藝術味の多いことがある。

 

[やぶちゃん注:「謎の如き東洋の文句が、象牙のボタンに並んで貼られた茶亭の電鈴」これは寧ろ、今となっては、原文の“an electric bell in some tea-house with an Oriental riddle of text pasted beside the ivory button”を読んだ方が、きっと誰もが問題なく意味がとれるのではなかろうか? このロケーションは、当時は超モダンであったに違いない、客間に仲居を呼び出すための電動のコール・ボタンが組み込んである新手の高級茶屋であって、その象牙の呼び鈴(りん)のすぐ横の空間に、同時に額か掛軸が掛かっており、そこには“riddle”、判じ物のように、全く読めぬ漢詩文の一節が書かれてある光景を言っているのであろう。

「白皚皚」老婆心乍ら、「はくがいがい」と読み、霜や雪或いは花などが極めて白いさまを言う。

「介ひませんよ」「かまひませんよ」と訓じているか。そのような訓は「介」自体にはないものの、例えば「介意(かいい)」「介懐(かいかい)」「介心(かいしん)」「介然」といった熟語には、気にかける・心配するの意がある。]

 

Sec. 4

The traveller who enters suddenly into a period of social change— especially change from a feudal past to a democratic present—is likely to regret the decay of things beautiful and the ugliness of things new. What of both I may yet discover in Japan I know not; but to-day, in these exotic streets, the old and the new mingle so well that one seems to set off the other. The line of tiny white telegraph poles carrying the world's news to papers printed in a mixture of Chinese and Japanese characters; an electric bell in some tea-house with an Oriental riddle of text pasted beside the ivory button, a shop of American sewing-machines next to the shop of a maker of Buddhist images; the establishment of a photographer beside the establishment of a manufacturer of straw sandals: all these present no striking incongruities, for each sample of Occidental innovation is set into an Oriental frame that seems adaptable to any picture. But on the first day, at least, the Old alone is new for the stranger, and suffices to absorb his attention. It then appears to him that everything Japanese is delicate, exquisite, admirable—even a pair of common wooden chopsticks in a paper bag with a little drawing upon it; even a package of toothpicks of cherry-wood, bound with a paper wrapper wonderfully lettered in three different colours; even the little sky-blue towel, with designs of flying sparrows upon it, which the jinricksha man uses to wipe his face. The bank bills, the commonest copper coins, are things of beauty. Even the piece of plaited coloured string used by the shopkeeper in tying up your last purchase is a pretty curiosity. Curiosities and dainty objects bewilder you by their very multitude: on either side of you, wherever you turn your eyes, are countless wonderful things as yet incomprehensible.

But it is perilous to look at them. Every time you dare to look, something obliges you to buy it—unless, as may often happen, the smiling vendor invites your inspection of so many varieties of one article, each specially and all unspeakably desirable, that you flee away out of mere terror at your own impulses. The shopkeeper never asks you to buy; but his wares are enchanted, and if you once begin buying you are lost. Cheapness means only a temptation to commit bankruptcy; for the resources of irresistible artistic cheapness are inexhaustible. The largest steamer that crosses the Pacific could not contain what you wish to purchase. For, although you may not, perhaps, confess the fact to yourself, what you really want to buy is not the contents of a shop; you want the shop and the shopkeeper, and streets of shops with their draperies and their inhabitants, the whole city and the bay and the mountains begirdling it, and Fujiyama's white witchery overhanging it in the speckless sky, all Japan, in very truth, with its magical trees and luminous atmosphere, with all its cities and towns and temples, and forty millions of the most lovable people in the universe.

 

Now there comes to my mind something I once heard said by a practical American on hearing of a great fire in Japan: 'Oh! those people can afford fires; their houses are so cheaply built.' It is true that the frail wooden houses of the common people can be cheaply and quickly replaced; but that which was within them to make them beautiful cannot— and every fire is an art tragedy. For this is the land of infinite hand- made variety; machinery has not yet been able to introduce sameness and utilitarian ugliness in cheap production (except in response to foreign demand for bad taste to suit vulgar markets), and each object made by the artist or artisan differs still from all others, even of his own making. And each time something beautiful perishes by fire, it is a something representing an individual idea.

Happily the art impulse itself, in this country of conflagrations, has a vitality which survives each generation of artists, and defies the flame that changes their labour to ashes or melts it to shapelessness. The idea whose symbol has perished will reappear again in other creations— perhaps after the passing of a century—modified, indeed, yet recognisably of kin to the thought of the past. And every artist is a ghostly worker. Not by years of groping and sacrifice does he find his highest expression; the sacrificial past is within 'him; his art is an inheritance; his fingers are guided by the dead in the delineation of a flying bird, of the vapours of mountains, of the colours of the morning and the evening, of the shape of branches and the spring burst of flowers: generations of skilled workmen have given him their cunning, and revive in the wonder of his drawing. What was conscious effort in the beginning became unconscious in later centuries—becomes almost automatic in the living man,—becomes the art instinctive. Wherefore, one coloured print by a Hokusai or Hiroshige, originally sold for less than a cent, may have more real art in it than many a Western painting valued at more than the worth of a whole Japanese street.

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第一章  私の極東に於ける第一日 (三) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第一章  私の極東に於ける第一日 (五) »