フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第四章 江ノ島巡禮(二三) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第一章  私の極東に於ける第一日 序/(一) »

2015/08/01

小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第四章 江ノ島巡禮(二四) / 了


      二四

 庚申の繪を買ふことが出來ないか知らんと、私は思つた。大抵の日本の社寺では、祭神や本尊の小さな畫――安價な、薄い紙に印刷したものが參詣者に賣られる。が、こゝの番人は絶望の身振りを以て、庚申の畫を賣つてゐないことを私に告げた。たゞ庚申を畫いた一幅の古い掛物があるから、見たいならば、歸つて持つてくるとのことであつた。私はそれを依賴した。して、彼は街へ走つて行つた。

 彼の歸つてくるのを待ち乍ら、私は猶も續いて憂欝と欣喜の混じた感を以て、奇異な古い像を調べて見た。古文書學者と考古學者の苦心に賴つてのみ古代の信仰を研究し愛好し、旦つ一種自身の經驗からは、天文學的に遠隔なものと考へてゐた人が、突然その信仰が自身の人間的環境の一部となつてゐることを發見し――その神話は老いつゝあるにせよ、自身の周圍に生きてゐることを感ずるのは、殆ど浪漫的作家の夢を實現したことであり、二千年を越えて、今よりも更に幸福であつた世界の生活へ歸つて行く感を味ふことであつた。何となれば、是等の奇異な道路の神や、地の神は磨滅し、苔蒸し、拜む人も稀ではあるが、實際まだ生きてゐるからである。少くともこの刹那、私は實に舊世界――恐らくは丁度、原始信仰が少々古風じみてきて、新哲學の侵蝕的勢力に徐々と崩される頃の時代に居つた譯なのだ。して、私自身は今猶ほ是等の單純なる古い神々、民族の幼稺時代の神々を愛する異教徒なのであつた。

 是等の飾り氣なき、醜い形の神々に對しては、人間愛の必要がある。美しい神々はそれを佛教藝術に理想化した女性的優美のため、永遠に生きるだらう。觀音と辨天は永久だ。人間の助を要しない。彼等は堂塔伽藍が、この庚申堂の如くに、人聲も聞えず、僧侶も無くなつた時にも依然として恭敬を博するだらう。が、幾多の惱める心に小安を與へ、幾多の淳樸なる人々を欣ばしめ、幾多の無邪氣なる祈願を聞入れた是等の親切で、奇怪な、飾り氣なき、朽ちつゝある神々――所謂進歩の法則や、駁し難き進化の哲學がどうであらうとも、私は是等の人生に對して惠み深き神々の壽命を何んなに延ばしたく思ふこと! 

 

 番人は掛物を持つて戻つてきた。小さな、塵だらけの、古びて黃ばんだ掛物で、千年も經つたものらしい。が、それを繙いて失望した。紙面にはたゞ庚申の普通の畫――輪廓だけのものがあつた。して、それを觀てゐる内に、私は始めて周圍に群集が來てゐることに氣が付いた――野良仕事から來た、親切さうな、日に燒けた顏の百姓共、赤ん坊を背負つたお母さん達、小學校の子供、車夫などが、皆外人がどうしてこんなに、彼等の拜む神々に興味を感じてゐるのかと不審がつてゐるのだつた。そして、周圍からの壓度は極めて柔かで、恰も生温い水が身に當るやうなものであつたが、私は幾分當惑した。私は古い軸を番人に返へし、献金してから、庚申さまと、その善良なる番人に別れを告げた。

 すべての親切さうな尻上がりの眼が、私の去るのを見送つた。して、この鏡のない神壇、色褪せた提燈、廢頽せる境内の朽ち行く像を有する、空虛な、塵だらけの、崩壞しかけた社祠と、それから、黄ばんだ軸を手に持ち乍ら、私の後影を見守りつゝある親切な番人を、私が斯くも遽かに見捨てて去つて行くときに、一種悔恨の情に襲はれた。機關車の汽笛が丁度列車に間に合ふだけ、時間のあることを警告した。それは西洋文明が鐡道網で、すべてこの原始的平和を征服してゐるからである。哀れ庚申の神よ、これは汝の道路ではなくなった!往昔の神々は、西洋交明が石炭の殘灰を撒き散らす路傍で、死に瀕しつゝあるののだ。

