フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第一章  私の極東に於ける第一日 (五) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第一章  私の極東に於ける第一日 (六) ――ハーンが最初に行った寺を推定同定する―― »

2015/08/02

来日直後のハーン御用達の横浜の車夫「チア」(チャア)についての一考察

「私の車夫は『チヤ』といふ名である」原文は“My kurumaya calls himself 'Cha.'”である。私はこれについて、ある推理がある。これは本当にこの車夫の名前なのだろうか? という素朴な疑問なのである。平井呈一氏は「チャア」と表記されておられしかも、原文に即して『わたくしの雇った俥(くるまや)は自分で自分のことを「チャア」と呼んでいる』と訳しておられる。「チア」や「チャア」から想像される名は、姓ならば「千屋」「千谷」「千野」「茅屋」であろうが、当時の車夫が自ら姓を名乗ることは私は考え難いと思っている。すると名や通称であるが、そうするとますます想像し難い。「茶之助」や「茶々丸」とかで「茶」、通称で「茶屋」「茶」などは一見ありそうにも見えなくはないが、寧ろ、私はどうも車夫の呼び名としては変な気がして退けたいのである。とすれば……これは実は姓でも名でも通称でもないのではないか? と思うのである。即ち、これは単に彼の一人称ではなかったか? というすこぶる素朴な疑問なのである。そもそも平井氏の訳を待つまでもなく、原文がそれを物語っているではないか? 私は三十三年間、神奈川で公立高校の教師をしていたが、生粋の横浜生まれの複数の同僚が、しばしば自分のことを「あっし」と呼ぶことを非常に面白いと思い続けてきたのである。しかもこの「あっし」は決してクリアなものではなく、もっと正確に音写するなら「アッシ」或いはもっと正確には「ァッシィ」と聴こえるものである。私はこのハーンの原文の“Cha”を見ていると、思わずこの“achi”がハーンには音としてかく聴こえたのではなかったか? と深く疑っているのである。大方の御批判を俟つものではある。

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第一章  私の極東に於ける第一日 (五) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第一章  私の極東に於ける第一日 (六) ――ハーンが最初に行った寺を推定同定する―― »