フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第五章 盆市にて (五) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第六章 盆踊 (一) »

2015/08/27

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第五章 盆市にて (六) /第五章~了

 

       六 

 

 商人の群集と喧囂と無數の燈火の上に高く立ち、輝ける町の終端にある眞言宗の大寺院が、其丘の上から星空の中へ夢の如く凄く聳えてゐる。その彎曲した屋根に沿ふて吊るされや提燈のために異樣に光つてゐるのだ。して、人込みの流れが私をその方へ運んで行つた。參詣者の群集の頭や肩と思はれる、徐々と動いて行く黑い塊團の上へ、寺の廣い入口から、一幅の黄色な光が射してゐる。まだ唐獅子に護られた石段に達しない内に、私は寺の銅鑼が絶間なく響くのを聞いた。それは一度毎に賽錢と祈念の信號である。貨幣の雨が大きな賽錢櫃に注ぎ込むに相違ない。今夜は靈魂の醫者、藥師如來の緣日なのだ。たうとう石段まで運ばれてきた私は、群集の押合ふにも係らず、暫らく立停まる乙とが出來た。それは私が見た内で最も美しい燈籠を賣つてゐる臺の前であつた。紙で作つた大きな蓮華の形の燈籠で、微細の點に至るまで、全くよく出來て、大きな生きた花を新しく引拔いてきややうであつた。花瓣は底の方が紅く、先端に至るに從つて白い。萼は瑕瑾なき自然の疑似で、下方に綺麗な紙片の總(ふさ)が垂れてゐる。總は花と同じ花で、萼の直下は綠、中部は白、末端は紅である。花の中心に粘士燒の豆洋燈が置かれて、火を點ずると、花が滿面明かるく、透き通つてくる。――紅白の火の蓮華だ。これを掛けるために金色に塗つた、細い木製の輪が附屬してゐる。しかも代價は四錢!驚くばかり物價の低廉なこの國とは云へ、こんな品を四錢で製造して、どうして暮らして行けるだらうか?

 晃は明晩點火される百八の迎ひ火のことを、少しく私に話さうとした。それは百八煩惱と譬喩的の關係がある。しかし、藥師如來の堂へ上つてくる、參詣者の下駄と駒下駄の響のために、晃の言葉は聞取れない。貧民の輕い草履や草鞋は音を發しない。大きながちや がちやいふ響は實際、女や娘の優しい足のためだ。彼等は騷がしく響く下駄の上に身を托 して、用意深く平衡を取つて歩く。して、その小さな足には大抵、白蓮の如く白く、淸らかな足袋を穿いてゐる。多くの靑い着物をきた小さな母達が、綺麗な穩かな赤ん坊を背負つて、辛棒強く微笑を湛へながら、佛陀の山へと上つてくる。 

 

 して、私は彩色せる提燈の光にたよつて、温和な騷がしい人々と一緒になつて、大きな 石段を上り、更に他の提燈を並べたり、造花を高く生墻の如く積んだ間を通つて逍遙し乍 ら、私の心は不意に、あの貧しい主婦の室の、小さな破れた佛壇に戻つて行つて、その前 に吊るした賤しい玩具と、笑ひつゝ廻轉するお多福の面を思つた。私はお多福の眼の如く斜めに切れて、光澤ある影に蔽はれた、幸福らしく、可笑しげな小さな眼が、常にその玩具を眺めてゐたことを目のあたりに見るやうに思つた。この世に生まれ出でてから、まだ新鮮な兒童の感覺は、私が漠然としか想像し得ない、一種祖先からの遺傳的な妙味快趣をその玩具に見出したことであらう。丁度今夜のやうな生温かな明かるい夜、丁度このやうな平和な群集の中を、必ず幾度も運ばれたであらうやうに、あのかよはい小兒が細い手で母の頸に柔かくすがり乍ら、運ばれてゐるのが目に見える如くであつた。

 何處にか、この群集の中に彼女――あの母はゐるのだ。彼女は今夜再び小さな手の微かな接觸を感ずるだらう。しかし、以前のやうに背後を振り向いて見たり、笑つたりしないだらう。

[やぶちゃん注:最後の二段落は限りなく哀しく美しい幻想映像である。ここでハーンが言う「彼女」は無論、晃の母のこと――亡くなった娘である妙容童女の母――を指しているのであるが、一種、慄然とさえする、驚くべきリアリスティクなカメラ・ワークである。それは実は「彼女」は実は子を失った晃の母の若き日であると同時に、満三歳のハーンを残してギリシャへと去った永遠に忘れ難い若き母ローザでもあるからである。「あのかよはい小兒が細い手で母の頸に柔かくすがり乍ら、運ばれてゐる」さまが「目に見える如くであ」り、「彼女は今夜再び小さな手の微かな接觸を感ずるだらう」と述べる時、そのか弱い手と指とは、頑是ないハーン自身の腕(かいな)と指先の感覚として読み換えられているからでもあるのである。……ハーンには殆んど母の記憶がなかった。しかし彼は母を永遠に愛した。同時に母を言わば見捨てた形となって離婚した父をハーンは遂に許さなかったのであった。……