[やぶちゃん注:私のこの終章をある種、内心の忸怩たる思いとともに、偏愛するものである。因みに最後に彼が別れを告げて乗車するのは藤沢駅である。

「幼稺」幼稚。

「淳樸」純朴。

「彼等の拜む神々に興味を感じてゐるのか」底本は「彼等の拜む神々に興味をを感じてゐるのか」。衍字と断じ例外的に「を」を除去した。

「遽かに」老婆心乍ら、「にはかに」と読む。] 

 

Sec. 24

I wonder if I can buy a picture of Koshin. In most Japanese temples little pictures of the tutelar deity are sold to pilgrims, cheap prints on thin paper. But the temple guardian here tells me, with a gesture of despair, that there are no pictures of Koshin for sale; there is only an old kakemono on which the god is represented. If I would like to see it he will go home and get it for me. I beg him to do me the favour; and he hurries into the street. 

While awaiting his return, I continue to examine the queer old statues, with a feeling of mingled melancholy and pleasure. To have studied and loved an ancient faith only through the labours of palaeographers and archaeologists, and as a something astronomically remote from one's own existence, and then suddenly in after years to find the same faith a part of one's human environment,—to feel that its mythology, though senescent, is alive all around you—is almost to realise the dream of the Romantics, to have the sensation of returning through twenty centuries into the life of a happier world. For these quaint Gods of Roads and Gods of Earth are really living still, though so worn and mossed and feebly worshipped. In this brief moment, at least, I am really in the Elder World—perhaps just at that epoch of it when the primal faith is growing a little old-fashioned, crumbling slowly before the corrosive influence of a new philosophy; and I know myself a pagan still, loving these simple old gods, these gods of a people's childhood.

And they need some human love, these naive, innocent, ugly gods. The beautiful divinities will live for ever by that sweetness of womanhood idealised in the 
Buddhist art of them: eternal are Kwannon and Benten; they need no help of man; they will compel reverence when the great temples shall all have become 
voiceless and priestless as this shrine of Koshin is. But these kind, queer, artless, mouldering gods, who have given ease to so many troubled minds, who have gladdened so many simple hearts, who have heard so many innocent prayers—how gladly would I prolong their beneficent lives in spite of the so-called 'laws of progress' and the irrefutable philosophy of evolution!

The guardian returns, bringing with him a kakemono, very small, very dusty, and so yellow-stained by time that it might be a thousand years old. But I am 
disappointed as I unroll it; there is only a very common print of the god within—all outline. And while I am looking at it, I become for the first time conscious that a crowd has gathered about me, -tanned kindly-faced labourers from the fields, and mothers with their babies on their backs, and school children, and jinricksha men, all wondering that a stranger should be thus interested in their gods. And although the pressure about me is very, very gentle, like a pressure of tepid water for gentleness, I feel a little embarrassed. I give back the old kakemono to the guardian, make my offering to the god, and take my leave of Koshin and his good servant.

All the kind oblique eyes follow me as I go. And something like a feeling of remorse seizes me at thus abruptly abandoning the void, dusty, crumbling temple, with its mirrorless altar and its colourless lanterns, and the decaying sculptures of its neglected court, and its kindly guardian whom I see still watching my 
retreating steps, with the yellow kakemono in his hand. The whistle of a locomotive warns me that I shall just have time to catch the train. For Western 
civilisation has invaded all this primitive peace, with its webs of steel, with its ways of iron. This is not of thy roads, O Koshin!—the old gods are dying along its ash-strewn verge!


« 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第四章 江ノ島巡禮(二三) | トップページ | 小泉八雲 落合貞三郎訳 「知られぬ日本の面影」 第一章  私の極東に於ける第一日 序/(一) »