「喧囂」「けんがう(けんごう)」と読み、「喧喧囂囂」と同義で、喧しく騒ぐことであるが、どうも荒っぽくてしっくりこない。平井呈一氏の訳の『喧噪』の方が遙かによい。

「大寺院」既出の藏德院であろう。

「塊團」団塊と同義であろう。音なら「くわいだん(かいだん)」であろうがどうもしっくりこない。「かたまり」と私は訓じておく。

「藥師如來の緣日」現行、通常の薬師如来の縁日は毎月八日(八日・十八日・二十八日とする寺院もある)で、中でも一月八日を「初薬師」、十二月八日を「納めの薬師」と称し特に多くの参詣客で賑わう。私は本章冒頭「一」の注で、この「盆市で」は最終的には明治二三(一八九〇)年の新暦八月十二日(火曜)以前の一日と考えざるを得ないと判断した。すると最も直近だと新暦の八月八日であるが、これでは盆市として明らかに早過ぎておかしい。盆市はお盆の前夜祭のようなもので旧暦七月十二日の夜から翌十三日の朝にかけて古くは(現在でも地方によっては旧暦のこの日に)行われていた(いる)から、ここでそれを現在のように新暦の八月十二日と十三日と読み換えてみると、これは旧暦で六月二十七日、二十八日に当たることが判った。しかもやっと調べ上げた中の、こちらのデータ(PDF)によれば、この増徳院の薬師堂のそれは「色薬師」と呼ばれて、開港以来、外国人も好んで参拝、しかもこの増徳院の色薬師の縁日は月に三回あったとあるから、私はこの盆市はまさに明治二三(一八九〇)年の新暦の八月十三日(旧暦の六月二十八日)のことであったと推定するものである。大方の御批判を俟つ。

「生墻」「いけがき」と読む。生垣と同義。] 

 

Sec.6

High above the thronging and the clamour and the myriad fires of the merchants, the great Shingon temple at the end of the radiant street towers upon its hill 
against the starry night, weirdly, like a dream— strangely illuminated by rows of paper lanterns hung all along its curving eaves; and the flowing of the crowd bears me thither. Out of the broad entrance, over a dark gliding mass which I know to be heads and shoulders of crowding worshippers, beams a broad band of yellow light; and before reaching the lion-guarded steps I hear the continuous clanging of the temple gong, each clang the signal of an offering and a prayer. Doubtless a cataract of cash is pouring into the great alms-chest; for to-night is the Festival of Yakushi-Nyorai, the Physician of Souls. Borne to the steps at last, I find myself able to halt a moment, despite the pressure of the throng, before the stand of a lantern-seller selling the most beautiful lanterns that I have ever seen. Each is a gigantic lotus-flower of paper, so perfectly made in every detail as to seem a great living blossom freshly plucked; the petals are crimson at their bases, paling to white at their tips; the calyx is a faultless mimicry of nature, and beneath it hangs a beautiful fringe of paper cuttings, coloured with the colours of the flower, green below the calyx, white in the middle, crimson at the ends. In the heart of the blossom is set a microscopic oil-lamp of baked clay; and this being lighted, all the flower becomes luminous, diaphanous—a lotus of white and crimson fire. There is a slender gilded wooden hoop by which to hang it up, and the price is four cents! How can people afford to make such things for four cents, even in this country of astounding cheapness?

Akira is trying to tell me something about the hyaku-hachino-mukaebi, the Hundred and Eight Fires, to be lighted to-morrow evening, which bear some figurative relation unto the Hundred and Eight Foolish Desires; but I cannot hear him for the clatter of the geta and the komageta, the wooden clogs and wooden sandals of the worshippers ascending to the shrine of Yakushi-Nyorai. The light straw sandals of the poorer men, the zori and the waraji, are silent; the great 
clatter is really made by the delicate feet of women and girls, balancing themselves carefully upon their noisy geta. And most of these little feet are clad with spotless tabi, white as a white lotus. White feet of little blue-robed mothers they mostly are—mothers climbing patiently and smilingly, with pretty placid babies at their backs, up the hill to Buddha.

 

And while through the tinted lantern light I wander on with the gentle noisy people, up the great steps of stone, between other displays of lotus-blossoms, 
between other high hedgerows of paper flowers, my thought suddenly goes back to the little broken shrine in the poor woman's room, with the humble playthings hanging before it, and the laughing, twirling mask of Otafuku. I see the happy, funny little eyes, oblique and silky-shadowed like Otafuku's own, which used to look at those toys,—toys in which the fresh child-senses found a charm that I can but faintly divine, a delight hereditary, ancestral. I see the tender little creature being borne, as it was doubtless borne many times, through just such a peaceful throng as this, in just such a lukewarm, luminous night, 
peeping over the mother's shoulder, softly clinging at her neck with tiny hands.

Somewhere among this multitude she is—the mother. She will feel again to-night the faint touch of little hands, yet will not turn her head to look and laugh, as in other days.

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第五章 盆市にて (五) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第六章 盆踊 (一) »